iPhoneのバンパー「ネジあり」と「ネジなし」のメリット・デメリット

photo_bumper_screw2016xxx - 1


iPhoneの側面に取り付けて保護するバンパー。フレームのみのシンプルなデザインですが、耐衝撃性が高いモデルもあり、ケースと並び定番グッズのひとつ。

バンパーには装着部分にネジが必要なタイプと、不要なタイプの2種類があります。実は、単に装着方法が異なるだけではなく、それぞれにメリット・デメリットがあるんですよ。

もし、バンパー選びに悩んでいるのであれば参考にしてみてくださいね。

「ネジあり」バンパー

バンパーを装着するとき、ネジを締めてバンパーを固定するタイプがこちら。

メリットは装着したときの安定感

メリットは、装着したときの安定感です。ネジをしっかり締めてiPhoneにバンパーを固定することで、まったくガタツキがなく、まるで一体になったような安定感が魅力。

また、「ネジあり」タイプはデザイン性も豊富。

たとえば、ギルドデザインのバンパーのように、ネジもデザインの一部として無骨なカッコよさを演出する商品もありますし、CLEAVE アルミニウムバンパーのように、極小のネジでスッキリとした印象のバンパーもあるんですよ。

photo_crystal_gild_xs - 1


デメリットは取り付けが面倒

「ネジあり」タイプは、その名の通り装着時にネジを締めなければならず手間がかかります。

また、長期間使っているとネジが緩んでくる場合があり、定期的に締め直さなければならないのです…。

photo_crystal_gild - 4


「ネジなし」バンパー

ワンタッチで気軽に装着できるのが「ネジなし」タイプのバンパー。

メリットは付け外しが簡単なこと!

「ネジなし」タイプのメリットは、付け外しが簡単なこと。ネジや工具など不要で、ツメを引っ掛けるだけという商品が多く、買ってすぐ装着できるのが便利なんですよね。

お手軽なので、色々なケースを付け替えてデザインを楽しみたいという方にもおすすめ。

photo_bumper_screw2016x - 1


デメリットは留め具の耐久性…

ワンタッチで固定するタイプが多いため、「ネジあり」タイプに比べて耐久性が落ちるのがデメリット。

酷使した結果、ツメの引っ掛かりが甘くなってしまったり、壊れてしまうと装着できなくなってしまうことも。ただし、装着するとき、慎重に扱えば全く問題はありませんよ!

photo_bumper_screw2016 - 2


タイプ別のオススメはコレ!

「ネジあり」ならギルドデザインのソリッドバンパー

「ネジあり」タイプのバンパーは、ネジをとことん活かしたギルドデザインのソリッドバンパーがおすすめ。

特に、エヴァンゲリオンコラボモデルのRADIO EVA×GILDdesign ソリッドバンパー は赤いネジがアクセントになっており、カッコいいんですよね。

eva - 2


詳細はコチラ
RADIO EVA×GILDdesign ソリッドバンパー 綾波レイ

「ネジなし」ならAppBankのローズゴールドバンパー

「ネジなし」なら、着脱が簡単なAppBankのローズゴールドバンパーがおすすめです!

ツメを軽く押しこむだけで着脱できるので、はじめて使う方でも気軽に試せますよ。また、光沢タイプやマットタイプなどバリエーションもあるので、お好みで選んでみてくださいね。

rosegold - 01


詳細はコチラ
ローズゴールドバンパー

「ネジあり」「ネジなし」バンパーは、見た目の違いはもちろん機能面の差もあるので、ぜひ、タイプ別に自分にあった商品を選んでみてください!

アクセサリーのまとめはこちらから!

他の基礎知識やアクセサリーなどをまとめてご紹介しています。ぜひご覧ください。

【保存版】ケースや保護フィルムなどiPhoneアクセサリの基礎知識まとめ

アクセサリーまとめ! どんどん追加中!

AppBank Storeのアプリもチェック

ケースや保護フィルムなどiPhoneアクセサリを探すなら、ぜひAppBank Storeアプリからもチェックしてみてくださいね!
AppBank Store

参考になったらシェアお願いします!
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!
Twitterをフォローする → AppBank(@appbank)
Facebookページをいいねする → AppBank

オススメ