【むらい】私がこの1年で読んだオススメ漫画を紹介します。

こんにちは!
マックスむらいです。


Twitterはこちら
ぜひフォローを!
マックスむらい(@entrypostman)

YouTubeはこちら
まだの方はぜひチャンネル登録をお願いします!
マックスむらいチャンネル -YouTube


さて、本編ここから!


むらい「よく漫画を読んでます!」

っていろんなところで言っていると思うのですが、
ここ1年ぐらいで読んだ漫画の中で皆様に
来る連休や、日々の潤いに向けておすすめな感じのものを紹介したいと思います。

新し目のものもあれば、すごい昔ものもたくさんあります。

「なんでその漫画を今!?www」
って漫画も結構あるんじゃないかな。。

何度読んだかわからないような漫画でも、
なぜかまた読んでしまう漫画ってありますよね。

ド定番の漫画も多いですが、どうぞご参考に!!

それではジャンルを適当に分けて紹介して行きます!
こんな感じで分けました。
ジャンル分けのセンスが微妙かも。すいません、ご愛嬌で。

  • 冒険・ファンタジー系
  • スポーツ系
  • 大人系
  • ギャグ漫画
  • 10巻未満で未完結。続きはよ!
  • ホラー?奇妙?グロ?系

あと、ibooksで電子版が売っている場合はリンクを入れました。
私は普段、LINEマンガを使って読んでいるのですが、
読みたい場合は各々検索とかされてくださいませ!

あと完結してる場合はタイトルのあとに【完結】ってつけときますね!

冒険・ファンタジー系

鋼の錬金術師 【完結】

錬金術を使うファンタジー漫画です。

絵柄がちょっと子供っぽいかな、、、
ってこの歳(34才)になるまでなんとなく読まずに来たのですが、
読み始めたらやばかった。

第1話目から引き込まれて一気に最終巻まで読み終わりました。

長い連載だと途中テンションだれたりとか、
終わりに近づくにつれて伏線を回収できずにモヤモヤしてしまったりとか、
よくあると思うのですが、
最後の最後まで完璧というか、読み終わった瞬間に素晴らしい気持ちになれました。

あの終わり方は奇跡。

ほんと感動した!!

神さまの言うとおり 【完結】

最近、不条理系漫画?って言ったらいいのかな。

なんというジャンルって言っていいかよくわからないんですけど、
いきなり日常から意味の分からないむちゃくちゃなゲームに巻き込まれて命をかけた戦い!
みたいな漫画ってたくさんあるじゃないですか。
(下の方でも紹介するのですが、漂流教室とかもそうですよね。)

で、そんな漫画が最近ほんと多い。

新連載一覧を見てみると『ほらね、不条理入ってる』みたいな。

その近年の不条理マンガ連載ラッシュブームのきっかけ?
になったのがこの漫画なのですよ、聞いて奥様!

そう知り合いに教えられて読み始めました。

すごい面白かった!
勢いあった!

5巻で完結して、その弐という別シリーズに続いているのですが、
早く続きが読みたい。早く買わなきゃ。

ページ稼ぎとか、話の引き伸ばし、みたいな感覚とは皆無に、
物語がスピーディーに進んでいきます。
面白いです。

神さまの言うとおり(01) – 金城宗幸 & 藤村緋二

神さまの言うとおり(01)
  • ・著者: 金城宗幸 & 藤村緋二
  • ・掲載時の価格: ¥440
  • ・カテゴリ: 少年

HUNTERXHUNTER

言わずもがな!!!
説明不要かと思います。

願わくは週刊少年ジャンプで連載再開したばかりのHUNTERXHUNTERが、
1週でも長く連載されますように。

HUNTER×HUNTER モノクロ版 1 – 冨樫義博

HUNTER×HUNTER モノクロ版 1
  • ・著者: 冨樫義博
  • ・掲載時の価格: ¥400
  • ・カテゴリ: 少年

うしおととら 【完結】

妖怪ものです。
超かっこいいです。
バトルマンガです。
主人公のうしおと、パートナーのとらの2人の関係性に、
その力強さに、友情に、すべてに憧れます。

最後の戦いは圧巻!
太陽を背に、戦う2人を涙なしには見れません。

今、世間では妖怪といえば、ウィッシュ!

・・・あ、それはDAIGOだ。

ウィッス!妖怪執事のウィスパーよろしく妖怪ウォッチだと思うのですが、

・・・さらにその前だと地獄先生ぬ~べ~だと思うのですが、
全部好きなのですけど、うしおととら最高!!

っていうか、妖怪モノの漫画って面白いの多いね!!

俺たちは太陽とともに戦っている!!

進撃の巨人

説明不要かな?
リアルタイムに連載中、かつ、多くのコラボ、映画化などなど
飛ぶ鳥を落とす大ヒット漫画ですね。

いったい自宅の地下室にはいつたどり着けるのか!!
っていうか、読み始めたころは今みたいな展開になるなんて想像もしていませんでした。

物語に何度も裏切られるって素晴らしいことですよね。

毎度毎度、新しい単行本の発売が待ち遠しいです!!

