愛用のイヤホンでハイレゾが聴けるDACアンプ

photo_radius_hires_dac - 1


普段iPhoneで音楽を聴いている方に質問です。いまの音質に満足していますか?

いつも使っているイヤホンとiPhoneの間に接続するだけで、音質がグッと向上するアイテムがあります。

それがハイレゾ対応DACアンプ『iOS専用 ヘッドホンアンプ ハイレゾ対応 DAC搭載 AL-LCH81K』です!

Lightning端子に挿すだけでハイレゾが楽しめる

CDを上回る音質が聴けるハイレゾ音源。楽曲数も年々増加しており、以前に較べて身近な存在になりました。

しかし、iPhoneはイヤホン直挿し(内蔵アンプ)でのハイレゾ再生には対応していません。そのため、外付けのDACアンプが必要なのです。

AL-LCH81Kは、ハイレゾ対応のポータブルDACアンプの中では特にコンパクトなのが第一の特徴。iPhoneと一緒にポケットにしまえるので、気軽に使えます。

photo_radius_hires_dac - 3


つぎに、本体のスペックを確認してみましょう。

詳細なスペックはこちら

  • 周波数特性:20〜20000Hz(0dB〜-0.5dB) 20000Hz〜90000Hz(0dB〜-3.0dB)
  • S/N 比:106dB以上(@JIS-A) 最大出力:130mW×2ch(@16Ω)
  • 対応ビット数 / サンプリングレート:最大24bit /192kHz
  • 入力端子:Lightningコネクター 出力端子:φ3.5mmステレオミニジャック
photo_radius_hires_dac - 2


CDのビット数/サンプリングレートが16bit/44.1kHzなので、上記のスペック(最大24bit /192kHz)はCDの音質より圧倒的に良い!

それに加え、S/N比:106dB以上。S/N比が大きくなるほど余分なノイズが減るんです。

一般的にはS/N比:80~90dB程度でも十分といわれているなか、106dB以上というのは凄いですよね。しかもポータブル向けの小型なDACアンプなのに!

いつもの音楽も高音質に

photo_radius_hires_dacapp - 1 ここまで、ハイレゾ音源の楽しみ方について説明してきました。

じつは、AL-LCH81Kは“非ハイレゾ音源”も高音質で聴くことができるんですよ。

専用アプリ『NePLAYER』とあわせて使うことで、既にiPhoneに保存済みの音源も高音質化できます。*1

*1:非ハイレゾ音源をハイレゾ化するものではないのでご注意を。



© 2015 radius Co., Ltd.

愛用しているイヤホン*2とiPhoneにAL-LCH81K High resolution Dac Amplifierを合わせるだけで、音質が格段に変わります。ハイレゾは敷居が高いと感じていた方も、この機会に試してみてはいかがでしょうか?

*2:ハイレゾ音源を聴く場合は、対応したイヤホンを用意する必要があります。

商品の詳細はこちら
iOS専用 ヘッドホンアンプ ハイレゾ対応 DAC搭載 AL-LCH81K 24bit 192kHz 対応

iPhone用アクセサリーまとめ

ケース、強化ガラス・フィルム、周辺機器などのiPhone用アクセサリーまとめはこちら!
iPhone用アクセサリまとめ! どんどん追加中!

NePLAYERはこちら

ハイレゾ再生対応 音楽プレイヤーアプリ[NePLAYER Lite] ・販売元: radius co., ltd.
・掲載時のDL価格: 無料
・カテゴリ: ミュージック
・容量: 9.9 MB
・バージョン: 1.0.4
参考になったらシェアお願いします!
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!
Twitterをフォローする → AppBank(@appbank)
Facebookページをいいねする → AppBank

オススメ