ReceReco: Ver2.0.6 レシートを撮影するだけで家計簿をつけられるアプリ。グラフや表で支出を管理しよう!

レシートをカメラで読み取るだけで家計簿をつけられるアプリ、【無料家計簿の決定版】ReceRecoレシート撮影で支出管理を紹介します。

ReceReco - 22
ReceReco - 23


ReceRecoは、スマートフォンのカメラでレシートを撮影するだけで、日時、店舗、品目、値段などが自動的に入力され、家計簿として管理できるアプリです。

文字の認識精度が非常に高く、レシートの内容を正確に読み込んでくれます。また、誤認識が発生しても、後から手動で直せるので安心です。

以前もレビューしましたが、Ver2.0.6になってレシピやチラシのチェックや、家計簿のEXCEL出力ができるようになったので新たに紹介します!
さっそく使ってみましょう!

レシートを撮影してみよう

アプリを起動すると、ログイン画面が表示されます。初めて使う方は【ユーザー名でログイン】をタップして、新規アカウントを登録します。

ReceReco - 03
ReceReco - 04


登録が完了したら、レシートを読み込んでみましょう。画面左下の【カメラボタン】をタップして、カメラを起動します。画面に表示されているオレンジのガイドラインとレシートの行を平行にして、【撮影ボタン】をタップします。

ReceReco - 05
ReceReco - 06


レシートの読み込みが終わると、【レシート詳細】が表示されます。日時、店舗、合計、品目が正しければ【保存】をタップします。項目に間違いがあったら【再撮影】や、【品目の追加】などをタップして内容を修正できます。
レシート詳細には撮影したレシートの画像も保存されるので、確認作業も便利ですね。

ReceReco - 07
ReceReco - 08


保存したレシートの情報は、【レシート一覧】から確認できます。検索条件を指定して、見たいレシートだけを表示することもできます。

ReceReco - 26
ReceReco - 24


レシートの内容をグラフで確認できる

レシート詳細で【費目】を設定すると、買い物の費目割合をグラフで確認できます。

ReceReco - 11
ReceReco - 12


項目をタップすると、費目ごとの一覧を確認できます。

ReceReco - 13
ReceReco - 25


そのほかにも便利な機能がたくさん

ReceRecoには、家計簿以外にも便利な機能がたくさんあります。

レシピやチラシをチェックできる

出費の大きな割合を占める食費、うまくやりくりしたいですよね。ReceRecoでは、献立の紹介やレシピ、住んでいる地域のお店のチラシのチェックもできます。

ReceReco - 15
ReceReco - 16


安売り情報をいち早くゲットして、おいしいご飯を作りましょう!

レシート一覧をCSVファイルで出力できる

ReceRecoには、家計簿として本格的に管理したい人向けの機能もあります。それが【CSVファイル出力】です。レシート一覧をCSVファイルとして出力すると、『Excel』などの表計算ソフトを使って確認や編集ができます。

ReceReco - 27


CSVファイルとして出力するには、メニューの【設定】を選んで【連携機能】項目の【CSV(Excel)ファイル出力】をタップします。

ReceReco - 18
ReceReco - 19


必要な設定をして【出力】ボタンをタップします。メールの作成画面が表示されるので、宛先を選んで送信します。
表計算ソフトがあるパソコンなどで受け取ると、添付されたCSVファイルを確認できます。

ReceReco - 20
ReceReco - 21


誰でも簡単に支出管理ができる!

レシートを撮影するだけで家計簿をつけられるので、とても簡単で便利です。また、レシートを貰ったらすぐに登録できるので、忘れっぽい私でも毎日続けられそうです!

これから家計簿に挑戦する方は、ぜひチェックしてみてください。

【無料家計簿の決定版】ReceRecoレシート撮影で支出管理 ・開発: BRAINPAD INC.
・掲載時の価格: 無料
・カテゴリ: ファイナンス
・容量: 19.3 MB
・バージョン: 2.0.6
参考になったらシェアお願いします!
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!
Twitterをフォローする → AppBank(@appbank)
Facebookページをいいねする → AppBank

オススメ