メールを書きながら別の作業ができる「タブ」の使い方

151015_io_mail - 3
151015_io_mail - 7


標準のメールアプリで「タブ機能」が使えるって知ってましたか?

書いている途中に受信メールをチェックしたり、1つのメールを書きながら別のメールを書いたりできます。メールアプリを頻繁に使う方はチェックしよう。


メールでタブ機能を使う

画面右下のボタンをタップすると、新規メールを作成できます。

151015_io_mail - 1
151015_io_mail - 2


下書きの状態で件名をタップし下にスワイプすると、メール画面が下に隠れます。複数の下書きメールをしまうことができますよ。

151015_io_mail - 3
151015_io_mail - 4


もう一度件名をタップするとタブに切り替わり、先ほどのたメールが表示されます。

書いている途中に受信メールをチェックしたり、1つのメールを書きながら別のメールを書いたりできます。

151015_io_mail - 5
151015_io_mail - 6


下書き中のメールを左にスワイプすると、下書きフォルダに保存されます。

151015_io_mail - 7
151015_io_mail - 8


いちいち下書き保存をすることなく、メールを書いている途中に別の作業ができます。メールアプリを頻繁に使う方は、覚えておくと便利ですよ。

参考になったらシェアお願いします!
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!
Twitterをフォローする → AppBank(@appbank)
Facebookページをいいねする → AppBank

オススメ