とあるRSSリーダーが快適すぎる2つの理由

Inoreader


(© Innologica Ltd)

今回ご紹介するのは『Inoreader』というウェブサービスです。

RSSリーダーを使ったことがある方なら、1度は経験するはずの「ある悩み」を解決できます。

Inoreaderって何?

さまざまなウェブサイトで配信されるRSSをチェックし、新着情報を1か所でまとめてチェックできるRSSリーダーの機能を提供するサービスです。

iPhone・iPadでは公式アプリのほか、ReederMr. Readerといった他社製のRSSリーダーアプリとも連携できます。

Inoreader


理由その1:ルールでRSSをフィルタできる

RSSにはユーザーの好みを学習し、ニュースを自動で選別する機能はありません。日々大量に届く情報から、必要なものを見つけ出さねばなりません。

そこでInoreaderは、ルールを導入。条件に合う新着情報にスターを付けたり、不要な情報は既読にしたりといった自動化ができます。メールのフィルタと同じです。

Inoreader


(© Innologica)

公式アプリに通知を送ることも可能なので、気になるニュースが届いたときに通知させるといった使い方もできます。

フィルタリングはInoreaderのサーバで行うので、Reederなどの他社製アプリを使っていてもOK。設定はSafariなどのブラウザで行います。

理由その2:Twitterもチェックできる

Twitterを情報収集のツールとして使っている方に朗報です。気になるTwitterアカウントを登録し、RSSと同じ感覚でツイートをチェックできます。

Inoreader


(© Innologica)

しかも、ツイートにはRSSと同じルールを適用できるので、自分が必要なツイートだけをチェックすることも可能です。

InoreaderはTwitterのほか、Facebookにも対応しています。

ルール同様、情報の取得はInoreaderのサーバで行われるので、他社製アプリでもツイートやFacebookの新着情報をRSSと同じようにチェックできます。

本格的に使うなら有料プラン必須

無料プランでは、追加できるルール・Twitterアカウント・Facebookフィードは各1件まで。有料のPlusかProfessionalプランで、件数はそれぞれ20件以上になります。

いきなり有料はちょっと・・・という方には、30日間の無料お試し期間があります。

Inoreaderにログインした状態で、以下のページを開きます。

Inoreader – Upgrade

iPhoneのSafariで開いた場合、再読み込みボタンを長押し。

Inoreader


【デスクトップ用サイトを表示】をタップします。

Inoreader


【Start Free 30-day Trial】をタップすると、Professionalプランのお試し期間が始まります。

Inoreader


(© Innologica)

なお、Plusプランは年間29.99ドル(約3,600円)、Professionalプランは年間49.99ドル(約6,000円)です。

今回ご紹介した以外にも、Inoreaderには便利な機能がそろっています。こちらのページでまとめて紹介されていますので、ぜひご覧ください。

Inoreader – The content reader for power users who want to save time.

Inoreader - RSS&ニュースリーダー ・販売元: INNOLOGICA OOD
・掲載時のDL価格: 無料
・カテゴリ: ニュース
・容量: 13.4 MB
・バージョン: 4.6.2
参考になったらシェアお願いします!
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!
Twitterをフォローする → AppBank(@appbank)
Facebookページをいいねする → AppBank

オススメ