進撃の巨人 悔いなき選択(1) – 諫山創, 駿河ヒカル, 「進撃の巨人」製作委員会 & 砂阿久雁

進撃の巨人 悔いなき選択(1)
  • ・著者: 諫山創, 駿河ヒカル, 「進撃の巨人」製作委員会 & 砂阿久雁
  • ・掲載時の価格: ¥440
  • ・カテゴリ: 少年

幽☆遊☆白書 【完結】

説明不要!!
っていうか、説明不要な漫画多すぎ!!!

マミルトン先生は、幽白は最初の霊界探偵になる前のあたりが大好きらしいです。
たぬきのエピソードとか、何度読んでも泣けるって言ってました。

私は、私の周りでは多くの人が戸愚呂兄弟との戦いあたりを押す幽白ですが、
その後の仙水とか魔界編が一番好きです!!

幽白を読みなおすときは、仙水とか魔界編を気持ちを入れて読むために、
最初から読んでます!

幽★遊★白書 1 – 冨樫義博

幽★遊★白書 1
  • ・著者: 冨樫義博
  • ・掲載時の価格: ¥400
  • ・カテゴリ: 少年

レベルE 【完結】

これも冨樫先生です。
ハンターに幽白の冨樫先生です。

超名作だと思います。
くっそ面白いです。

オカルト宇宙人SF漫画です。

バカ王子
高校生
カラーレンジャー
の大きく3つの話があるのかな。

どれもほんと面白いです!

レベルE 上 – 冨樫義博

レベルE 上
  • ・著者: 冨樫義博
  • ・掲載時の価格: ¥500
  • ・カテゴリ: 少年

スポーツ系

黒子のバスケ 【完結】

私の人生において、バスケ漫画はスラムダンクだけだ。

そんなふうに考えていた時期が俺にもありました。

黒子のバスケ、これだけ社会的に大ヒットしながら、
私が読んだのって去年なんですよね。
ほんとすいません。

主人公は影がとんでもなく薄い幻のシックスマン。

中学時代、日本一を何度も成し遂げた
特徴ありすぎなキセキの世代と呼ばれる同級生たちが
別々の高校に進学し日本一を目指す中、
主人公の黒子はキセキの世代ではない、
全く新しい人物と出会って奇跡を起こしていくみたいな漫画です。

ちなみに、私は緑間真太郎くんが好きです。

黒子のバスケ モノクロ版 1 – 藤巻忠俊

黒子のバスケ モノクロ版 1
  • ・著者: 藤巻忠俊
  • ・掲載時の価格: ¥400
  • ・カテゴリ: 少年

シャカリキ! 【完結】

自転車漫画です。

私が過去、なんかのインタビューで答えた際には、
人生で影響を受けた漫画No.1に選ばせてもらいました。

この漫画を初めて読んだのは高校時代だったような。。
正確な時期は曖昧なんですけど。
いや、、社会人になってからかな?

とにもかくにも、私が精神的にもっとも多感な時期に
読んだことは間違いなく、
それゆえにとんでもなく影響を与えたと漫画なのです。

主人公はとにかく自転車にまっすぐ。
一直線。
他には何も見えない。

好きとか夢中だとかってレベルではなく、
それそのものが人生、生きることそのもの。

それがゆえに天才。
孤高の天才。

私、こういうがむしゃらな無鉄砲な無邪気な真っ直ぐな人物像が
ほんと大好きで、
人生を切り開くってのはこういうことなんだろ、って
読みなおす度に泣けます。
自分の不甲斐なさに!!

シャカリキ!〔ワイド〕(1) – 曽田正人

シャカリキ!〔ワイド〕(1)
  • ・著者: 曽田正人
  • ・掲載時の価格: ¥650
  • ・カテゴリ: 青年

capeta 【完結】

上のシャカリキ!と同じ曽田正人先生の書いたレース漫画です。
これもほんと面白い!!!

シャカリキ!と同じく、天才系の主人公がレース界に戦いを挑みます。

っていうか、曽田正人先生作品で「昴」ってバレエの漫画も、
死ぬほどいい!!

昴はプリシラロバーツが月夜を浴びながら、
スタジオで一人立ちの姿勢を組んでいるシーン、
プリシラロバーツのヘリコプターに昴が乗り込んじゃうシーン、
「あぁ、君もやらされてる系か」ってセリフとか、
ほんとすごい好きです。

この記事はここ1年で読んだ漫画ということで紹介しているのですが、
書いてて昴を読み直したくなりました。
今度買おう。

・・・さて、曽田正人先生作品は全部読むべきかと思います!

ってcapetaの話をあまりしていない!!!

・・・って、私、ほんとすいません!!
おそらく曽田正人先生の作品で一番有名であろう、
「め組の大吾」をまだ読んでないんです。
ほんとすいません!!!

capeta(01) – 曽田正人

capeta(01)
  • ・著者: 曽田正人
  • ・掲載時の価格: ¥540
  • ・カテゴリ: 少年

弱虫ペダル

私の人生において、自転車漫画はシャカリキ!だけだ。

そんなふうに考えていた時期が俺にもありました。

弱虫ペダルを読んだ時の衝撃はすごかった!!

