死ぬと宣告された末期がんの男性が「ゲーム開発」でがんを克服。1月21日に無事リリース決定

2015_1211_bomber1 - 1 (1)


(引用元:Butterscotch Shenanigans)

ゲームの開発秘話が話題を呼んでいます。

そのゲームとは、アクションRPG『Crashlands』。PC/スマートフォン向けに1月21日にリリースも決定している。

<以下、AUTOMATONより要約>



このゲームの開発会社「Butterscotch Shenanigans」は、兄のサム氏と弟のセス氏の2人が中心となって構成されている会社だ。

いくつかのモバイルゲームを開発していたが、2年前に当時23歳であった兄サム氏の体に異変が訪れる。その正体は悪性リンパ腫だった。ステージは既にb(末期状態)まで進んでおり、治療をはじめなければ数週間で死に至ると医師に告げられた。

サム氏は『Extreme Slothcycling』という「ロボ掃除機ルンバが落ち葉を集めサンダルを履く」というゲームの開発をしていたが、自分の人生最後の作品はこのゲームにしたくないと弟のセス氏に伝えた。すると、「兄弟愛」か「がん」という現実からの逃避かは不明だが、兄サム氏の気持ちを快く受け入れた。

その日からサム氏は、がんに「くたばれこの野郎」という気持ちを抱きながら、毎日ゲーム開発へ没頭。病院であろうとも、吐き気に襲われようとも、とにかく働きたかったそうだ。そして、このルンバゲームがのちの『Crashlands』となる。

トレイラームービー

何も僕を止められない

再診察した結果ガンは更に悪化していた。幹細胞の移植や放射線治療などを経験し、二度の移植手術を受け、他人の臓器を体に馴染むまでの凄まじい痛みに耐え、1日20錠の薬を飲みながら仕事をこなしたそうだ。

それから2年間にわたり、サム氏ががんと闘い続けた結果、医師から「私自身も信じられないが、自信を持って言える。がんは消滅したよ。」と正式な告知を受ける。サム氏は一瞬時が止まったように感じたが、その後すぐに視界は明るくなる。

サム氏はこう言った、「“僕は成し遂げたんだ!”

そして、がんから解放された24時間後に『Crashlands』の発売日が告知された。もはやゲームの発売を止めるものは何ひとつない。

“がんが僕のすべてを変えたよ。死ぬかもしれない運命を感じて、自分と向き合って最高の2年間をすごしてきた。不安や鬱、吐き気や頭痛ですら僕のゲーム開発を止められなかった。すべての苦しみをゲーム開発の喜びに変えてやったんだ。がんなんて、ぶっ飛ばしてやればいいんだよ!”

2015_1211_bomber1 - 1 (4) リリースは1月21日とせまっています。彼の人生をかけたゲームを、ぜひみなさんもプレイしてみてください。


公式サイト

Butterscotch Shenanigans

参照

末期がんに苦しんでいた開発者、痛みや苦しみを『Crashlands』の開発に注ぎ克服。「がんが僕のすべてを変えた」 | AUTOMATON

参考になったらシェアお願いします!
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!
Twitterをフォローする → AppBank(@appbank)

オススメ