通信量を減らせるブラウザ『Opera』に広告ブロック機能が登場

Opera Mini


© Opera Software ASA 以下同じ

人気ブラウザのiPhone版に当たる『Opera Mini』に、ウェブページの広告をブロックできる機能が追加されました。その使い方をご紹介します。

広告ブロック機能を使うには

画面下のOperaボタンをタップ。

Opera Mini


【データ圧縮モード有効】をタップします。

Opera Mini


Opera Mini
【Opera Turbo】を選択していることを確かめ、【広告をブロック】をオンにしたら画面右上の【完了】で設定を保存しましょう。


これで設定は完了です。あとはウェブページを開いてみて、広告がブロックされているかを確かめましょう。

おそらくOperaが用意した広告のリストを元にしているため、ブロックされずにそのまま表示される広告もあります。

Opera Turboが必須

広告ブロック機能は、データ通信量を圧縮して減らすOpera Turboをオンにしているときに限って利用できます。

Opera Mini


このデータ圧縮機能をオフにしたり、モードをOpera Miniに切り替えたりすると広告ブロック機能はオフになります。

Opera Turbo・Opera Miniは、Operaが用意したサーバを介してウェブページを読み込むことにより、ウェブページのデータを圧縮します。

データ通信量はOpera Turboでは最大50%、Opera Miniでは最大90%減らせます。

プライバシー・セキュリティーは大丈夫?

開発元によると、保護されたウェブページではOperaのサーバを介さずにiPhoneとウェブページが直接通信します。おそらくURLが「https」で始まるウェブページでしょう。

IPアドレス・アクセスしたウェブページのURL・時間帯などが、サービス改善の目的でOperaのサーバに最長6ヶ月間は保存されます。

気になる場合は、重要なデータをやり取りするときにOpera TurboやOpera Miniをオフにした方が良いかもしれません。

参考

データ圧縮機能とターボモード | Opera

Opera Mini Web ブラウザ ・販売元: Opera Software ASA
・掲載時のDL価格: 無料
・カテゴリ: ユーティリティ
・容量: 35.2 MB
・バージョン: 14.0.0
参考になったらシェアお願いします!
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!
Twitterをフォローする → AppBank(@appbank)
Facebookページをいいねする → AppBank

オススメ