[レビュー] たまった名刺は『SnapLite』で複数まとめてスキャン! Evernoteに保存すれば検索もできる!

まとめて名刺が撮影できるSnaplite!縦向き、横向きもごちゃまぜOK。

snaplite - 01


小さな名刺を1枚ずつスキャンしたり、登録を続けるのってメンドウですよね。そこで、『SnapLite』です!

複数の名刺を縦横関係なく一気にスキャンできます。さらにEvernoteと組み合わせれば、さらに名刺管理も楽チンに!

SnapLiteを使った名刺管理方法と魅力を紹介します。

▼こちらをAppBankStoreでチェック▼

Snapliteで名刺をスキャンするには、専用アプリ『SnapLite』をダウンロードしておきます。
アプリのダウンロードはこちらから→SnapLite(無料)

アプリを起動して、iPhoneをスタンドに乗せます。すると撮影ガイドが机に投影されます。
ガイドの中に入れば、何枚でも名刺をまとめてスキャンできます。

snaplite - 04


snaplite - 05
読み込む名刺は縦向き、横向き、どちらも入り混じってて大丈夫です。

スタンドにある【リスマーク】をタップすると、アプリが自動的にスキャンします。


撮影するのに必要なスペースは、A4サイズです。机の上に広げた本やノートをささっと片付けるだけで、カンタンに確保できる広さです。

snaplite - 06


名刺サイズに画像を自動分割してくれます

snaplite - 07
スキャン後は、アプリが自動で画像を名刺1枚ずつに分割してくれます。

アプリの左下にある【スキャン済み画像】をタップして、それぞれの画像を確認してみます。


アプリが名刺のサイズに合わせて自動的にトリミングしてくれますが、上下左右に多少の余白が入ることもあります。
気になる余白があれば、アプリ内でトリミング調整できます。

snaplite-08


snaplite-091
左右にフリックすると、スキャンした名刺を次々と確認できます。


Evernoteにまとめて保存しよう

snaplite - 10
SnapLiteで取り込んだ名刺は、Evernoteで管理するのがオススメです。なぜなら、画像の管理も名刺の検索もめちゃくちゃカンタンだから!
さっそくやってみましょう!

Evernoteアプリを起動したら【写真】をタップします。


あとは、カメラロールから先ほど選択した画像をまとめて選択して、ノートに貼り付けるだけで完了です。

snaplite - 11
snaplite - 12


Evernoteには、ノートの中に保存された画像から文字を認識してくれるOCRという機能があります。

IMG_1762
このおかげで、検索ウィンドウに名前の一部や社名の一部を入力するだけで、Evernote内に保存された名刺画像を探し出せます。


普段から電気スタンドとして使えるので、あまり使わない名刺スキャンのためのスキャナの置き場所に困ることもありません。

iPhoneと電気スタンドを組み合わせた画期的なアクセサリーSnapLiteは、本当に便利です!ぜひ使ってみてください。

▼こちらをAppBankStoreでチェック▼

実店舗でもSnapLiteが買えます

新宿店 | 池袋PARCO店 | 渋谷PARCO店 | 八重洲店 | 原宿店

参考になったらシェアお願いします!
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!
Twitterをフォローする → AppBank(@appbank)
Facebookページをいいねする → AppBank

オススメ