PCで定番の『Adblock Plus』がiOS 9のコンテンツブロッカーに対応

無料アプリです。

Adblock Plus


iOS 9のコンテンツブロッカーに対応した、新しいアプリ『Adblock Plus』がリリースされました。

インストールすると、Safariが広告・悪意のあるプログラム・ユーザーの動向を調査するツールを読み込まなくなります。

このアプリの元はPCのウェブブラウザ『Chrome』や『Firefox』で人気の拡張機能です。Chrome向け拡張機能の利用者数は1,000万人を超えます。

今回はiOS版Adblock Plusの使い方をご紹介します。

アプリを開く

アプリを開くと、Adblock Plusの紹介が始まります。画面下の【Got it】をタップしましょう(左)。さらに画面下の【Configure Safari】をタップ(右)。

Adblock Plus
Adblock Plus


Adblock Plus
この画面に切り替わったら、ホームボタンを押してアプリを閉じます。


設定アプリでオン

設定アプリの【Safari】→【コンテンツブロッカー】を開きます。

設定


「Adblock Plus」をオンにして、10秒以上経ったら設定アプリを閉じます。

Adblock Plus


Safariで確認する

SafariでAdblock Plusの動きを確認してみましょう。ウェブページを開き、画面右上にある再読み込みボタンを長押しします。

Adblock Plus


iPhoneでは画面下にメニューが現れます。【コンテンツブロッカーなしで再読み込み】をタップしましょう。

Adblock Plus


これまでなかった広告が表示されたのであれば、それはAdblock Plusの機能がオンになっていた証拠です。再読み込みしたり、別のページに移ったりすると再びAdblock Plusが機能し始めます。

オンなのに一部の広告が表示される理由

2つの可能性が考えられます。1つ目は読み込みを防ぐリストに登録されていない可能性。2つ目は「好ましい広告」である可能性です。

初期設定で、Adblock Plusは「好ましい広告」として認められている広告は表示するようになっています。設定を変えることで「好ましい広告」も読み込まないようにできます。

Adblock Plusを開き、画面下のボタンをタップします(左)。【Acceptable Ads】を開きます(右)。

Adblock Plus
Adblock Plus


「Allow some non-intrusive ads」をオフにします。

Adblock Plus


この設定をオフにしても表示される広告は、Adblock Plusが利用している『EasyList』に未登録である可能性があります。

The Official EasyList Website

「好ましい広告」とは?

申請された広告や広告を載せているウェブサイトを、27,000以上のメンバーが参加する公開フォーラムが審査します。以下の条件に合うと判断された場合は「好ましい広告」として登録され、非表示にはなりません。

  • 腹立たしい広告ではないこと
  • ユーザーが読もうとしているコンテンツを邪魔したり歪めたりしないこと
  • 広告であることが明らかであること
  • 大げさな表現や効果を使わなくても効果的な広告であること
  • ウェブサイトに合った、適切な広告であること

コンテンツブロッカー『Crystal』も近く、この「好ましい広告」に対応する予定です。
コンテンツブロック『Crystal』が一部の広告を表示できるように、その理由は?

もっと多くの機能が必要な場合は、同じ開発元からリリースされている『Adblock Browser』をお試しください。
iOS 9にしなくてもコンテンツブロックができるアプリ知ってる?

他のコンテンツブロッカーや便利アプリのまとめはこちらから!

他のコンテンツブロッカーや便利アプリをまとめてご紹介しています。ぜひご覧ください。

iPhoneのSafariで広告をブロックする『コンテンツブロッカー』まとめ

便利アプリまとめページ

Adblock Plus (ABP) ・販売元: Eyeo GmbH
・掲載時のDL価格: 無料
・カテゴリ: 仕事効率化
・容量: 8.2 MB
・バージョン: 1.0
参考になったらシェアお願いします!
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!
Twitterをフォローする → AppBank(@appbank)

オススメ