Facebookアプリのバッテリー問題が再燃?

Facebook


(© Facebook, Inc.)

iPhoneのバッテリーの持ちが悪い原因は、『Facebook』の公式アプリかもしれません。

実験

ウェブサイト『The Guardian』が行った実験では、7時30分から22時30分までiPhone 6s Plusを普段通り使い、バッテリーの減り具合を記録。これを7日間行ったそうです。

FacebookはSafariから利用する形とし、Facebookを使う時間・目的は公式アプリを使っている時と同じにした、としています。公式アプリは削除した状態です。

結果

この実験の結果、Facebookアプリを使っていた時と比べ、バッテリーの残量は平均して15%以上多かったとしています。

このテストをほかのiPhoneユーザーにもやってもらったところ、同じような結果になったと報じています。

アプリが原因?

このことから、Facebookアプリはより多くのバッテリーを消費している可能性が考えられます。なぜバッテリーを15%ほど多く消費するのか、その理由は不明です。

昨年にはFacebookアプリの不具合により、iPhoneのバッテリーを大量に消費してしまう問題が発生していました。
Facebookのバッテリー消費問題に終止符? 最新版で対策済みと発表

これと同じような不具合が最新バージョンにもあるのでしょうか。あるいは、アプリが何らかの処理を行うためにバッテリーをより多く消費するのかもしれません。

Facebookの広報担当者によれば、この問題は現在調査中とのこと。公式アプリに何らかの修正や改良は施されるのでしょうか。

参考

Uninstalling Facebook app saves up to 15% of iPhone battery life | Technology | The Guardian

Facebook ・販売元: Facebook, Inc.
・掲載時のDL価格: 無料
・カテゴリ: ソーシャルネットワーキング
・容量: 111.1 MB
・バージョン: 48.0
参考になったらシェアお願いします!
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!
Twitterをフォローする → AppBank(@appbank)
Facebookページをいいねする → AppBank
AppBankの事前登録サイト『ゲームコネクト
「PS4」プレゼントキャンペーンが『ゲームコネクト』で開催中。メールアドレスさえあれば、誰でも簡単に応募できますよ。今すぐ申し込みましょう!

「PS4」プレゼントキャンペーン中

オススメ