Evernote: 名刺を認識して自動撮影・ノートブックの共有画面が一新

オンラインメモサービスの定番「Evernote」の公式アプリがアップデートされました。

Evernote
Evernote


今回のアップデートによる変更点は2つあります。

1つは、カメラ機能の「名刺モード」強化。カメラをかざすと名刺を認識して、自動で撮影してくれます。

もう1つは、新しいノートブックの共有画面です。以前よりも、ノートブックを共有しやすくなりました。

「Evernote って何?」という方は、こちらの記事で詳しくご紹介しています。
人気のオンラインメモサービス「Evernote」って何?どんな風に使えるの?

自動撮影する「名刺モード」

Evernote のカメラ機能で利用できる「名刺モード」は、撮影した名刺をスキャンして名前・会社・連絡先などを Evernote・連絡先アプリに登録できます。

名刺モードは有料会員向けの機能です。無料会員でも5枚までは試用できます。

今回のアップデートで、名刺モードに切り替えると、名刺を認識して自動で撮影するようになりました。撮影ボタンを押す必要がないので、手ブレが少なくなりそうです。

左:【カメラ】をタップします。
右:モードを「名刺」に切り替えると、名刺を認識して撮影します。

Evernote
Evernote


新しくなった「ノートブック共有画面」

Evernote では、ノートをまとめるフォルダの役割を果たす「ノートブック」を丸ごと共有することができます。

今回のアップデートで、iPhone・iPad からノートブックの共有設定を行える画面が新しくなりました。

Evernote
ノートブック一覧を開き、【編集】をタップします。

そして、共有したいノートブックのボタンをタップします。


Evernote
ノートブックを共有したい相手に対して、招待メールを送れます。相手も Evernote を利用している必要があります。

共有時にはユーザー毎に権限を設定でき、後から変更することも可能です。(無料会員では読み取りのみ)


Evernote に収めている情報を整理する際に、ノートブックが重要な役割を果たします。こちらの記事で活用法をご紹介しています。
すぐ実践できる「Evernote」整理術。ノートブックを活用しよう!

より便利になった Evernote を、ぜひお試しください!

Evernote ・開発: Evernote
・掲載時の価格: 無料
・カテゴリ: 仕事効率化
・容量: 39.5 MB
・バージョン: 7.3.3
参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!