Google カレンダーをiPhoneで共有する方法

Google カレンダー


『Google カレンダー』のカレンダーを共有すれば、グループで予定や空き時間の有無がチェックしやすくなります。

カレンダーを共有する方法

SafariでGoogle カレンダーにログインしましょう。

Google カレンダー

設定はデスクトップ版のGoogle カレンダーで行います。もしモバイル版が表示されたときは、ページの一番下にある【デスクトップ】をタップしましょう。

Google カレンダー


(© Google)

画面左側にある「マイカレンダー」横の【▼】をタップし、メニューの【設定】をタップします。

Google カレンダー


(© Google)

カレンダーの一覧が表示されるので、画面右側の共有したいカレンダーの【このカレンダーを共有】や【共有: 設定を編集】をタップしましょう。

Google カレンダー


(© Google)

「特定のユーザーと共有」にある入力欄に相手のメールアドレスを入力。権限を選んで【ユーザーを追加】をタップします。

Google カレンダー


(© Google)

これでカレンダーの共有は完了です。相手のGoogle カレンダーに、共有したカレンダーが自動で追加されます。

相手がGoogle カレンダーを使っていない場合、カレンダーを一般公開すれば共有できます。しかし、誰でも予定をチェックできる状態となるのでお勧めできません。

共有カレンダーをiPhoneに同期する方法

次は、カレンダーを共有してもらった際の操作です。というのも、iPhoneとGoogle カレンダーを連携させていても、共有カレンダーはそのままでは表示されないからです。

そこでGoogle カレンダーの設定を変えましょう。

以下のGoogleの設定ページを開きます。Google アカウンでのログインが必要です。

iPhone の同期設定 – Google

「共有カレンダー」にあるカレンダーにチェックを入れ、【保存】をタップします。

Google カレンダー


(© Google)

これで共有カレンダーがiPhoneでも表示できるようになります。

カレンダーアプリを開き、画面下の【カレンダー】をタップします。

Google カレンダー


カレンダーの一覧に共有カレンダーが追加されていればOK。タップしてチェックマークを付ければ、カレンダーアプリに予定が表示されるようになります。

Google カレンダー


共有カレンダーが見当たらないときは、リストを下に引っ張って更新しましょう。

Google カレンダー


参考

Apple カレンダーとの同期 – カレンダー ヘルプ

▲ 参考になったら押してみよう! ▲
AppBankの事前登録サイト『ゲームコネクト
フリック1つで超爽快!ぶっとびアクション『スマッシュ&マジック』の事前登録が開始!
事前登録人数に応じて、貰える「サファイア」が増えていくぞ!

スマッシュ&マジック

AppBank 全力プッシュ!

オススメ