iPhone 6(アイフォン6)・iPhone 6 Plusに買い替えるべき? iPhone 5sとスペックを比較!

iPhone 6 や iPhone 6 Plus と iPhone 5s のスペックを比べます。

iPhone 6(アイフォン6)とiPhone 6s(アイフォン6s)の公式画像


画像:Apple

買い替えを考えるうえで重要なのは、スペックの違いです。たとえば処理能力・カメラの使い勝手・バッテリーのもち具合などが挙げられますが、iPhone 6 や iPhone 6 Plus ではサイズの違いもよく考える必要がありそうです。

今回は、iPhone 6 や iPhone 6 Plus と iPhone 5s のスペックの違いをまとめて紹介します。

最新のiPhone 7・iPhone 7 Plusまとめはこちら!
【iPhone 7】発売日・性能・値段・最新情報まとめ

サイズと重さ

最も小さく、最も軽いのは iPhone 5s です。ただし、それぞれの iPhone でディスプレイの大きさが異なるので、単純に大きい・重いことがデメリットとは言えません。

iPhone 6 iPhone 6 Plus iPhone 5s
高さ 138.1ミリ 158.1ミリ 123.8ミリ
67ミリ 77.8ミリ 58.6ミリ
厚さ 6.9ミリ 7.1ミリ 7.6ミリ
重量 129グラム 172グラム 112グラム

以下の記事では、iPhone 6 のモックアップを使って実際にサイズを比べています。ぜひご覧ください。
iPhone 6のサイズ「4.7インチ」がどれくらいの大きさなのか身の回りのモノと比較してみた!

ディスプレイ

まずはスペックを比べてみましょう。解像度がもっとも高いのは iPhone 6 Plus ですが、表示の鮮やかさを表す指標の1つである、コントラスト比がもっとも高いのは iPhone 6 です。

iPhone 6 iPhone 6 Plus iPhone 5s
サイズ 4.7インチ 5.5インチ 4インチ
解像度 1,334×750px 1,920×1,080px 1,136×640px
ピクセル密度 326ppi 401ppi 326ppi
コントラスト比 1,400:1 1,300:1 800:1

さらに iPhone 6 や iPhone 6 Plus は、正面から見たときと同じ色合いで見える角度を示す『視野角』が iPhone 5s よりも広くなり、太陽光の下でも見やすいように偏光板も改良されています。

iPhone 6 や iPhone 6 Plus はディスプレイが大きいので、ホーム画面1ページに並べられるアイコンが1列(4個)増えます。

iPhone 6はiPhone 5sより表示されるアイコンが1列増えている


画像:Apple・注釈はAppBankによるもの

1度に表示できる情報量を比べてみましょう。左から iPhone 5s、iPhone 6、iPhone 6 Plus です。ディスプレイが大きい分だけ、1度に表示できる情報の量も増えています。

iPhone 5s(アイフォン5s)とiPhone 6(アイフォン6)とiPhone 6 Plus(アイフォン6プラス)の一度に表示できる情報の比較


画像:Apple

さらに、iPhone 6 Plus では『横向き表示』もできます。iPad の横向き表示と同じように、ホーム画面やメールアプリなどを表示できます。

iPhone 6 Plus(アイフォン6プラス)を横向き表示にした画像


(画像:Apple)

容量・価格

iPhone 6 や iPhone 6 Plus には、128GB モデルが用意されています。iPad では発売済みですが、iPhone では初登場になります。iPhone 6 と iPhone 6 Plus では 32GB モデルが廃止されたので、32GB モデルから買い替える場合は 64GB モデルを選んだ方が良さそうです。

価格は Apple Online Store のものです(税別)。iPhone 5s の 64GB モデルは販売が終了しています。

iPhone 6 iPhone 6 Plus iPhone 5s
16GBモデル 67,800円 79,800円 57,800円
32GBモデル - - 62,800円
64GBモデル 79,800円 89,800円 -
128GBモデル 89,800円 99,800円 -

処理能力

iPhone 6 と iPhone 6 Plus に搭載されている A8 プロセッサの CPU は、iPhone 5s に搭載されている A7 プロセッサのものよりも、処理が最大 25% 高速です。さらにグラフィック処理を担う GPU も、A7 に比べて最大 50% 高速になっています。

iPhone 6(アイフォン6)と iPhone 6 Plus(アイフォン6プラス)の処理能力をグラフで比べた画像


画像:Apple

最新のゲームをプレイするときはもちろん、『Keynote』 などで書類をつくる際にも A8 プロセッサの恩恵を受けられそうです。

バッテリー

3機種のバッテリー稼働時間を比べると、iPhone 6 Plus の数値が目立ちます。iPhone 6 Plus は容量が大きいバッテリーを搭載しているようですが、その分サイズも大きいので、使い方とのバランスを考える必要がありそうです。

iPhone 6 iPhone 6 Plus iPhone 5s
連続通話時間(3G) 最大14時間 最大24時間 最大10時間
連続待ち受け時間 最大10日間(250時間) 最大16日間(384時間) 最大10日間(250時間)
インターネット利用(3G) 最大10時間 最大12時間 最大8時間
インターネット利用(LTE) 最大10時間 最大12時間 最大10時間
インターネット利用(Wi-Fi) 最大11時間 最大12時間 最大10時間
ビデオ再生 最大11時間 最大14時間 最大10時間
オーディオ再生 最大50時間 最大80時間 最大40時間

iSightカメラ

iPhone 6 と iPhone 6 Plus の iSight カメラは、iPhone 5s のものと基本的なスペックは変わっていません。

iPhone 6 iPhone 6 Plus iPhone 5s
画素数 800万画素
開口部 f/2.2の開口部
Focus Pixels -
自動手ブレ補正
光学式手ぶれ補正 - -
顔検出 強化された顔検出 顔検出

