iPhoneで花火を撮るなら知っておきたい小技まとめ

夏祭りの思い出も、iPhoneがあればキレイに残せる。

150817_hanabi - 10


「夏」と言えば夏祭り。家族や友だち、恋人と一緒に花火を見に行く人も多いのではないでしょうか?

夏の思い出もしっかり写真に残したい。というわけで、iPhoneで花火を撮影するなら知っておきたいテクニックをまとめました。

標準カメラの機能を使おう

連写

150817_hanabi - 1
iPhoneでは、シャッターボタンを長押しすると連写できます。

連写をすることで、花火が一番キレイに見える瞬間をおさめることができますよ。


HDR撮影

150817_hanabi - 2
iPhoneではHDR撮影が可能です。HDR(ハイダイナミックレンジ)とは、写真の明るい部分と暗い部分を整える加工のこと。

シャッターを押したときに3枚の写真を撮影し、それを合成して美しい色を表現してくれるようです。夜景に映る鮮やかな花火を、美しく写真にのせてくれます。


カメラアプリを使おう

夜景モードで撮影する

『ProCamera』には、夜景専用の【ナイト】モードがあります。夜間でもクリアな写真を撮影できるモードを活用して、花火を撮影しましょう。

150817_hanabi - 5
150817_hanabi - 6


シャッタースピードを変更する

『Pro Shot』は、露出やシャッタースピードを変えて写真を撮影できるカメラアプリ。

シャッタースピードを早くすると火花が細かく写り、遅くすると流れるような花火を撮影できます。少し難しい機能ですが、慣れると幅広い写真が撮れるようになりますよ。

150817_hanabi - 3
150817_hanabi - 4


動画から静止画を切り出す

『MovieTolmage』は、撮影した動画から静止画を切り出せるアプリ。

シャッターを切るタイミングが難しいという方は、このアプリで動画を撮影しておき、そのあと花火の上がった瞬間を切り出しましょう。

150817_hanabi - 7
150817_hanabi - 8


iPhoneで花火を美しく残す

新しいモデルが出るたびに性能がアップしているiPhone。

本格的なカメラを持ち運ばなくても、サクッと美しい写真が撮影できるのは簡単だし楽しいですよね。今年の夏はiPhoneで花火をキレイに残しましょう。

参考になったらシェアお願いします!
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!
Twitterをフォローする → AppBank(@appbank)
Facebookページをいいねする → AppBank

オススメ