【iOS 9】Safariで「ペースト→検索・開く」の手間を省く小技

コピーした単語で検索したい・コピーしたアドレスを開きたいとき、どうしていますか?

Safari


Safariのアドレスバーをタップし、ペーストしてキーボードの【開く】ボタンを押す。文字にすると簡単ですが、片手でやろうとするとけっこうな手間です。

この手間を省く、ちょっとした技をご紹介します。

アドレスバーを長押しで解決!

単語・ウェブサイトのアドレスをコピーしたら、Safariのアドレスバーを長押しします。

Safari


テキストをコピーした場合、【ペーストして検索】というボタンが現れます。これをタップするとペースト→検索を自動で実行します。

Safari


ウェブページのアドレスをコピーした場合、【ペーストして開く】というボタンが現れます。これをタップするとペースト→ウェブページを開くを自動で実行します。

Safari


ウェブページを表示しているときも使える

ウェブページを表示している状態でも、アドレスバーを長押しすることで【ペーストして検索】・【ペーストして開く】は使えます。

Safari


iPhoneを片手で使うときに、ぜひお試しください。

参考になったらシェアお願いします!
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!
Twitterをフォローする → AppBank(@appbank)
Facebookページをいいねする → AppBank

オススメ