Amazonが仮想PCサービスを一般公開、PC⇔iPadでOfficeも可能

「Amazon WorkSpaces」を使えば、PC と iPad の作業環境の違いに悩まされることも無くなるかもしれません。

Amazon WorkSpaces


(画像:YouTube)

このサービスでは Amazon のサーバで動く仮想 PC をレンタルできます。専用アプリをインストールした PC・iPad などから、仮想 PC にアクセスします。

仮想 PC にはあらかじめ Windows 7 相当の環境が設定されており、Windows PC と同様に使えるようです。

料金プランは4つあり、スペックの高低・Microsoft Office の有無で分かれています。

これまで一部のユーザーに限定して提供されてきましたが、今回、AWS アカウントを持つユーザーなら誰でも利用できるようになりました。

Amazon WorkSpacesとは?

PC を仮想化する、つまりサーバ上でまとめて動作・管理することで、PC の維持管理の手間を削減できます。

しかし、この仮想化には相応の設備が必要になるため、導入に際してのコストが高いのが難点になっていました。

Amazon WorkSpaces は Amazon のサーバで動く仮想 PC をレンタルできるので、必要な設備投資を抑えられます。

料金は?

毎月の費用は、プランに応じた月額料金のみです。4種類のプランがあり、月額料金は35〜75ドル(約3,580〜7,670円)です。

例えば、Microsoft Office Professional 2010 とセキュリティソフトが導入済みのプランは50ドル(約5,110円)で利用できます。

PC⇔iPadで作業環境をスムーズに引き継ぎ

Amazon が主催するイベント「AWS Summit 2014」で発表された内容によれば、Amazon WorkSpaces を使うと以下のことも可能になります。

Mac から仮想 PC にログインします。

Amazon WorkSpaces


(画像:YouTube)

Windows PC と同じように、Office で書類を作成できます。

Amazon WorkSpaces


(画像:YouTube)

iPad の専用アプリから、同じ仮想 PC にログインすると…

Amazon WorkSpaces


(画像:YouTube)

直前までの作業をそのまま、Mac から iPad に引き継げます。

Amazon WorkSpaces


(画像:YouTube)

タブレットの場合、PC のようには操作できない場面もあります。そういった時に使える補助機能も備わっています。

Amazon WorkSpaces


(画像:YouTube)

仮想 PC を使っていれば、ファイルの同期を心配する必要はなくなりそうです。

Amazon による発表は、以下の動画ですべてチェックできます。Amazon WorkSpaces の説明は42分30秒頃から。

日本からも利用可能、ただし英語版のみ?

AWS 公式ブログによれば、Amazon WorkSpaces は日本からも利用できます。

ただし、現時点でサーバはアメリカ国内にのみ設置されています。物理的な距離が遠いので通信速度が遅くなり、スムーズには使えないかもしれません。

さらに、用意されているのは英語版の Windows になるようなので、インストールされている Office も英語版と考えられます。

参考(順不同)

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!