Office Mobileでファイルを開く2つの方法。利用前に要チェックです!

Microsoft 純正の Office アプリ「Office Mobile」が無料化されました。このアプリがあれば、Office 書類の処理も一安心です。

Office Mobile


とはいえ、目的のファイルを Office Mobile で開くことができなければ、せっかくのアプリも活用できません。

そこで今回は、PC で作成された Office 書類を iPhone の Office Mobile で開く、2つの方法をご紹介します。

※ この記事では、Office 365 アカウントで Office Mobile を利用しています。

アプリ内の操作方法についてはこちらをご参照ください。
マイクロソフトがiPhone版Officeアプリを無料化、日本でも入手可能

その1:メールに添付して送信

Office 書類をメールに添付して送信。iPhone でメールを受信し、添付ファイルを Office Mobile に保存しましょう。

メール
iPhone のメールアプリで、Office 書類が添付されたメールを開きます。

Office Mobile に保存したいファイルを長押しします。


メール
【Office Mobile で開く】を選びます。


Office Mobile
Office Mobile が起動し、選んだファイルを開きます。

編集も可能です。


保存する際は、画面上のボタンをタップします。

Office Mobile


左:【名前を付けて保存】をタップします。
右:ファイル名・保存先を指定して保存します。

Office Mobile
Office Mobile


その2:OneDriveを使う

Office Mobile は、Microsoft のストレージサービス OneDrive と連携しています。

iPhone で閲覧・編集したいファイルを OneDrive にアップロードすれば、Office Mobile で開くことができます。

まず、PC のブラウザで OneDrive のウェブページ(https://onedrive.live.com/about/ja-jp/)にアクセスします。

ウェブページの右上にある【サインイン】をクリックし、Microsoft アカウントでサインインします。

OneDrive


【アップロード】をクリックして、OneDrive に保存したいファイルを選びます。

OneDrive


アップロードが完了した旨が表示されます。

OneDrive


iPhone の Office Mobile に戻ります。

左:画面下の【開く】をタップして【OneDrive】を選びます。
右:先ほどアップロードした書類を選べば、表示・編集できます。

Office Mobile
Office Mobile


アプリ内の操作方法についてはこちらをご参照ください。
マイクロソフトがiPhone版Officeアプリを無料化、日本でも入手可能

おすすめ iPhone アプリ
Microsoft Office Mobile ・開発: Microsoft Corporation
・掲載時の価格: 無料
・カテゴリ: 仕事効率化
・容量: 49.2 MB
・バージョン: 1.1
参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!