なんだこれ!?
ヤバイ面白い!!!

・・・と思って、
そしたらちょうどhuluでもアニメが配信されてて、
見なきゃと思って見たらアニメも死ぬほど面白くて、

アニメの主題歌、たくさんあるんですけど、
リクライムって歌がすごく好きで、

今日もまた涙をこらえて、
必死こいて求めるアンサー♪

ってヤバイ自転車漕ぎながら口ずさんだりして、
ほんと最高に泣ける。

私が、去年、唐突にロードレーサーにのって、
北海道走ったり、
新宿から富士急ハイランドまで走ったりしたのは、
完全に戸愚呂弟100%を超えた100%、
ようするに120%、弱虫ペダルの影響です。

本気を出したひずみで自分のカラダがぶっ壊れる直前です。

漫画をきっかけとして、
何かの行動にまで、
しかもその行動が私一人の行動ではなく、
他人や会社を巻き込んでの行動にまでいっちゃったってのは、
それほど弱虫ペダルが面白かったからです。

読んだのは去年の春ごろなのですが、だからちょうど1年前ぐらいなのですが、
今、もう一度読みなおそうと書いてて心に決めました。

弱虫ペダル 1 – 渡辺航

弱虫ペダル 1
  • ・著者: 渡辺航
  • ・掲載時の価格: ¥440
  • ・カテゴリ: 少年

孤高の人 【完結】

登山家の漫画です。

フィクションではあるのですが、
実在する登山家「加藤文太郎」さんの生涯を題材とした作品とのことで、
トリハダというか、身震いがします。

これまた私が好きな天才系主人公です。

さらにタイトルからもわかる通り、孤高系です。

私にコンボです。

天才系
孤高系
これで私の好みに2コンボです。

これ系の漫画は、だいたい裏切り、
しかも主人公のそうとう身近な人、信頼していた人からの裏切りがあります。

残酷な裏切りです。

でも、読んでる側からすると、
そんなん最初から裏切る気まんまんやん!!!
バレバレやん!!!
逃げてー!!主人公逃げてー!!!

・・・と思うのですが、
とうの本人だとほんとわからないんだと思います。

というのは、主人公は自分の人生に一生懸命で
それ以外のことにほぼ意識をおいてないんです。
(だからこそ天才たるのでしょう)

で、ここがすごいリアリティ。

会社やってる経営者の方とか、
いろいろと成し遂げたような人?
とかと話をしていると、
そういう話ってほんと多いんです。

そんな話を聞くたびに
胸を切り裂かれるような思いがします。
悲しいです。
でも現実ってのはだいたいそんなもの。。

でも、前を向いて今日もがんばるのです!!

孤高の人 1 – 坂本眞一, 鍋田吉郎 & 新田次郎

孤高の人 1
  • ・著者: 坂本眞一, 鍋田吉郎 & 新田次郎
  • ・掲載時の価格: ¥500
  • ・カテゴリ: 青年

大人系

サンクチュアリ 【完結】

私が知っている限り、
ベンチャーで働いている人とか、
ベンチャー企業経営者の人が推薦する漫画、
1位がサンクチュアリではないでしょうか。

強い絆で結ばれた2人の男が、
日本を表と裏から変えようと奮闘する話です。

一人は政治家として。
一人は暴力団として。

ほんと熱い漫画です。

表の世界も裏の世界もともに、
ドロドロといいますか、いたるところに罠が仕掛けられていて、
それを決死の覚悟で変えていこうという感じかな?

ベンチャー企業で働こう、就職しようって今思う学生って、
何か社会を変えたいとか、
仕組みを変えたいとか、
将来社長になって自分のサービスで世界を変えたいとか、
思ってたりする、、、よね?

思ってないかな?

思ってないなら、この漫画読んどけ!!

サンクチュアリ(01) – 池上遼一 & 史村翔

サンクチュアリ(01)
  • ・著者: 池上遼一 & 史村翔
  • ・掲載時の価格: ¥540
  • ・カテゴリ: 青年

嬢王 【完結】

キャバクラを舞台に、No.1を目指す女子大生が主人公の漫画です。
借金を背負っている主人公なのですけど。

キャバクラ嬢No.1を決める全国大会みたいなものが開催され、
主人公もそこに挑んでいくわけなのですが、
いろんなモチベーションで挑んでくるライバルたちに対して、
非常にピュアな主人公がどう勝ち抜いていくのか!!
という内容。

私自身はキャバクラに全くと言っていいほど行かない人間なので、
その世界をあまり知らないのですが、

そんな純粋で性善説な感じで大丈夫なの?
とか
嘘でしょ、丸腰でライオンの檻に入って行くなんて、、、!!
とか
もっとヒドイこと
とか
も思ってしまいます。

実際はもっとドロドロしてはるんでしょ、、、

とか思っちゃう自分の心がまず汚い!!
私は汚れている!!!

