[レビュー] AppBankのバックプロテクターにバンカーリングを付けるとどうなる?

よく聞かれる質問に答えます。

back_bumper - 1


よくAppBank Storeの商品ページで、「iPhoneの背面を守ってくれる『AppBankのバックプロテクター』と、落下防止アイテムとして人気の『AppBankのバンカーリング』は一緒に使えるの?」という質問を聞かれます。

よくいただく質問なので、実際に使ったらどうなるのか検証してみました。

一応付けられる

結論から言いますが、バックプロテクターにバンカーリングは付けられます。

back_bumper - 2


普通に持ち上げても大丈夫。
ぜんぜんビクともしません。

back_bumper - 3


と、調子にのってプラプラさせていたら・・・

back_bumper - 4


バンカーリングが外れてしまいました。

▼落ちかけたiPhoneを慌てて支えるの図
back_bumper - 5


何度も貼って剥がしてを繰り返したバンカーリングを使用したため、粘着力が落ちて外れたようです。

back_bumper - 6


粘着力が落ちているものは注意

長年使っていたり、ケースを何度も変えながらバンカーリングを使っていたりすると、接着面の粘着力が落ちてすぐに外れてしまう可能性があります。

バックプロテクターも何度か貼って剥がしてを繰り返して粘着力が落ちていると、バンカーリングを持ったときバックプロテクターごとiPhoneから剥がれてしまうこともあります。

一応併用はできますが、どちらも新品を購入するなどして粘着力が高い状態で使うようにしましょう。
※新品でも剥がれる可能性はあるので注意してください。

バックプロテクター 一覧

AppBankのレッドバックプロテクター

iPhone 6s Plus/6 Plus用はこちら → AppBankのレッドバックプロテクター

AppBankのゴールドバックプロテクター

iPhone 6s Plus/6 Plus用はこちら → AppBankのゴールドバックプロテクター

バンカーリング 一覧

AppBankのバンカーリング レッド

AppBankのバンカーリング ゴールド

AppBankのバンカーリング ローズゴールド

▼AppBankのバックプロテクターをチェック▼

iPhone 6s、iPhone 6s Plusアクセサリーまとめ

ハードケース、バンパー、カードが入るケース・・・
ケースのタイプで探せるアクセサリーまとめはこちら!
iPhone 6s、iPhone 6s Plusのケース・グッズまとめ! どんどん追加中!

あると便利なiPhoneアクセサリ

[1m]高耐久 小型コネクタLightningケーブル iCable
Apple 純正Lightningケーブルよりコネクター部分が薄くて小さい、アルミニウム合金製ケーブル。

[20,100mAh]Anker PowerCore
iPhone 6に5回以上フル充電可能。iPhone 6s/6s Plusにも最適です。

参考になったらシェアお願いします!
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!
Twitterをフォローする → AppBank(@appbank)
Facebookページをいいねする → AppBank

オススメ