iWorkアプリで閲覧のみ共有が可能に。Keynoteには嬉しい新機能も

iPhone・iPad で使える、iOS 版の iWork アプリがアップデートされました。

iWork


「iWork」は Pages・Numbers・Keynote の総称で Apple 純正アプリです。Mac 版も販売されているほか、ブラウザからも利用できます。

iOS 版はいずれも1,000円で販売されていますが、新たに iPhone・iPad を購入すると、無料でダウンロードできます。

この記事では、今回のアップデートで追加された新機能・変更点をご紹介します。

iWorkアプリ共通の新機能

「表示のみ」の共有

相手が編集できない形で書類を共有できるようになります。これまではファイルを共有すると、相手も内容を編集できました。

Numbers
Numbers


この機能を使うには、ファイルを開いて右上の設定ボタンをタップ。【共有とプリント】→【共有設定を表示】→【アクセス権】で「表示のみ」を選びます。

Numbers

その他の変更点

アプリ全体の「操作性」と「パフォーマンス」が向上した、と公表されています。

Numbers で CSV ファイルの読み込み速度が向上、Keynote ではアニメーションのパフォーマンスが向上しています。

Keynote:ポインタ機能・発表者画面

今回のアップデートで変更点が多いのは「Keynote」です。スライドを作成し、プレゼンテーションが行えるアプリです。

Keynote


まず、プレゼンテーション中にスライドを長押しすると「ポインタ」が利用できるようになりました。レーザーポインタの代役を果たします。

スライド画面をテレビ・プロジェクタに出力する際に重宝しそうです。

今回追加されたのは、スライドに各色で線を引ける機能のようです。スライド再生中に画面長押しで利用できます。

レーザーポインタの機能はアップデート前から利用することができました。記事を訂正し、お詫び申し上げます。(4月3日 追記)
Keynote for iOS (iPad): レーザー・ポインタ・ツールを使う – Apple

Keynote


Keynote アプリの Remote 機能を使った際、発表者ディスプレイで縦方向のレイアウトが利用できます。上にスライド、下に発表者ノートを表示できます。

iPhone で Keynote アプリを操作する際に、発表者ノートが見やすくなります。

Keynote
Keynote


新しいトランジションとビルドも追加されました。「オブジェクトリボルブ」「ドリフトと拡大縮小」「スキッド」です。

作成したスライドは、PowerPoint の「PPTX」形式で書き出せます。

Keynote


利用するには、スライドを開いて右上の設定ボタンをタップ。【共有とプリント】→【コピーを送信】→【メール・iTunes・WebDAV】 を選ぶと書き出せます。

Keynote


Pages・Numbersも機能を改善

Pages は文章を作成・装飾できるワープロアプリです。

Pages


今回のアップデートにより、読み込み時に表の中の画像・図形が保持されます。さらに挿入・ペーストしたオブジェクトが、より適切に配置されるようになりました。

ePub 形式での書き出し機能も改善されたとしています。

Numbers は表計算を行い、グラフを作成できるアプリです。

Numbers


今回のアップデートで、計算の進行状況が表示されるようになったほか、Microsoft の「Excel」との互換性が向上しています。

今後もアップデートで新機能が追加され次第、AppBank でご紹介していきます。

Keynote ・開発: iTunes K.K.
・掲載時の価格: ¥1,000
・カテゴリ: 仕事効率化
・容量: 456.4 MB
・バージョン: 2.2
参考になったらシェアお願いします!
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!
Twitterをフォローする → AppBank(@appbank)
Facebookページをいいねする → AppBank

オススメ