[レビュー] 1年間充電不要のウェアラブルデバイス『vivofit』。水深20Mまで潜っても大丈夫。

寝るときも、お風呂でも、1年間つけっぱなしであなたの活動をチェックできる『vivofit』!

vovifit - 01


これが本当に「つけっぱなし」でいられるウェアラブルデバイス!

vivofitは、すっごくタフなウェアラブルデバイスです。ほかのウェアラブルデバイスと違う、vivofitならではの魅力は大きく4つあります。

  • バッテリーの寿命は約1年
  • 20m潜っても大丈夫な完全防水性能
  • 操作ボタンは1つだけ
  • ディスプレイ付き

魅力的な機能がいっぱいのvivofitですが、最初のセットアップにはパソコンが必要です。
セットアップ方法や、vivofitのディスプレイの見方、アプリとの連携方法などを詳しく紹介します。

▼こちらをAppBankStoreでチェック▼

vivofitの魅力を動画でチェック

リストバンドを装着

vivofitには2種類のリストバンドが付属しています。LサイズとSサイズのリストバンドです。

vovifit - 02


本体のボタンとリストバンドのボタンが、重なるように組み合わせます。

vovifit - 03


しっかりリストバンドに入れると準備完了です。
本体は25.5gと、とても軽いアクセサリーです。

vovifit - 04


パソコンを使ってセットアップ

ソフトウェアのダウンロード

vivofitは、最初のセットアップだけパソコンが必要になります。
パソコンで『Garmin Connect』へアクセスします。
Garmin Connect

vovifit - 05


【スタート】ボタンから、専用のソフトウェアをダウンロードします。Windows用、Mac用、どちらも用意されています。

vovifit - 06


ソフトウェアのインストール

続いて、ダウンロードしたソフトウェアをインストールします。

vovifit - 07


インストールが完了したら、ソフトを起動します。

vovifit - 08


vivofitの連携と会員登録

ソフトを起動したら、vivofitに付属していたUSBスティックをパソコンのUSBスロットに挿し、【スタート】をクリックします。

vovifit - 09


デバイス接続画面がでたらvivofitのボタンを長押しし、vivofitの画面に【SYNC】と表示させます。

vovifit - 10


同期が成功すると、vivofitのシリアル番号が表示されます。【デバイスの追加】をクリックして、さらに進みます。

vovifit - 11


『Garmin Connect』への登録画面になります。vivofitを使うにはGamin Connectへの登録(無料)が必要になります。

vovifit - 12


個人情報を入力後、カンタンな情報登録画面に進みます。数値の単位や就寝予定時刻など、基本的な情報を登録します。

vovifit - 13


セットアップが完了すると、インストールしたソフトと腕に装着しているvivofitの初回同期が始まります。
もう1度vivofitに【Sync】が表示されるまで、ボタンを長押しします。

vovifit - 14


これで初回のセットアップは完了です。

vivofitの見方

vivofitについたディスプレイで、アプリを使わずvivofit本体のみで「歩数」「カロリー」を確認できます。
画面を切り替えるには、リストバンドのボタン押します。

vovifit - 15


移動距離に応じた消費カロリーや、腕時計としても役立つ時刻、日付の表示モードもあります。

vovifit - 16


寝るときはvivofitを睡眠モードに切り替えます。vivofitのボタンを【SLEEP】が表示されまるまで長押しします。
起きたら、もう1度ボタンを長押しして、SLEEPモードを解除すれば、睡眠ログが正しく記録されます。

iPhoneアプリとの連携方法

vivofitの情報は、iPhoneアプリで詳しくチェックしたり、記録しておくことができます。
専用アプリはこちらからダウンロード→Garmin Connect™ Mobile

アプリを起動して、先ほどパソコンで作成したアカウントでログインします。すると、自動的に設定情報がアプリに読み込まれます。

vovifit - 17
vovifit - 18


vivofitは、アプリを起動するだけではアクセサリーと連携しません。

vovifit - 19
アプリとアクセサリーを連携させるには、アプリを起動してvivofit本体のボタンを【Sync】の表示がでるまで長押しします。

すると、アプリの画面に【vivofitと同期中】と表示され、アクセサリーで取得した情報がアプリに送信されます。


vivofit本体から情報が送られると、アプリで記録された情報が細かくチェックできます。
歩数やカロリーだけじゃなく、睡眠サイクルもチェックできます。

vovifit - 20
vovifit - 21


睡眠時間は手動でも記録可能

vovifit - 22
寝る前にvivofitを「SLEEP」モードに切り替えるの忘れても、大丈夫です。

アプリから手動で睡眠時間を記録することができます。


vivofitをつけたままお風呂に入れ、充電も1年間不要!まさに生活を共にするウェラブルデバイスです。

vovifit - 23


お風呂の度に付け外したり、定期的に充電するのが面倒だと思っていた方にオススメのデバイスです。

▼こちらをAppBankStoreでチェック▼

Garmin Connect™ Mobile ・開発: Garmin International
・掲載時の価格: 無料
・カテゴリ: ヘルスケア/フィットネス
・容量: 13.5 MB
・バージョン: 2.4

その他アプリと連携するアクセサリ

new_gamecontroller - 1
iPhoneやiPadでゲームするときに、このコントローラーで遊べば、楽しさ倍増間違いなし!

レトロゲームコントローラ(Android/iOS/Mac OS用) – AppBank Store | iPhone/iPadケース・アクセサリー


iPhoneと連携して文字シールが作れる、メモプリ!

【在庫限り】memopri メモプリ Bluetoothモデル(赤)


参考になったらシェアお願いします!
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!
Twitterをフォローする → AppBank(@appbank)
Facebookページをいいねする → AppBank

オススメ