滝に打たれにいってきます。
ありがとうございました。

嬢王 1 – 倉科遼 & 紅林直

嬢王 1
  • ・著者: 倉科遼 & 紅林直
  • ・掲載時の価格: ¥500
  • ・カテゴリ: 青年

月下の棋士 【完結】

将棋漫画です。

出ました。

私好みな、
天才系
孤高系
です。

まず2コンボです。

絵柄が苦手って人はいるかもなのですが、
ほんと面白い漫画なのでぜひ読んで欲しいと思います。

私が以前インタビューで答えた人生に影響を与えた漫画ランキングで、
5位以内に入れました。
(正確な順位を失念。)

名シーン多すぎなんです。

私的な1個目の山場は9巻だったかな、
名人である滝川との対決のシーンです。

盤面を蝶が舞うシーン。
あのシーンがほんと好きで好きで、
たまにあのシーンだけ読みたくて1巻から読みます。

私、特定のシーンが好きで、
そこを読みたいがために、そのシーンに至るまでの全ページを
読みなおす、という読み方をする人間なので。

男ってのは、孤独だなぁ。
戦うってのはこういうことだよな。

戦いの中で癒やされたい時もあるよな、
誰かに頼りたい、すがりたいシーンもあるよな、
でも、男ってのはわがままなもので、
すっとまた戦場にいっちゃうんだよな、
そうだよな、そうだよな、と
いろいろ共感しながら読んだりします。

でも、漫画にしろアニメにしろ映画にしろ、
憧れるシーンってたくさんあるのですが、
それが現実で起こったとしたら、
ほんと大半の人にとって迷惑だな、ってシーン多くて、
想像力を働かせれば働かせるほどに、
裏側というか、現実みたいなものをリアルに想像しちゃうと、
ちょっとシュンとした気持ちに、、、。

でも、それがいい。
そういう読み方が好きだ。

月下の棋士(01) – 能條純一

月下の棋士(01)
  • ・著者: 能條純一
  • ・掲載時の価格: ¥540
  • ・カテゴリ: 青年

東京タラレバ娘

2015年の冬だったと思うのですけど、ネットで話題になってたんです。

『東京タラレバ娘の4巻が、アラサー女子を殺傷しててヤバイ』

みたいな感じで。

そしたら、なんか、、、まさにそういう感じの身近な女性がはまってたんです。
オススメされたんです。

・・・

・・・

・・・読むか。

ということで読みました。

読んだ感想といたしましては、
あまり多くを語りたくないのですが、
すごいよくある感じで、、
あるある話がほんと多くて、
ページを読み進めるたびに、

あぁ〜

って何度もなりました。

んで、ネットで話題になっていた4巻に関しては、
現代において、思ってること言えない系(ツンデレ・・・?)、
草食男子系が増えているのはほんとそう私も思いますので、
ぜひ両者ともにガッツリ積極的になっていただいて、
断られたら傷つくとか、そういうの恐れずに、
ファイしてもらえればと思います。

ファイ!!

東京タラレバ娘(1) – 東村アキコ

東京タラレバ娘(1)
  • ・著者: 東村アキコ
  • ・掲載時の価格: ¥440
  • ・カテゴリ: 女性

ギャグ漫画

魁!! クロマティ高校 【完結】

ギャグ漫画です。

ちなみに、私が知っているギャグ漫画の中でも
相当セリフなどの文字数が多いギャグ漫画です。

登場人物が個性豊かってのを遥かに超越してて、めちゃめちゃ笑えます。

ネットでよく見る有名なセリフ

『それはひょっとしてギャグで言っているのか!?』

は、このクロマティ高校の漫画の中でのセリフです。

主人公はツッコミですが、かなりのボケかましでもあります。

読むきっかけは、今年2月に公開した映画『MAX THE MOVIE』の監督である
山口雄大監督が、以前、クロマティ高校を実写化していまして、
それで気になって原作を買ってみて、
面白すぎてハマった、という感じです。

また、鹿児島ロケの『マックスむらい探検隊』の動画の中で、
北野P扮する現地人の名前が『フレディ』だったと思うのですが、
それは私がちょうどこのロケ中にクロマティ高校を読んでいたのが原因です。

私はその時々に読んでいる漫画にかなり影響されて、
単語を選んでいます。

この話でもう一個余談ですが、
私の有名なセリフ?で、

「俺の必殺技!ギガグラビティ!!」

ってのがあると思うのですが、

そんな気はなかったのですが、
気がつけば定番の名セリフみたいになってるのですけども、
これはその当時、huluで見ていた『仮面ライダー電王』の
『モモタロス』の決めセリフであります。

