【驚愕】私の位置情報は分単位で記録されていた

3月3日追記:ユーザー様に誤解を招くタイトル・記事内容になっていたため、記事を修正いたしました。申し訳ありませんでした。

唐突ですが、皆さんは1ヶ月前の夜どこにいたか覚えていますか?普通覚えていませんよね。

でもね、その手に持っているiPhoneはあなたの「位置情報」を記録しているかもしれませんよ。

位置情報サービスについて

あなたのiPhoneの設定を確認してみましょう。「設定」から「プライバシー」へ進みます。次に「位置情報サービス」をタップ。

furuta_201601
furuta_201602



続いて「システムサービス」をタップ。最後に「利用頻度の高い位置情報」をタップします。

furuta_201603furuta_201604


furuta_201605するとあなたがよく行く場所がいくつか記録されています。

おおまかな住所や訪れた日時まで記録されています。

次は細かな履歴を見て行きましょう。表示された履歴をタップしていきます。


「利用頻度の高い位置情報」とは?

利用頻度の高い位置情報は、予測交通経路指定のようなユーザに合わせたサービスを提供する際に使われるものです。

また、「利用頻度の高い位置情報」は、ユーザーの同意なしにAppleに送信されることはありません。

furuta_201606
訪問回数住所まで記録されています。

この時点でiPhoneを持ち歩くのを止めようかと悩みます。

次にその場所をタップしてみると…。

※プライバシー保護で細かなマップは消しています


furuta_201607

なんと!!!!!!!

細かな滞在時間まで記録されているではないか!!!!

2/6 19:07~20:28は外で食事をしていたようです。


履歴は消去できる

「利用頻度の高い位置情報」の一番下にある「履歴を消去…」をタップしよう。

履歴を消去をもう一度押せば消去が完了します。

furuta_201608
furuta_20160911



バッテリーの節約もできる

利用頻度の高い位置情報は、「オフ」にしておくと、バッテリーの節約になります。この機能を利用しない方は、設定アプリから変更できますよ。

furuta_2016010
furuta_2016011


3月3日追記:「利用頻度の高い位置情報」について

「利用頻度の高い位置情報」のデータは、デバイスに保存されるだけで、ユーザーの同意なしにAppleに送信されることはありません。

3月2日の公開時点で、ユーザー様に誤解を招くようなタイトル、記事内容となっておりました。申し訳ありませんでした。

Appleのサポートページはこちらです → iOS 8 および iOS 9 のプライバシーと位置情報サービスについて

参考

あなたの行動、実は記録されています!iPhoneの「行動履歴」の見方と削除方法

▲ 参考になったら押してみよう! ▲

AppBank 全力プッシュ!

オススメ