【iPhone 6の噂】7月に出たiPhone 6の噂・予想まとめ。128GBモデル発売か。

次期iPhoneと言われる、『iPhone 6』の7月に出た噂や予想をまとめました。

iPhone 6


(画像:9to5Mac

7月になり予想される発売時期に近づいてきたのもあり、かなり詳細な噂が出てきました。
それではチェックしましょう。

6月に出たiPhone 6の噂のまとめ→ 6月に出たiPhone 6の噂・予想まとめ。秋頃に発売か。

iPhone 6の噂

ディスプレイはやはり4.7インチと5.5インチか

これまで同様、ディスプレイサイズは4.7インチ版と5.5インチ版の2種類登場すると予想されています。

iPhone 6


(画像:Twitter

発売時期はやはり9月か

9月の第1週目か2週目に、Appleから正式発表される可能性が高いと予想されています。

iPhone 6


一方中国発の噂では、9月15日(金)に正式発表され、9月25日(木)に発売されると言われています。

iPhone 6


また、これまでのパターンと同様に発表と発売が行われるとすれば、iPhone 6は9月の第2週に正式発表されて、9月19日(金)か9月26日(金)に発売されるのではとも予想されています。

詳細はこちら
発表日と発売日をめぐる2つの噂が登場! 5.5インチ版の価格も流出?

しかし、最近では9月12日(金)に発売されるのではという予想が出てきました。
Appleは過去2年間、新しい『iOS』の発表から100日後に新iOSの正式リリースをして、その2日後に新型iPhoneの発売日としています。

今年も同じ日程に当てはめると、『iOS 8』が6月2日(月)に発表されたことから、iOS 8の正式リリースが9月10日(水)、iPhone 6の発売日はその2日後の9月12日(金)になるのでは、と予想されます。

詳細はこちら
9月12日にiPhone 6発売か? 過去2年間は新iOSの発表から102日後に発売。

発売台数

台湾のメディアが、Appleが6,800万台のiPhone 6を発注したと報じています。この台数は、おそらく4.7インチ版と5.5インチ版のiPhone 6を合わせたものです。

しかし、この数は今年末までの出荷数の可能性が高そうです。昨年は発売から3日間で『iPhone 5s』の初期出荷分が売り切れたとAppleは発表しており、初期出荷数は少なくとも900万台未満だっと考えられます。

このことからiPhone 6の発売時に店頭に用意される台数は900〜1,000万とされ、日本に割り当てられる台数は100万台未満と予測されます。

詳細はこちら
Appleが6,800万台のiPhone 6を発注? ただし初期出荷数は不明。

デザイン

iPhone 6


(画像:9to5Mac)

iPhone 6のモックアップで注目を集めている背面の線がなくなるのでは、と噂されています。製品版ではガラスが装着され、iPhone 5sのようなデザインになると予想されています。
しかし、別の噂では線が残るとも言われており、予想と異なるiPhoneが発売される可能性もあります。

詳細はこちら
iPhone 6の背面にある「線」は無くなる? iPhone 5s似のデザインとの予想も。
これまでの噂の集大成! CGで制作されたiPhone 6の予想画像が公開!

iPhone 6では、アップルのロゴ部分は薄いプラスチックでできており光を通せると言われています。そのため、通知がきたときに光らせたり、NFCアンテナを搭載して無線通信用に使ったりできるのでは、と考えられています。
NFC機能の搭載は、新iPhoneの変更点として噂されているのでありえるかもしれません。

詳細はこちら
iPhone 6では背面のリンゴが光る!? アップルロゴ部分の素材が変わって新機能がつくかも。

液晶保護パネル

先月も出ていましたが、今月もやはり5.5インチ版のみ液晶保護パネルにサファイアグラスが使われるのではと予想されています。
しかし、サファイアガラスの品質に問題があることや、生産工程に問題が起きていることがあり、生産難が起きていることが指摘されています。そのため、iPhone 6の生産にも影響があるのではないかと分析されています。

詳細はこちら
サファイアガラスの生産が難航? iPhone 6の生産にも影響か。

触覚フィードバック&リニア振動モーターを搭載か

キーボード


iPhone 6では、触覚フィードバック機能が搭載されるのではという噂が取り上げられています。触覚フィードバックとは、画面にふれた感触を与える技術です。触覚フィードバックが搭載されれば、タイプミスを減らせるかもしれません。
Appleは、2009年にふれた位置に基づいて振動で感触を再現する技術の特許を取得しています。

iPhone 6に搭載されるモーターは、iPhone 5sのものに比べて価格が2〜3倍高いリニア振動モーターになると推測されています。このタイプのモーターは、iPhone 4sの一部の機種に搭載されています。

詳細はこちら
振動で感触を再現する「触覚フィードバック」機能を搭載?

5.5インチ版のみ128GBモデル発売か

Appleに部品を配給する業者から得た情報によると、5.5インチ版のみ128GBモデルが販売されるのではないか、という噂があります。

価格

iPhone 5s(SIM フリー版)とiPad Air(Wi-Fi 版)では、上位モデルになると価格が1万円ずつあがります。これまでの噂では、5.5インチ版iPhone 6は4.7インチ版より100ドル(約1万円)高いと噂されています。また、4.7インチ版iPhone 6の32GBモデルは、iPhone 5sの16GBモデルと同じ価格になるとも言われています。

iPhone 5s iPad Air
16GBモデル 67,800円 48,800円
32GBモデル 77,800円 58,800円
64GBモデル 87,800円 68,800円
128GBモデル 78,800円

これらの情報を踏まえると、5.5インチ版iPhone 6の128GBモデルは107,800円になるのでは、と予想されます。

4.7インチ版iPhone 6 5.5インチ版iPhone 6
16GBモデル 77,800円
32GBモデル 67,800円 87,800円
64GBモデル 77,800円 97,800円
128GBモデル 107,800円

詳細はこちら
5.5インチ版には128GBモデルも登場か? 価格を予想!

今年発売されると噂される、iPhone 6の噂のまとめでした。「64GBモデルでは容量が足りない!」と感じている方は、128GBモデルの噂に要注目ですね。
8月になると、もっと具体的な噂が出てきそうです。Appleの正式発表まで噂や予想をチェックしましょう。

6月に出たiPhone 6の噂のまとめ→ 6月に出たiPhone 6の噂・予想まとめ。秋頃に発売か。

iPhone 6をオンライン予約でゲットしよう!

お店に行かなくてもゲットできるぞ! → iPhone6をオンラインで予約する!

参考になったらシェアお願いします!
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!
Twitterをフォローする → AppBank(@appbank)
Facebookページをいいねする → AppBank

オススメ