RICOH THETA ver 1.7.0: アップデートで写真に「ぼかし」を入れられるようになったぞ!

顔出しNGの人も、通行人が写りこんでしまった場合もシェアしやすくなりました。

THETA - 05
THETA - 07


360°全天球カメラ『RICOH THETA(リコー・シータ) 』のアプリが、アップデートで【ぼかし】機能に対応しました!

無関係な通行人が写ってしまったときや、顔出しNGの方にはとても嬉しい機能です。

それでは見てみましょう!

▼こちらをAppBankStoreでチェック▼

動画でぼかし機能を紹介しました

360°カメラTHETAとは?

THETAは、本体のボタンを押すだけで全天球型の写真が撮れるカメラです。アプリで撮った写真を見られます。

THETA - 01


こちらが作例です。球体にしてグリグリ回したり、アップで写真を見たりできます。

僕は遊びにいった先で、THETAの写真をTwitterでシェアしています。

THETA - 02
THETA - 03


アップデートで「ぼかし」ができる!

THETA - 04
ぼかし機能はアプリに保存されている写真に使えます。

ぼかしたい写真を選びます。

※カメラからアプリに転送されていない写真は編集できないので注意してください。


メニューから【編集】をタップします。ぼかしたいところをタップして緑色に塗りつぶしましょう。

THETA - 05
THETA - 06


THETA - 07
さわったところはすぐにボケますよ。

だれがボケやねん。


画面下にある球体をグリグリ動かせばアングルを変えられます。ほかにぼかしたい部分があれば、そちらもぼかしましょう。

THETA - 09
THETA - 10


ぼかしのビフォーアフター

全天球型写真を体験できます。グリグリ動かしてください!

ぼかす前はこんな感じ

合角ダム! – Spherical Image – RICOH THETA

見られないかたはこちらをどうぞ→ぼかす前の写真at 合角ダム

ぼかした後はこんな感じ!

ぼかしたあと! – Spherical Image – RICOH THETA

見られない方はこちらをどうぞ!→ぼかしたあと!at 合角ダム

どんどん進化するTHETA!

アプリのアップデートでさらに使いやすくなったRICOH THETA。ぼかし機能で、見せたいけど共有できなかった写真がシェアできるようになったのは嬉しいですね。

THETAで不思議な面白い写真をたくさん撮ってシェアしましょう!

気になった人はチェックしてみてください!

▼こちらをAppBankStoreでチェック▼

RICOH THETA ・開発: RICOH COMPANY,LTD.
・掲載時の価格: 無料
・カテゴリ: 写真/ビデオ
・容量: 4.9 MB
・バージョン: 1.7.0
参考になったらシェアお願いします!
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!
Twitterをフォローする → AppBank(@appbank)
Facebookページをいいねする → AppBank

オススメ