行け!稲中卓球部 【完結】

ほんと懐かしい。

私の中学校時代の青春の漫画です。
電車の中で単行本読んで、笑い転げた記憶があります。

最強のギャグ漫画ではないでしょうか。
これを超えるギャグ漫画はそうそうないです。

私の中学校時代と言うと、スラムダンクとか、
ドラゴンボールとか、幽☆遊☆白書と言った漫画が
リアルタイムで連載されていました。

そんな中で、異彩を放つ漫画「稲中卓球部」ですよ。

まさに常識はずれ。
スーパークレイジー。

すべてが面白すぎました。
エロさもよかったです。

っていうか、去年、読みなおして、
こんなにエロい漫画が当時連載されてて、
普通に単行本で読んでいたのか、、、と恐ろしさも感じました。

・・・が!!!!
近年、少年誌でもとんでもなくエロい漫画が普通に連載されてて、
湯けむりで股間隠す漫画が普通に連載とかされてて、
私は一人のおっさんとして驚きを隠せません。

すごい時代になったもんだ。

っていうか、稲中卓球部のせいで、
デパートの屋上のパンダの乗り物で死ね死ね団やったりとか、
エレベーターサーブ?のまねをやったりとか、
数えきれないほどの影響を我々世代に与えた漫画だと思います。

今の時代にはまず連載できそうにない表現盛りだくさんの、
超絶オススメギャグ漫画です。

行け!稲中卓球部(01) – 古谷実

行け!稲中卓球部(01)
  • ・著者: 古谷実
  • ・掲載時の価格: ¥540
  • ・カテゴリ: 青年

幕張 【完結】

たまに読みたくなるんですよね。。。
中毒性あります。
この漫画には。

大人になっていろんなものを見て読んで、
今ではいろいろ知っているのですが、
初めて読んだ当時、
漫画家の舞台裏の暴露とか、
編集担当さん?の暴露ネタを漫画にぶっこんでくるとか、
そういうのがほんと新鮮で、
見ちゃいけないものを見ているような
気持ちになったりもしたりして。

下ネタがなんというか、、エグいですよね。
毒舌もかなりエグい。

当然、完結しているわけですが、
終わり方もヤバイ。

私的にはかなり伝説的な、
思春期にとても影響を与えてくれた漫画です。

ラ・ムー
奈良づくし
全宇宙ガチャピン計画!

他の漫画のパロディもめちゃめちゃ多くて、
スティッキー・フィンガーズとか言いながら、
チャックおろしたり(下ネタ)とか、
ほんと好きだった!!

登場人物みんながおっぱいに異様に執着していたりとかも、
ほんとカオス。

幕張 1巻 – 木多康昭

幕張 1巻
  • ・著者: 木多康昭
  • ・掲載時の価格: ¥440
  • ・カテゴリ: 青年

食いしん坊! 【完結】

ギャグ漫画というくくりにまとめてしまってすいません。
ほんとすいません。

ドワンゴの中條Dに進められて読んだ大食い漫画です。

大食いはスピード勝負。

そんなわけで、すごいスピードで
大量に食べるシーンがかなり多いバトル漫画でもあるのですが、

ラーメンを両手に持った箸で、
さましながらすごい勢いで交互に食べる
ハンター錠二の技『二丁食い』。

・・・に代表されるようないろんな名シーンがある大食い漫画です。

しかも二丁食いの効果音は、

ズババババババババババババババババババババーッ!!

です。

勢いがあります。えぇ。

邪道食いと呼ばれる、
ミキサーにかけちゃう系とか、
肉まんを全部お湯でほぐしちゃう系みたいな、
かなり気分が悪くなるようなシーンもあるので、
グルメ漫画を愛してやまない方はご注意を。。。

私もそういうのかなりダメで、
そういう邪道食いシーンはかなりきつかったです。

先日、映画化?(実写化)されたのですが、
それがニコニコで一挙放送されてて、
上にも書いた二丁食いが実写化されていたのですが、
私の思った通りでした。

・・・そんなに早くない。。。

10巻未満で未完結。続きはよ!

僕だけがいない街

映画「傷物語」を見に行った時に、
予告編で『僕だけがいない街』が流れてて、
なにこれ面白そう、と思って読んだのが最初です。

これ、ほんと面白い。

完結していないので、早く続きが読みたくてたまらない一冊です。

絵柄も切ない。
いい絵。

ジャンルはいわゆるタイムリープ?タイムスリップ?系です。

主人公は事故にあうと、その事故を回避するまで
その事故の起こる以前に戻ってしまう
という感じの能力があって、

それが最初は自分の意思じゃなく発動しているのですけど、
だんだん取り除きたい過去に対して、
自分の意志で発動させていく、
それで起こるいろんな事件にぶつかっていく、
という感じの話です。

