もしものときに備えて持っておきたいモバイルバッテリー

anker3 - 1


東日本大震災から今年で5年が経ち、災害について思いを巡らす時期がやってきました。

もし職場で災害に遭い、家に着くまでの間にiPhoneのバッテリーがなくなってしまったら・・・家族と連絡を取ったり、現在の状況を知ることが、かなり難しくなってしまいますよね。

そんなときに普段からできる災害への準備が、モバイルバッテリーをいつも持ち歩いておくことです。

モバイルバッテリーは、どんなときに役に立つの?

モバイルバッテリーはコンセントが近くにない状況で、iPhoneを充電するのに役に立ちます。

もちろん、停電時でもiPhoneを充電可能です。

anker3 - 1 (2)-1


オススメは『Anker PowerCore 10,400mAh モバイルバッテリー』です。このバッテリーはiPhone 6sを4回フル充電できる容量があります。

災害にあったときに帰宅困難者となり、その日のうちに自宅に帰り着くことが難しかったとしても、4回フル充電できるバッテリーを確保できていれば、家族との連絡や情報収集は問題なくできるでしょう。

mobile - 1


しかもAnker PowerCore 10,400mAhはズボンのポケットに入るコンパクトさ。日頃から通勤用のバッグに入れてカンタンに持ち運べます。

また、長期間使っていない場合も、自然と放電してしまいモバイルバッテリーの充電が減ることが少ないので、いざという時にちゃんと使えるという安心感もありますね。

anker3 - 3


最大56時間通話できるだけの容量

では、実際どのくらいの間、iPhoneのバッテリーを保たせることができるのでしょうか?ここではiPhone 6sをベースに解説します。

Anker PowerCore 10,400mAhメーカーの公式発表によると、iPhone 6sが最大4回フル充電できます。

anker3 - 4


新品のiPhone 6sは、充電満タンだったときの連続通話時間が最大14時間。(注1)

このAnker PowerCore 10,400mAhは、iPhone 6sをフル充電4回分できる容量があり、単純計算で14時間×4回=56時間連続で通話できることになります。

2日間以上、iPhoneバッテリーをコンセントからの充電なしで維持できるのは、非常に心強いですね。

(注1:http://www.apple.com/jp/iphone-6s/specs/

災害時にそなえよう

ポケットに入るほど小さいのに、大容量なAnker PowerCore 10,400mAh。

今までモバイルバッテリーを持っていなかった人は、いつ遭遇するかわからない災害に備えて、Anker PowerCore 10,400mAhを持っておくと、役に立つこと間違いなしです。

▼Anker PowerCore 10400をAppBankStoreでチェック▼

アクセサリーのまとめはこちらから!

他のパズドラが快適になるグッズやアクセサリーなどをまとめてご紹介しています。ぜひご覧ください。

パズドラが快適になるグッズまとめ

iPhone 6s、iPhone 6s Plusのケース・グッズまとめ! どんどん追加中!

アクセサリーまとめ! どんどん追加中!

参考になったらシェアお願いします!
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!
Twitterをフォローする → AppBank(@appbank)
Facebookページをいいねする → AppBank

オススメ