災害時に備えておきたい自家発電グッズ6選。

手回し発電や太陽光発電など、自家発電ができるグッズを集めました。

battery - 8


9月1日は防災の日です。

災害対策でまず準備する水や食料のほかに大事なのが、ラジオや携帯テレビ、iPhoneなどの災害情報をチェックできるグッズ。しかし、これらのグッズを使うには「電力」が必要です。

先日の記事では、iPhoneを4回以上充電できる大容量バッテリーを紹介しました。
非常用持ち出し袋に入れておきたい大容量バッテリー4選!

今回は、手回しハンドル付きのバッテリーや太陽光発電など、自家発電ができるグッズを紹介します。

それではどうぞ。

手回しで自家発電できる

多機能なコンパクトラジオ

ラジオは、災害時の情報収集でもっとも役に立つグッズの1つです。

マルチラジオ H.C.5way』は、FM/AMラジオ・LEDライト・モバイル機器への充電・時計・アラームを備えています。

背面の手回しハンドルを回すことで、モバイル機器への充電が可能。3分間手回しをすることで、約4分の通話が可能です。

※iPhoneへの充電には対応していません。

サイズも約156×76×58mmとコンパクトなので、非常時に備えておきたいラジオです。

災害時やアウトドアで活躍する5つの機能 マルチラジオ H.C.5way

battery - 3


▼こちらをAppBankStoreでチェック▼

手回しハンドル付きUSBポータブル充電器

こちらは手回しハンドルが付いたモバイルバッテリーです。約1分間ハンドルを回すと約4分間の通話が可能です。

バッテリー容量は4,000mAhでiPhoneを約1.6回充電できます。

[4,000mAh]手回し充電機能付きUSBポータブル充電器 BoostTurbine

battery - 1


▼こちらをAppBankStoreでチェック▼

手回し充電ができるLEDランタン

停電時に役立つ「明かりの確保」と「iPhoneやモバイル機器への充電」ができる『LEDランタン GOALZERO Lighthouse』です。

1分間ハンドルを回すと最大で約10分間ライトが点灯します。

詳しいレビューはこちらからどうぞ。
[レビュー] スマホが充電できるLEDランタン『GOALZERO Lighthouse』! 手回し充電にも対応!!

battery - 10


▼こちらをAppBankStoreでチェック▼

太陽光で充電する

2台同時充電できる、ANKER ソーラーパネルチャージャー

最強バッテリーブランド『ANKER(アンカー)』のソーラーパネルです。2AのUSBポートが2つあり、iPhoneやiPadを2台同時に充電できる頼れるグッズです。

Anker ソーラーパネルチャージャー デュアルポート搭載 折りたたみ式

battery - 4


▼こちらをAppBankStoreでチェック▼

コンパクトなソーラー発電機GOALZERO Nomad7 V2

公称330グラムと軽量・コンパクトなポータブル ソーラー発電機『GOALZERO Nomad7 V2』です。USB機器だけではなく、12Vシガーチャージャー用のソケットも付属しています。

ポータブル ソーラー発電機 GOALZERO Nomad7 V2

battery - 5


▼こちらをAppBankStoreでチェック▼

火をおこしてiPhoneを充電する

火をおこすことで発生する熱エネルギーを電気エネルギーに変換し、iPhoneなどのスマホやUSB機器を充電できるキャンプストーブです。

木の枝などで手軽に火をおこせるのでキャンプストーブとしても優秀なグッズです。

たき火の熱を電気に変換 BioLite キャンプストーブ(POTアダプター付き)

battery - 6


▼こちらをAppBankStoreでチェック▼

いかがでしたか?

手回しができるものや、太陽光や熱エネルギーを電気エネルギーに変換できる、災害に使える自家発電グッズでした。

大容量バッテリーだけでなく、自家発電ができるグッズをひとつは常備しておきましょう!

iPhoneを4回以上充電できる大容量バッテリー

battery - 11
大容量のバッテリーを準備しておけば、非常時に即充電ができます。

バッテリー切れの心配がないグッズと合わせて準備しておきましょう。

非常用持ち出し袋に入れておきたい大容量バッテリー4選!


参考になったらシェアお願いします!
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!
Twitterをフォローする → AppBank(@appbank)
Facebookページをいいねする → AppBank

オススメ