『Chrome』に表示中のウェブページをMacで開き直せる機能が登場!

iOS 8とOS X Yosemiteの機能『Handoff』に対応しました!

Chrome
Chrome


GoogleのブラウザアプリChromeがHandoffに対応したことで、iPhone/iPadのChromeで表示中のウェブページをMacでカンタンに開き直せるようになりました。

さっそく使い方を紹介します!

Handoffでウェブページを開き直す

iPhone/iPadのChromeアプリでウェブページを開くと、Handoff機能が表示したウェブページのURLをMacに伝達。Dockに現れる特別なアイコンをクリックすると、そのウェブページをMacで開くことができます。

Chrome


ウェブページを開く際に使うブラウザは、Macの【システム環境設定】→【一般】→【デフォルトWebブラウザ】で指定できます。

Handoff機能を使うには

必要なのは「iOS 8がインストール済みのiPhone/iPad」・「OS X Yosemiteがインストール済みのMac」・「Apple ID」です。

設定方法

iPhoneとMacで、同じApple IDを使ってiCloudにログインします。

Chrome


次にMacの【システム環境設定】で【一般】→【このMacとiCloudデバイス間でのHandoffを許可】にチェックを入れます。

Chrome


iPhoneの【設定】→【一般】→【Handoffと候補のApp】を開きます。

Chrome


Chrome
【Handoff】をオンにします。


左:iPhoneのChromeを開き、【設定】にアクセスしましょう。
右:【プライバシー】→【Handoff】で設定をオンに切り替えます。

Chrome
Chrome


最後にiPhoneとMacのBluetoothをオンにし、同じWi-Fiネットワークに接続します。これで設定は完了なので、実際に使ってみましょう!

Chrome


iPhoneやiPadのChromeで見ていた情報を、さらに詳しく調べたいときはMacで開き直すといった使い方ができますね。ぜひお試しください!

参考

Chrome - Google のウェブブラウザ ・販売元: Google, Inc.
・掲載時のDL価格: 無料
・カテゴリ: ユーティリティ
・容量: 58.0 MB
・バージョン: 40.0.2214.61
参考になったらシェアお願いします!
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!
Twitterをフォローする → AppBank(@appbank)
Facebookページをいいねする → AppBank

オススメ