iPhoneになんでも朗読させる方法

スピーチ


読む暇がない、目が疲れていて読む気になれない。そんなときはiPhoneのスピーチ機能を使い、文章を読み上げてもらいましょう。

朗読中に別のアプリを使うこともできます。

朗読させる方法

設定アプリの【一般】→【アクセシビリティ】→【スピーチ】を開きます。

スピーチ


「画面の読み上げ」をオンにしたら、設定アプリを閉じます。

スピーチ


たとえばウェブページを朗読させる場合、Safariでウェブページを開きます。

それから画面上端を2本指でタップ。そのまま下に動かして、指を離しましょう。すると、朗読が始まります。

スピーチ


アプリを切り替えても朗読し続ける!

この機能は、アプリを切り替えても朗読し続けます。ウェブページを読み上げさせつつメールやSNSのチェックなど、ほかのアプリが使えます。

スピーチ


ウェブページを上手に読ませるコツ

Safariのリーダー機能を使いましょう。多くのウェブページがすっきりとした見た目になり、iPhoneが朗読しやすい状態になります。

この機能が使えるウェブページでは、アドレスバーの左側に【≡】ボタンが現れます。これをタップしましょう。

Safari


この機能はウェブページを解析し、本文と考えられる部分を抜き出します。そのため、ウェブページによっては本文がきちんと抜き出せないことがあります。

朗読をコントロールする

画面の端にうすく表示される【>】をタップしましょう。

スピーチ


すると、朗読をコントロールするボタンが現れます。それぞれの機能は以下の通りです。

スピーチ


声を変える方法

声がいまいち合わない。そんなときは朗読する声を変えることもできます。

設定アプリの【一般】→【アクセシビリティ】→【スピーチ】→【声】→【日本語】を開き、好みの声を選びましょう。

スピーチ


声によっては追加でデータをダウンロードする必要があります。不要なデータは画面右上の【編集】で削除できます。

声が変わらない場合も

Siriの男声・女声を設定しても、なぜかKyokoで読み上げられる場合があります。その理由は分かっていません。

原因をご存知の方がいましたら、コメント欄で教えていただけると幸いです。

参考

Listen — 500ish Words — Medium

参考になったらシェアお願いします!
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!
Twitterをフォローする → AppBank(@appbank)
Facebookページをいいねする → AppBank

オススメ