写真に矢印を描ける注釈アプリ『Skitch』がサポート終了に

便利なアプリがまた1つ、姿を消します。

Skitch


(© Evernote Corporation 以下同じ)

開発元のEvernote社は、『Skitch』のアップデートは今後行わず、アプリ自体も2016年1月22日以降はダウンロードできなくなることを発表しました。

Skitchは、写真・地図・ウェブページなどに矢印や文字を描き込める注釈アプリ。描き込みを加えたデータは、メールやメッセージで送れます。

同等機能はEvernoteアプリで

Evernote社は、同社のアプリ『Evernote』で同様の機能を提供しているので、Skitchサポート・公開終了後はEvernoteを使うように勧めています。

Evernote


ただし、これらの機能はEvernoteのアカウントがなければ使えません。

Evernote Evernote(iTunesでのレビュー評価:


アプリは使い続けられるが・・・

アプリ公開終了後も、Skitchを使い続けることができます。ただ、新しいバージョンのiOSや新しいiPhoneでは動かない可能性もあります。

参考

お知らせ: Clearly、Evernote for Pebble、Skitch の一部バージョンのサポート終了について – Evernote日本語版ブログ

Skitch: 撮る。描き込む。共有する。 ・販売元: Evernote
・掲載時のDL価格: 無料
・カテゴリ: 仕事効率化
・容量: 40.9 MB
・バージョン: 3.4.1
参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!