【警視庁】スマホで犯罪情報がみれる防犯アプリを提供

2016_0225_bomber1 - 1


警視庁が、犯罪情報をリアルタイムで確認できる防犯アプリ『Digi Police』をリリースした。

このアプリは警視庁犯罪抑止対策本部が企画したもので、犯罪情報を提供するのは全国初の試みとなる。

警視庁公認の防犯アプリ

犯罪情報を確認できるマップ

警視庁マップは、不審者情報、痴漢、ひったくり、特殊詐欺など、危険なエリアをリアルタイムの情報で発信している。何かが起きている場所は赤く表示されるため、家族・友達と出かける前やお子さんの学校近辺を事前にチェックすることで、事件に巻き込まれる確率を減らすことができそうだ。

2016_0225_bomber1 - 2
2016_0225_bomber1 - 1 (1)


公開捜査の情報

普段みなさんが目にしないような事件も公開されており、目を通しておくだけでも事故を未然にふせげるかもしれない。また、詳細情報ではワンタップでカンタンに情報を提供することができるため、もし何かあれば活用していただきたい。

2016_0225_bomber1 - 1
2016_0225_bomber1 - 2-1


防犯ブザー機能

一般的な音がなる防犯ブザーのような機能がついている。音はそこまで大きくないが、マナーモード中でも鳴るようになっているため、何か危険を感じた時は使って防衛線をはるのがよさそうだ。

2016_0225_bomber1 - 1 (1)
2016_0225_bomber1 - 2


また、この防犯ブザーは家族でぜひ使ってほしい機能がついている。
防犯ブザーを鳴らした時に、自動的に設定しておいた人物へメールが送信される。防犯ブザーを鳴らした住所と警視庁の連絡先が記載されているため、すぐに連携をとることが可能だ。

2016_0225_bomber1 - 1
2016_0225_bomber1 - 2


そのほかにも、どこに連絡すれば分からない時に使いやすい相談窓口や、詐欺に関する情報、遊びゴコロでちょっとした萌えキャラクターなども登場するぞ。

2016_0225_bomber1 - 1 (1)


© 2016 Dawn Corp.

まとめ:家族で使ってほしい

2015_1211_bomber1 - 1 事前にこのアプリで犯罪情報をチェックするだけでも事故を未然に防げるかもしれません。いつ、何が起きるかは誰も予測ができません。ぜひ、このアプリを活用して大切な人を守れるようにしましょう。


Twitterのフォローお願いします!→ ボンバーのTwitterはこちら


Digi Police ・販売元: dawn corp.
・掲載時のDL価格: 無料
・カテゴリ: ナビゲーション
・容量: 29.3 MB
・バージョン: 1.2
▲ 参考になったら押してみよう! ▲
AppBankの事前登録サイト『ゲームコネクト
フリック1つで超爽快!ぶっとびアクション『スマッシュ&マジック』の事前登録が開始!
事前登録人数に応じて、貰える「サファイア」が増えていくぞ!

スマッシュ&マジック

AppBank 全力プッシュ!

オススメ