漫画は時間かかるだろうから、
先に映画見に行こうかな。。。

僕だけがいない街(1) – 三部けい

僕だけがいない街(1)
  • ・著者: 三部けい
  • ・掲載時の価格: ¥700
  • ・カテゴリ: 少年

ダーウィンズゲーム

設定として、すごく現代。

もしかして自分にもこんなことが起こるんじゃないか?
起こったとしたら怖いけどワクワクみたいな。

スマホゲーム

現実世界

仮想世界

超能力バトル

すごくかっこいい登場人物たち

すごいかっこいい絵
が組み合わさった漫画です。

ある日、知り合いからゲームをオススメするメールが届いて、
それを開くと、スマホから蛇が具現化して出てきて噛まれちゃう。

その後、主人公特有の能力が備わり、そのゲームの世界の中で、
戦いに巻き込まれていくっていう話です。

4巻ぐらいだったと思うのですが、
戦いの舞台がそのまんま渋谷で、
私なんて渋谷はある意味、上京してからの地元みたいなところあるので、
やっぱり知っている場所を舞台に繰り広げられる
とんでも設定な物語ってのは惹かれますね。

ほんと面白い漫画です。

ダーウィンズゲーム 1 – FLIPFLOPs

ダーウィンズゲーム 1
  • ・著者: FLIPFLOPs
  • ・掲載時の価格: ¥250
  • ・カテゴリ: 少年

トモダチゲーム

これ、2週間ぐらい前に読んだばかりです。

Twitterとかでオススメされて読んだのですけど、
これまた面白い!

人が他人をどれだけ強く信じられるか?
を試されるゲームに巻き込まれる主人公たち。

信じきれればクリアできる、
けど、
どこかで信じきれなかったり、
逆に裏切ったりしてしまう。

人だからしょうがないですよね。

しょうがない。。

しかも、読めばわかるんですけど、
信じたくても信じ切れないようなシチュエーションに
主人公たちがぶちこまれるんです。

それぞれが葛藤を抱えながら、
心の中の悲鳴が苦悩が伝わってくるかのような、、、
読んでてビシバシきます。

作者の方、設定を考えている方、
ほんと頭いいんだろうな。。

読んでて、ほんと新しいです。
自分自身がその場にいたとしたらどうするだろう、、、
ってドキドキします。
それぐらい没入できます。

過去に読んできた漫画の中でも、
こういう不条理設定に急にぶちこまれて
戦いを強いられる主人公たちっていう漫画ってあるんですけど、

例えば、
上の方で書いた『神さまの言うとおり』とか、
昔だと『バトル・ロワイアル』とか、
この後下の方で紹介するのですけど『漂流教室』とか、

こういうジャンルの漫画ってほんと進化してますよね。

トモダチゲーム、最先端系だと思います。
ほんと読むべき!

トモダチゲーム(1) – 山口ミコト & 佐藤友生

トモダチゲーム(1)
  • ・著者: 山口ミコト & 佐藤友生
  • ・掲載時の価格: ¥440
  • ・カテゴリ: 少年

カラダ探し

ホラー系の漫画にハマるきっかけになった漫画です!

ジャンププラスで毎週金曜日に連載されているのですが、
毎週金曜日、朝起きたらまずやるのが、
カラダ探しの最新話を読むこと、になりました。

もともとホラー漫画って、
私はそこまで読んでなくて、
それこそ病院とかの待合室にある、

実話!怖い話シリーズ〜学校編〜(適当)

みたいな感じの
1話完結の読み切りがいっぱいあるやつがホラー漫画、
ってイメージだったのをぶっ壊してくれました。

怖い漫画、グロイ漫画は、もともと好きなのですが、
はっきり好きになったのはカラダ探しを読んでからです。

絵柄も非常にいいのですが、
何よりもいいのは設定かな。

怖いの好きな人、
ぜひ1巻を手にとって読んでみてください。
絶対止まらなくなります!!

カラダ探し 1 – ウェルザード & 村瀬克俊

カラダ探し 1
  • ・著者: ウェルザード & 村瀬克俊
  • ・掲載時の価格: ¥400
  • ・カテゴリ: 少年

黒脳シンドローム

まだ1巻しか出てないので、未知数なのですけども、
十分すぎるほど面白くて、
続きが早く読みたい一冊です。

これも不条理系漫画。

主人公が唐突に意味不明なゲームに巻き込まれる、
っていう設定、
もうそんなにバリエーションないだろ、
と思いつつ、
黒脳シンドロームを見たら、
そんな設定ありましたか!
とびっくり。

これからの漫画です(1巻しか出てないからね!)。
ぜひどうぞ!!

黒脳シンドローム 1巻 – 石川オレオ

黒脳シンドローム 1巻
  • ・著者: 石川オレオ
  • ・掲載時の価格: ¥540
  • ・カテゴリ: 少年

ホラー?奇妙?グロ?系

HELLSING 【完結】

ドラキュラ漫画です!

たかはし君が人生ベスト、とオススメしてくれたのが読んだきっかけです。
なかなかこの絵柄や雰囲気は読むの腰が重いですよね。
こういうコアな感じの漫画こそ、誰かがオススメしてくれないと!!

この漫画、名台詞の宝庫でもあります。

ネットで有名な、

『よろしい ならば戦争だ』

というセリフは、この漫画の敵役がとある街を襲撃するときに、
敵の軍団の士気を高めるために言ったセリフです。

その悪役が自分たちの戦争の正義を語る演説は数ページに及ぶのですが、
ものすごい迫力で、かつ魅力的です。

舞台はヨーロッパです。

あっ!!

