【iOS 8】iPhoneの3Dゲーム性能が最大10倍になる「Metal」が発表されました!

WWDCにて、iPhoneの3Dグラフィック性能を最大10倍まで強化する『Metal』が発表されました。

metal_ios8___2


Metalは、3Dゲームの動作効率を上げる新規格で、iOS 8のA7チップを搭載した端末でのみ動作します。

このMetalを使用したアプリは3Dグラフィック性能が大幅に向上し、家庭用ゲーム機なみのゲームも作れるようになります。驚きの新技術ですね。

iOS 8の最新情報まとめはこちら
【iOS 8まとめ】毎日つかうアプリが新しくなったiOS 8の使い方まとめ!

なぜ、Metalは早いのか

今まで、iOS用の3Dゲームは『OpenGL』という規格で作られていました。
しかし、OpenGLはどんなハードでも動作する共通規格なので、Appleの用意した最新のハードウェアを効率良く使うために作られていません。

Metalは、最新のA7チップを効率良く使うために作られているから高速なのです。

metal_ios8_01


Metalなら家庭用ゲームなみに遊べる

Appleの発表によると、Metalに最適化してゲームを作るとドローコール(とてもCPUを使う処理)の動作が最大10倍速くなるそうです。
これが事実ならば、iOS機器で家庭用ゲームのようにリアルなゲームが遊べることになります。

metal_ios8___1


この手の発表会の数値は理論値なので、「性能○倍」と発表されても実際に製品が出るとたいしたことがないケースがあります。

しかし、今回はEAがPS3などで出しているゲーム、『プラント vs. ゾンビ ガーデンウォーフェア』が動作している様子が発表されました。Metalを採用したゲームは、家庭用ゲーム機並みのゲームができると考えて良さそうです。

metal_ios8___4


また、WWDCでは『Infinity Blade』を開発したEPIC GAMESにより、Metalを使用したアプリ『ZEN Garden』の実演も行われました。信じられないほどリアルな映像が見て取れます。

metal_ios8___5


ZEN Gardenは、iOS 8のリリースと共に無料ダウンロードできる予定です。

Metalでバッテリーも長持ち

Metalの恩恵は、リアルなゲームができることだけではありません。端末の動作が速くなるということは、少ない電力消費で3Dゲームが動くようになるということです。

つまり、ゲームプレイ時にバッテリーがより長持ちするようになります。また、3Dの表示を多用したビジネスアプリなどもバッテリーが長持ちするようになるでしょう。

A7チップが普及すれば無敵!?

良いことだらけのMetalですが、1つだけ懸念点があります。それは、A7以前の端末では動作しないことです。iOS 8が出ても、Metalが普及するまで1年ぐらいはかかるでしょう。

しかし、逆に言えば1年後のiOS端末にはすごいゲームがたくさん出て、バッテリーもより長持ちするようになっているかもしれません。その日が楽しみですね。

iOS 8の最新情報まとめ!

【iOS 8まとめ】毎日つかうアプリが新しくなったiOS 8の使い方まとめ!

WWDC 2014まとめ

その他に発表されたiOS 8やOS Xの新機能はこちらからチェックしてください!
iOS 8、OS X Yosemite、iCloud Drive、新しいSDK【WWDC2014まとめ】

iPhone 6をオンライン予約でゲットしよう!

お店に行かなくてもゲットできるぞ! → iPhone6をオンラインで予約する!

▲ 参考になったら押してみよう! ▲
人気ゲームのガチャがもっとお得に!

auゲームなら、『モンスターストライク』のアプリ内課金が、毎回10%お得になります!

▶▶今すぐ【auゲーム】をチェック

AppBank 全力プッシュ!

オススメ