ホーム画面の標準アプリを非表示にする方法

iphone_kowaza6
iphone_kowaza7


「Safari」や「FaceTime」など、Appleが開発・配布している標準アプリは、削除することはできませんが、一部を非表示にすることはできます。

使わない標準アプリを非表示にして、ホーム画面をスッキリさせましょう。

設定アプリの「機能制限」を使う

iPhone標準の設定アプリをタップし、【一般】を選択します。次に、【機能制限】をタップ。

iphone_kowaza1
iphone_kowaza2


一番上にある【機能制限を設定】をタップします。すると、パスコードを設定する画面が出てくるので、機能制限用のパスコードを入力してください。

これは、機能制限を解除したくなった時に必要になるパスコードとなります。忘れないように気をつけてください。

また、iPhoneをロックするパスワードとは別のものなので注意してくださいね。

iphone_kowaza3
iphone_kowaza4


iphone_kowaza5すると、制限する機能が選択できるようになりました。アプリ名の右側にあるバーをタップしてオン・オフを切り替えます。

不要なアプリは「オフ」に、必要なアプリは「オン」のままにしておきましょう。


一部の標準アプリが非表示に

「Podcast」、「FaceTime」を「オフ」の状態にしてみました。

するとこのとおり、ホーム画面の標準アプリを非表示にすることができました。

iphone_kowaza6
iphone_kowaza7


非表示にできるアプリはこちら

  • Safari
  • カメラ
  • FaceTime
  • iTunes Store
  • Podcast
  • App Store

最新情報はAppBankアプリで!

iPhoneの最新ニュースのほか、アプリやアクセサリの使い心地を徹底紹介したレビュー・iPhoneの便利な技・人気アプリのランキングもチェックできます。

もっとiPhoneを楽しむための記事がたくさんつまっていますので、ぜひお試しください!

AppBank.net ・販売元: APPBANK INC.
・掲載時のDL価格: 無料
・カテゴリ: 仕事効率化
・容量: 7.3 MB
・バージョン: 1.1.8
参考になったらシェアお願いします!
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!
Twitterをフォローする → AppBank(@appbank)
Facebookページをいいねする → AppBank

オススメ