ドラキュラは敵でもあるのですが、
主人公がドラキュラです!

名セリフの多いマンガです。

「素敵だ やはり人間は 素晴らしい」

「見敵必殺(サーチアンドデストロイ)!見敵必殺(サーチアンドデストロイ)!!」

HELLSING(01) – 平野耕太

HELLSING(01)
  • ・著者: 平野耕太
  • ・掲載時の価格: ¥540
  • ・カテゴリ: 青年

東京喰種 【完結】

人を食べる喰種(グール)が主人公の漫画。

もともとは人間だけどとある事件をきっかけに喰種になってしまうわけですが、
それは偶然ではなく・・・?

登場人物がみんな魅力的です。

設定も素晴らしく、
喰種はコーヒーしか飲めない、
とか
サンドイッチを無理して食べることで人間のふりをする、
とか、
しかもそれが2015年の秋ぐらいでしたっけ?
実際に東京喰種のカネキくんが食べたあの味を限りなく再現!
まずいです!!
みたいなコラボカフェ、期間限定でありましたよね。
あれは面白かったなぁ。

私、完結までテンション途切れない漫画が
すごく好きなんですけど、
東京喰種の完結の仕方はすごく好き。

まさかあんな幕切れだなんて、、、
相当ビックリしましたけど。

儚さにも余韻にもひたる隙を与えずに完結した東京喰種、
読み終わった瞬間に「お見事!」と思いました。
(なんか偉そうだな、、すいません。)

喰種の武器であるカグネの設定もいいですよね。しみじみ。

あと主人公たち喰種の拠点が喫茶店「あんていく」という場所なのですが、
こういう漫画を読むと、喫茶店経営をしたくなります。

シティーハンターを読んだ時にも喫茶店を経営したくなりました。
ゴールデン・ボーイを読んだ時はおでんの屋台をやりたくなりました。

なんだか憧れますよね、そういうのって。

ちなみにシーズン2はまだ読んでいません!

漂流教室 【完結】

楳図かずお先生の傑作漫画です!!!

グワシ!!!!(別漫画)

不条理系の漫画です。

ある日、理由不明で、小学校が一個まるまる、
未来に飛ばされてしまいます。

主人公の翔くんは小学校6年生。
マジでちょうかわいい。
ほんとかわいい。

っていうか、楳図かずお先生の書く漫画の出てくる子たちって、
ほんと表情豊か!

あと時間を超えた母と子の愛、みたいなのもすごく胸が暖かくなる。
応援したくなる!

たまにYouTubeで話に出ますが、
りおなりが漂流教室で一番好きって言っているシーンで、
主人公たちが椅子になりきって
虫をやり過ごすシーンがあるのですが、
あれは私もほんと名シーンだと思います。

こいっ!!
試行錯誤だっ!!

とか

椅子になれ、イチニイサンそれっ(無茶振り)

とかってノリもいいなぁ。

ただ、私がこれを小学校の時とかに読んだとしたら、
軽くトラウマになりそうです。

漂流教室 1 – 楳図かずお

漂流教室 1
  • ・著者: 楳図かずお
  • ・掲載時の価格: ¥360
  • ・カテゴリ: 青年

寄生獣 【完結】

これまた名作ですね!
モンストの寄生獣コラボをきっかけに読みました。

宇宙から?、地球上で増えすぎた人間を
減らすためにやってきた寄生獣たち。

本来であれば脳まで寄生するわけですが、
主人公の抵抗にあって、右手にしか寄生できなかったミギー。

ミギー(右手だから)。

そんな主人公が寄生獣たちと戦う話です。

ただ、この漫画を誤解することなかれ。

ただのとんでも設定で血がブシャーと出まくるバトル漫画、
ってわけでは全くなくて、
非常に哲学的な漫画です。

展開も劇的で、考えさせられるシーンも少なくありません。

特に最後とかいいなぁ。。

終わり方が完璧な漫画ってまれにあるわけじゃないですか。
寄生獣の最終巻、美しいです。

なお、去年の10月に私は右腕に「Go pro」というカメラを
ガムテープでぐるぐる巻きにくっつけて、
それをミギーの役にして遊んだことがあります。
どうでもいい話ですが。。

寄生獣(01) – 岩明均

寄生獣(01)
  • ・著者: 岩明均
  • ・掲載時の価格: ¥540
  • ・カテゴリ: 青年

ひぐらしのなく頃に 【完結】

アニメ化、ゲーム化、いろいろ他展開しているのを横目で見ながら、、、

・・・

・・・なんとなく、、

・・・ギャルゲーだと思っていました。

ほんとすいません。

なので、一大ブームを作ってるなってのを感じながらも、
スルーし続けていた作品なのですが、
これは私にしては珍しくスマホで電子書籍ではなく、
とある週末に漫画喫茶で一気に全部読みました。

ゴルゴ13を手に取りそうになって、
(私は漫画喫茶で一番やっちゃいけないことはゴルゴ13を読むことだと思っています)

ヤバイ!!
ヤバイ!!!
またゴルゴ13の策略にハマってしまう!!!
ヤバイ!!!

