ソフトケースは人気がない。でも『フィンガーバンド付きケース Joyroom』はかなりイケてると思う。

iPhone歴6年半目にしてようやく最高のソフトケースに出会いました。

joyroom2 - 1


iPhoneのケースにはさまざまなタイプがあります。

もっとも一般的なハードケース、レザーなどの手帳型ケース、アルミ素材のバンパー、落下に強い耐衝撃ケース・・・そのなかにTPUなどのやわらかい素材でできた「ソフトケース」というのがあります。

全ケースのジャンルのなかでも、今ひとつ人気のないソフトケースですが、やっと全力でオススメできるソフトケースと巡り会いましたよ・・・!

そのケースは『Joyroom』

ぱっと見はなんの変哲もないケースです。

joyroom - 04


が、なんと背面に落下防止ベルトを内蔵!この発想はなかった。超ナイスアイデアです。

joyroom - 05


ソフトだから指が痛くならない

私fan(@aifan1217)は、iPhone 6 Plusを使っています。 ですが、手が小さいんです。ピアノで1オクターブ届かないくらい。

片手でiPhoneを操作するときはつねに落下の危険との戦い。

joyroom2 - 2


なんですが・・・落下防止リングは苦手なんです。なぜなら指に当たるところが痛くなるから。

joyroom2 - 3


その点、Joyroomはふにゃふにゃ曲がる柔らかいベルト仕様。指のどこに当たっていても、痛くなりません。

iPhoneは長時間使うものだから、こういう部分は地味に大切です。


保護力が高い

ハードケースの多くは、操作しやすくするためにボタン周りがくりぬかれています。

でもJoyroomをはじめ、ソフトケースは柔らかい分ボタンを覆っても操作できるので、ボタンがしっかりカバーされているんです。

joyroom2 - 4


側面全体が覆われていると、手に持ったときにケースの段差がひっかかることもないですし、全体に統一感が出ます。

この触り心地はソフトケースならではの良さですね。

joyroom2 - 5


見た目がオシャレ

また、ベルト部分をそれと気づかせないデザインも素敵です。機能重視のケースは「見た目がちょっと・・・」というものも多いですが、やっぱり見た目は好みな方が長く愛せます。

joyroom2 - 6


メタリックな色に、ほどよく雰囲気の出る立体的な形、iPhoneの背面が透けるチェック模様も全部が好み!

joyroom2 - 7


唯一の不満点は「黄ぐすみ」

TPUという素材の特性なので、仕方ないのですが、クリア部分がやや黄ぐすみしています。

下の写真はシルバーのiPhoneにグレーのJoyroomを装着した状態。iPhoneの背面が透けている部分がゴールドががって見えます。

「iPhoneそのままの色にこだわりがある!」という人はちょっと気になるかもしれませんね。

joyroom2 - 8


フィンガーバンド付きケース Joyroom商品一覧

iPhone 6s/6用

iPhone 6s Plus/6 Plus用

ソフトケースだからといって食わず嫌いをしてきたのは損だったなぁ、と思わせてくれたケースです。ほんといいですよ、コレ!

▼Joyroomをチェック▼

アクセサリーのまとめはこちらから!

他のiPhone 6s、iPhone 6s Plusアクセサリーなどをまとめてご紹介しています。ぜひご覧ください。

iPhone 6s、iPhone 6s Plusのケース・グッズまとめ! どんどん追加中!

アクセサリーまとめ! どんどん追加中!

参考になったらシェアお願いします!
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!
Twitterをフォローする → AppBank(@appbank)
Facebookページをいいねする → AppBank

オススメ