しかし、iPhone 6 と iPhone 6 Plus には、iPhone 5s にはない技術が追加されています。オートフォーカスの速度と精度を向上させる『Focus Pixels』もその1つです。顔検出の精度も向上し、まばたきと笑顔の検出や、バーストモードでの顔の認識性能も強化されています。

iPhone 6 Plus には、光学式手ぶれ補正機能も搭載されています。十分な明るさが確保できない場所での撮影に効果を発揮します。

iPhone 6s(アイフォン6s)のカメラの画像


(画像:Apple

動画撮影

iPhone 6 や iPhone 6 Plus で撮影できるビデオの解像度は同じですが、毎秒のフレーム数が増えています。

iPhone 6 iPhone 6 Plus iPhone 5s
ビデオ撮影 1080p HD
毎秒30フレームまたは60フレーム
1080p HD
毎秒30フレーム
スローモーション 毎秒120フレームまたは240フレーム 毎秒120フレーム
手ブレ補正 映画レベルのビデオ手ブレ補正 手ブレ補正
連続オートフォーカス -
顔検出 強化された顔検出 顔検出

動画は静止画の連続で、この静止画のことをフレームと呼びます。1秒間のフレーム数が増えるほど細かな動きも撮れるので、動きがなめらかな動画になります。

さらに iPhone 6 や iPhone 6 Plus の『映画レベルのビデオ手ブレ補正』と『連続オートフォーカスビデオ』により、iPhone 5s 以上にクリアで見やすい動画が撮れると考えられます。

FaceTimeカメラ

iPhone 6 と iPhone 6 Plus の FaceTime カメラは、取り込める光の量が 81% 増えました。さらに強化された顔検出機能とバーストモードで、自撮りも撮影しやすくなりそうです。

iPhone 6 iPhone 6 Plus iPhone 5s
画素数 120万画素
開口部 f/2.2の開口部 f/2.4の開口部
顔検出 強化された顔検出 顔検出
バーストモード -

Wi-Fi

iPhone 6 と iPhone 6 Plus は、802.11ac に対応した Wi-Fi ルーターがあれば、iPhone 5s よりも高速に通信できます。

もちろん 802.11a/b/g/n にも対応しているので、iPhone や iPad で利用している Wi-Fi ネットワークにも接続することが可能です。

iPhone 6 iPhone 6 Plus iPhone 5s
規格 802.11a/b/g/n/ac 802.11a/b/g/n
最大通信速度(理論値) 433Mbps 150Mbps

NFC

iPhone 6 と iPhone 6 Plus は NFC に対応していますが、日本国内ではこの NFC がどのように使えるのかは分かっていません。アメリカでは『Apple Pay』という決済サービスが始まる予定で、そこで NFC を利用します。
新決済システム、『Apple Pay』発表。iPhone 6は「おサイフケータイ」になる!?

気圧計

iPhone 6 とiPhone 6 Plus は、気圧計も搭載しています。階段の上り下りや、登山での標高の変化も計測できます。データはつねに計測されていますが、M8 コプロセッサが管理しているので、電力消費は抑えられているそうです。

iPhone 6の気圧計の画像


画像:Apple

iPhone 6 Plusを狙うならサイズは要チェック

iPhone 6 や iPhone 6 Plus の魅力は、ディスプレイとバッテリーでしょう。

ディスプレイが大型なので、1度に表示できる情報量が多く、ニュースチェック・メール処理・予定管理などの効率が上がり、動画を視聴する際やゲームをプレイする際には臨場感が増します。

この大型化により、搭載されているバッテリーも大容量化したようです。バッテリー稼働時間が長くなりました。とくに iPhone 6 Plus は稼働時間が大幅に長くなっているので、1日がっつりと使っても、バッテリーの残量を心配することはないかもしれません。

とはいえ、iPhone 6 Plus で心配なのはサイズです。数値で表すと、iPhone 5s に比べて高さは約3.5センチ、幅は約1.9センチ増えています。

iPhone 5s までとは違った持ち方や持ち運び方が必要になる可能性もあるので、サイズが心配な場合には、発売後に Apple Store などでサイズを確かめてから購入した方が良さそうです。

iPhone 6、iPhone 6 Plusの最新情報まとめ!

【完全版】iPhone 6、iPhone 6 Plus、Apple Watchの情報まとめ!

iPhone 6のケース・グッズまとめ! どんどん追加中!

参考

iPhone 6をオンライン予約でゲットしよう!

お店に行かなくてもゲットできるぞ! → iPhone6をオンラインで予約する!

参考になったらシェアお願いします!
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!
Twitterをフォローする → AppBank(@appbank)
Facebookページをいいねする → AppBank
AppBankの事前登録サイト『ゲームコネクト
自分だけの国造りを満喫しよう!『Ragnarok~ヴァルハラサーガ~』で事前登録の受付が開始!! 事前登録して、ゲーム序盤で大活躍するレア英雄を手に入れよう。

Ragnarok~ヴァルハラサーガ~

オススメ