iOS 10はどうなる? WWDC 2016直前予想

iOS 10


© 2016 Apple Inc.

数時間後に行われるWWDC基調講演では、いったい何が発表されるのでしょうか。これまでの予想をまとめました。

iOS 10

写真アプリには、おもに2つの機能が加わると噂されています。

1つ目は『iPhoto』のような編集機能。写真管理・編集アプリのiPhotoは開発がすでに終了していますが、そこに採用されていた機能が盛り込まれるのかもしれません。

2つ目は矢印や文字を入れられる機能。同様の機能はメールアプリに備わっていますが、添付する画像・PDFファイルにしか使えません。

OS X 10.12

  • 名称を「macOS」に変更?
  • Siriを搭載
  • iPhoneのTouch IDでMacのロックを解除できる機能を追加
  • 写真アプリを強化(iOS 10と同様)

AppleはiPhone・iPadのOSを『iOS』、『Apple TV』のOSを『tvOS』、『Apple Watch』のOSを『watchOS』と呼んでいます。このルールに基づき、『OS X』を「macOS」に改名するようです。Appleの公式サイトでもこの単語が見つかっています。

iPhoneでMacのロックを解除する機能は、いくつかのアプリですでに実現されています。
Knock: iPhoneを2回叩くとMacのロックを解除!パスワード入力が不要に。

tvOS・watchOS

iOS 10でSiriが強化されることに合わせ、tvOSやwatch OSでもSiriの機能が強化されるものと思われます。

watch OSではApple Watch単体でアプリを動かせるようになることから、さらに新機能が追加される可能性があります。

Apple Pay

iOS 10・OS X 10.12でもご紹介した通り、ウェブサイト・個人間の支払いにもApple Payが使えるようになるかもしれません。

AppleはApple Payが使える地域の拡大にも取り組んでいることから、基調講演では今後の展開地域が発表される可能性もあります。

iMessage

メッセージをやり取りできるコミュニケーションツールですが、これに対応したAndroidアプリがリリースされるという噂があります。現在はiPhoneやMacでしか使えません。

Appleは、Apple MusicアプリをAndroid向けにもリリースしています。

新ハードウェア

今回のWWDC基調講演では、新しいMac・iPhoneなどのハードウェア製品の発表は行われない可能性が高いようです。

もし発表されるとすれば、『MacBook Pro』・『MacBook Air』のほか、液晶モニタ『Thunderbolt Display』の新モデルでしょう。

基調講演は6月14日午前2時から

WWDCの基調講演は、2016年6月14日の午前2時(日本時間)からAppleのウェブサイトでライブ配信されます。

Apple Events – Apple Event – WWDC Keynote June 2016 – Apple

AppBankでは基調講演と並行して、発表内容をわかりやすくまとめた記事をお送りする予定です。ぜひご覧ください!
WWDC2016 まとめ予定地

参考

最新情報はAppBankアプリで!

iPhoneの最新ニュースのほか、アプリやアクセサリの使い心地を徹底紹介したレビュー・iPhoneの便利な技もチェックできます。

もっとiPhoneを楽しむための情報がたくさんつまっていますので、ぜひお試しください!

AppBank ・販売元: APPBANK INC.
・掲載時のDL価格: 無料
・カテゴリ: 仕事効率化
・容量: 10.1 MB
・バージョン: 1.0.1
参考になったらシェアお願いします!
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!
Twitterをフォローする → AppBank(@appbank)
Facebookページをいいねする → AppBank
AppBankの事前登録サイト『ゲームコネクト
「PS4」プレゼントキャンペーンが『ゲームコネクト』で開催中。メールアドレスさえあれば、誰でも簡単に応募できますよ。今すぐ申し込みましょう!

「PS4」プレゼントキャンペーン中

オススメ