iPhoneの2つのバックアップ方法を比べる

バックアップ


iPhoneをバックアップする方法は2つあります。1つはiTunes(PC)を使うもの、もう1つはiCloudを使うものです。何が違うのでしょうか?

まとめもぜひご覧ください。
iPhoneをバックアップする方法まとめ

保存場所・必要なもの

iTunesでバックアップすると手元に、iCloudでバックアップすると遠隔地に保存される点で異なります。

iTunes
バックアップ
iCloud
バックアップ
データの保存場所 PC Appleのサーバ
バックアップ時に必要なもの ・PC
・iTunes
・PCの空き容量
・Wi-F
・Apple ID
・iCloudの空き容量

バックアップできるデータ

iTunesバックアップの場合、暗号化も行えば、以下に挙げる以外のデータはほとんどすべてをバックアップできます。

  • iTunes Store・App Storeなどで入手したコンテンツ
  • iBooksに直接保存したPDFファイル
  • iTunesと同期したコンテンツ
  • iCloudフォトライブラリなどに保存された写真
  • Touch IDのデータ
  • Apple Payのデータ

暗号化の手順はこちらでご紹介しています。
iPhoneをiTunesでバックアップする時の注意点

iCloudバックアップの場合、以下のデータをバックアップできます。

  • アプリ・曲・映画・ブックの購入履歴
  • 写真とビデオ(iCloudフォトライブラリ無効時)
  • デバイスの設定
  • アプリのデータ
  • ホーム画面の配置
  • SMS・MMS・iMessageのメッセージ
  • 着信音
  • ビジュアルボイスメールのパスワード
  • 動作状態データ
  • ホームキットの構成

バックアップできるデータの種類は、iTunesバックアップの方が多いことになります。

定期的にバックアップしやすいか

iTunesバックアップにはPCが必要なので、PCを定期的に使う生活を送っているのであれば、バックアップしやすいと言えます。

しかし、iCloudバックアップの場合、Wi-Fiにつなぐ・充電するなどの条件が整えば、毎日自動的にバックアップする仕組みが用意されています。
iPhoneを自動でバックアップする方法

復元にかかる手間

iPhoneを修理・交換したときや、機種変更したときにはバックアップしたデータをiPhoneに戻す・移すための「復元」という作業を行います。

iTunesの場合、PCで復元作業を行います。復元を始めたら、完了まで待つだけです。
iPhoneをiTunesのバックアップで復元する方法【iOS 9版】

iCloudの場合、Wi-Fiを使って復元したあとにアプリなどのコンテンツを再ダウンロードします。iPhoneは再ダウンロード中も使えますが、作業完了までWi-Fiが必要です。
iPhoneをiCloudのバックアップで復元する方法【iOS 9版】

使う環境に合わせて選ぼう

確実にバックアップ・復元したい場合や、定期的にPCを使っていたり、PCを持ち歩く機会が多かったりするのであれば、iTunesバックアップがオススメです。

一方で面倒な操作はしたくない場合や、あまりPCを使う機会がないという場合には、iCloudバックアップがオススメです。

両方でバックアップする方法も

実は、どちらか1つを選ぶ必要はありません。iCloudバックアップをメインに使い、PCとつないだときにiTunesでバックアップする方法があります。
iPhoneを二重にバックアップする方法

手間はかかりますが、iCloudにもPCにもバックアップできるので、万が一の破損や故障でデータを失うリスクを減らせます。

参考

最新情報はAppBankアプリで!

iPhoneの最新ニュースのほか、アプリやアクセサリの使い心地を徹底紹介したレビュー・iPhoneの便利な技・人気アプリのランキングもチェックできます。

もっとiPhoneを楽しむための記事がたくさんつまっていますので、ぜひお試しください!

AppBank.net ・販売元: APPBANK INC.
・掲載時のDL価格: 無料
・カテゴリ: 仕事効率化
・容量: 7.3 MB
・バージョン: 1.1.8
参考になったらシェアお願いします!
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!
Twitterをフォローする → AppBank(@appbank)
Facebookページをいいねする → AppBank

オススメ