移動して測定 – Flying Ruler: iPhoneをスライドさせて長さを測る! 画期的な定規アプリが登場。

iPhoneだけで長さを測れる定規アプリ、移動して測定 – Flying Rulerを紹介します。

140611_keisoku - 12


今までは長さを測りたいときは定規を使っていましたが、今日からはiPhoneがあれば大丈夫!Flying Rulerは、iPhoneをスライドさせて長さを測定できるアプリです。

まず初期設定をします

140611_keisoku - 01
アプリを起動したら、初期設定をします。画面左下の設定ボタンをタップしましょう。


赤くなっている【基本校正】と【高度な校正】を行います。まずは基本校正をタップし、iPhoneを平らな場所に置きます。

140611_keisoku - 02
140611_keisoku - 03


iPhoneを平らな所に置き【開始】をタップします。そのまま置いておき、完了のチェックマークが表示されたら設定完了です。

140611_keisoku - 04


 

140611_keisoku - 05
続いて【高度な校正】をタップします。


iPhoneを、画面に表示されている指定の向きに移動させます。認識されると青のチェックマークが表示されます。

140611_keisoku - 06


写真のように、iPhoneを縦にしたり横にしたりして設定を行います。これで、初期設定は完了です。

140611_keisoku - 07


アプリの実力はいかに!?

では、計測してみましょう。左の定規マークをタップします。

140611_keisoku - 08


MacBook Air 13インチの幅を測ります。Macの端とiPhoneの端を合わせて置き、画面中央のボタンをタップします。

140611_keisoku - 09


中央のボタンが赤になっている状態で、測りたい所までiPhoneを移動させます。

140611_keisoku - 10


Macの端に合わせてそのまま置いておくと、長さが表示されます。

140611_keisoku - 11


MacBook Airの幅は32.5cmです。このアプリで出た値は31.8cmで、誤差は1cm未満でした。これくらいの誤差なら、大体の長さを測るのには十分ですね。

140611_keisoku - 12


画面右下のアイコンをタップすると、画面表示の切り替えができます。

140611_keisoku - 13


画面にメジャーを表示させられます。分かりやすいですね。

140611_keisoku - 14


入れておくと便利です!

新しい家具や家電を選ぶときにサイズを測ったり、宅配便を送るときに長さを測ったり、生活のちょっとしたシーンで役立ちますよ。

140611_keisoku - 15


「おぉ〜」とうなってしまう面白いアプリです。家族や友だちにも自慢してみてください!

移動して測定 - Flying Ruler ・開発: ALEXEY BRILEV
・掲載時の価格: ¥100
・カテゴリ: ユーティリティ
・容量: 7.1 MB
・バージョン: 1.2
参考になったらシェアお願いします!
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!
Twitterをフォローする → AppBank(@appbank)
Facebookページをいいねする → AppBank

オススメ