Gmail・Hotmailのパスワード流出か、ユーザーは変更を

メール


様々なメールサービスで使われる、2億7,230万件のユーザーID・パスワードが犯罪者の間で取引されている、と『Reuters』が報じています。

この中には、Googleの『Gmail』やMicrosoftの『Hotmail』のユーザーID・パスワードも含まれています。

被害の状況

2億7,230万件のうち2,400万件がGmail、3,300万件がHotmail、現在の『Outlook.com』のユーザーID・パスワードであることが判明しています。

現時点で被害に遭ったとの報道はありません。しかし、自分のアカウントの情報が流出したのかを調べる術もありません。

したがってGmailやOutlook.comを使われている方は、念のためにパスワードを変えたほうが良いでしょう。

パスワードの変更方法

Gmailの場合

Googleのアカウント管理ページをSafariで開きます。

アカウント情報 – Google

【ログインとセキュリティ】をタップします。

メール


(© Google Inc.)

【ログイン】をタップし、お使いのアカウントでログインしましょう。

メール


(© Google Inc.)

【パスワード】をタップします。

メール


(© Google Inc.)

新しいパスワードを入力し、変更します。他人が推測しやすい・これまでに使ったことがある・ほかのウェブサービスで使っているパスワードは設定しないでください。

メール


(© Google Inc.)

Outlook.comの場合

詳しい手順はMicrosoftのウェブページをご覧ください。

Outlook.com に関するヒント – Outlook.com のヘルプ

2段階認証の利用を

ユーザーIDとパスワードのほかに、時間に基づいて生成される一時コードを入力する必要がある2段階認証を使いましょう。

万が一、ユーザーIDとパスワードが他人の手に渡っても、この一時コードを確認・入力できなければ、アカウントにログインすることは困難になります。

Gmail(Google)での設定方法はこちら。

2 段階認証プロセスを有効にする – Google アカウント ヘルプ

Outlook.comでの設定方法はこちらです。

2 段階認証について – Microsoft ヘルプ

パスワードを使い回している場合は?

GmailやOutlook.comと同じパスワードを、ほかのウェブサイト・ウェブサービスでも使い回している場合は、それらのパスワードも変更しましょう。

変更する際は、これまでに使ったことがなく、他人が推測しにくいパスワードにしてください。

パスワード変更を求めるメールにも注意を

今回の報道を受け、フィッシング詐欺が活発になるかもしれません。おそらくGoogleやMicrosoftを騙り、ユーザーを偽サイトに誘導して個人情報を盗もうとします。

たとえばパスワードの変更を求めるメールが届いても、まずは送信者を確認しましょう。そして、メールの文中にあるリンクからパスワードを変更しようとしないでください。

ブラウザからウェブサービスに直接ログインするようにしましょう。

参考

最新情報はAppBankアプリで!

iPhoneの最新ニュースのほか、アプリやアクセサリの使い心地を徹底紹介したレビュー・iPhoneの便利な技・人気アプリのランキングもチェックできます。

もっとiPhoneを楽しむための記事がたくさんつまっていますので、ぜひお試しください!

AppBank.net ・販売元: APPBANK INC.
・掲載時のDL価格: 無料
・カテゴリ: 仕事効率化
・容量: 7.3 MB
・バージョン: 1.1.8
参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!