って焦っていた時に、
横の棚に「ひぐらしのなく頃に」がありまして、
一度読んでみるかって手にとって、、、
気がついたら昼に入ったのに夜になっていました。
(ようするに面白くて一気に全部読み切ってしまいました)

ホラー漫画だったなんて!!
(ギャル漫画?じゃなかったよ)

しかも、こんなにマルチエンディング展開な、
それでいて物語が随所で絡み合う、影響しあう、
設定が練りこまれた漫画だったなんて!!!

思わず、googleで検索して、
読むべきオススメの順番を探して、
腰を据えて読んでしまいました。

これはほんと面白い漫画ですね。

ぜひどうぞ!!
いや、むしろ夏休みにとっといてもいいかもよ!!

ウィキペディアから発売された順番を下記に添えておきます。[ 参考 ] 出題編(『ひぐらしのなく頃に 暇潰し編』に全4話収録)
・鬼隠し編(2002年夏・コミックマーケット62発表)
・綿流し編(2002年冬・コミックマーケット63発表)
・祟殺し編(2003年夏・コミックマーケット64発表)
・暇潰し編(2004年夏・コミックマーケット66発表)
解答編(『ひぐらしのなく頃に解 祭囃し編』に全4話収録)
・目明し編(2004年冬・コミックマーケット67発表)
・罪滅し編(2005年夏・コミックマーケット68発表)
・皆殺し編(2005年冬・コミックマーケット69発表)
・祭囃し編(2006年夏・コミックマーケット70発表)

ひぐらしのなく頃に 鬼曝し編(01) – 鬼頭えん & 竜騎士07

ひぐらしのなく頃に 鬼曝し編(01)
  • ・著者: 鬼頭えん & 竜騎士07
  • ・掲載時の価格: ¥700
  • ・カテゴリ: 少年

Y氏の隣人 【完結】

最後です!!
Y氏の隣人!!

タイトルに【完結】と入れましたが、もしかしたらたまに連載とかしてるのかもしれません。
すいません、おそらく完結しています!

似た漫画に「笑うセールスマン」があります。

中学校の時かな?
病院か歯医者の待合室で読んだ記憶が、
去年、なんとなく時間があった時に買わせました。

基本の話の流れはこんな感じです。

悩める人がいる

一時的に解決できる薬か解決策みたいなものを渡される

使って悩みから解放される

また悩みが来る

薬を常用しはじめて人として人生詰む

どの話もパターンは水戸黄門ばりにこれなのですが、
それでも話にほんといろんなバリエーションがありまして、
面白いんです。

たまに100話に1話ぐらいハッピーエンドがあったりするのもいい。

気合入れて読むぞ!
という種類の漫画ではありません。
アンニュイな気分の時にどうぞ。

Y氏の隣人〜傑作100選〜 1 – 吉田ひろゆき

Y氏の隣人〜傑作100選〜 1
  • ・著者: 吉田ひろゆき
  • ・掲載時の価格: ¥500
  • ・カテゴリ: 青年

最後に+おまけ

長々と失礼しました。
最後まで読んでくれてありがとうございます。

たまに時間作って文章を書く時間を取りたい、取りたい、
と思っていたので、
なんとなくいい機会だと思って
読んで漫画の中からオススメをまとめてみました。

ぜひゴールデンウィークのお供にどうぞ。

さらにですが、下記私のLINE@におまけを仕込んでおきました。

内容は漫画紹介ではなく、オススメランキングです。

上に紹介した漫画は古いものもたくさん混ざっているわけですが、
私がここ1年以内に新規で読んだ漫画に限定してランキングをつけました。

※ようするに過去に何度も何度も読み返した幽☆遊☆白書などを含まない
 私的に新鮮度高めなランキングになっています。

下記、私のLINE@に

これはQRコード。読み込んでくださいな!


もしくはこれをクリックでいけます!
友だち追加数


このキーワード

『 マンガ 』

を投げかけてみてください。


こんな感じに!
a


そしたら、自動返答にランキングが返ってきます!

LINE@は他にも特定キーワードに対して設定されている返信文言があるので、
探してみてくださいね!

それでは!!


フォロー&登録よろしくお願いします!

Twitterはこちら
ぜひフォローを!
マックスむらい(@entrypostman)

YouTubeはこちら
まだの方はぜひチャンネル登録をお願いします!
マックスむらいチャンネル -YouTube


参考になったらシェアお願いします!
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!
Twitterをフォローする → AppBank(@appbank)
Facebookページをいいねする → AppBank
AppBankの事前登録サイト『ゲームコネクト
「闇を斬れ、魂を燃やせ」Donutsが贈る重厚な本格アクションRPG『ロストキングダム』事前登録受付中!
マルチバトルやギルドイベントなど多彩なゲームモードを搭載。新時代のアクションを見逃すな!

ロストキングダム

AppBank 全力プッシュ!

オススメ