お店を越えてお惣菜を選びたい! その発想で誕生した『デリ・サプリ』

2016-0717_DeliSup - 2-1


LINEで簡単に自分に合ったお弁当を診断してくれる『デリ・サプリ』。

今回はデリ・サプリを企画した学生さんにお話を聞いてきました。

学生さんとは思えないほどに試行錯誤して作られていました。

『デリ・サプリ』についてはこちら
あなたを診断して、処方します。|デリ・サプリ

実際に体験しました!
【LINEで診断】自分にオススメなお弁当がわかる『デリ・サプリ』を体験してきた

地域活性化の一環で生まれた『デリ・サプリ』

聞き手:kent
話し手:学生さん兼田さん(広告代理店の方)

『デリ・サプリ』を企画したきっかけは?

学生さん
研究室でみなとみらい周辺の地域活性化の課題があり、私たちはそのなかで「」に注目してこのような企画までたどり着きました。

2016-0715_DeliSap - 10


なぜ診断によってお惣菜を分けようと思ったのですか?

学生さん
お惣菜を分けようというよりも、店舗を越えてお惣菜を選べたらいいよね。というのが最初の着眼点で、そこに診断というコンセプトを加えました。

kent
なるほど、確かに店舗関係なく選べるというのはいいですよね。

▼『デリ・サプリ』を企画した学生さんたち
2016-0717_DeliSup - 4-1


学生さん
いつも1店舗しか行っていなくて、別の店舗のも食べたかったのに・・・と思っていて、それが叶えられればいいなと。

兼田さん
店舗を越えてお惣菜を選ぶという発想が面白くて、CIALさんに持って行ったときに、これはビジネスになるなということで注目していただきました。

その後もその発想を活かしてどうやったらもっと買ってくれるだろうというのを、学生さんとCIALさんとで何回も話し合いながら決めてきました。

※CIAL・・・横浜周辺の7施設の駅ビル、それに付随する商業施設を運営している。

店舗を越えてという発想がすごい

kent
店舗を越えてお惣菜を選ぶという発想がすごいですよね。

兼田さん
そうですね。学生さんらしい発想だなと思いました。
店舗を越えちゃえっていうのが、働いているとなかなか言いづらいものだと思うんですよ。

今回学生さんがそういった声をあげてくれたことで、CIAL桜木町のデリ惣菜売り場の全店舗にご協力いただけて、さらに統一のパッケージで売り出せるようになったんです。

パッケージのサイズも特殊なので、この形に合わせたお惣菜をわざわざメニュー開発してくれた店舗もあるんですよ。

2016-0717_DeliSup - 3-1


『デリ・サプリ』の実現までにどれだけの期間がかかったのですか?

学生さん
去年の4月から考え始めて、試作を繰り返して7月にCIALさんのところに企画を持って行きました。
その後も熱烈にアプローチして「やりましょう」って言ってもらえるようになりました。

実現に向けて一番難しかったことは?

学生さん
みんなで考えた企画を最初に提案したときに、衛生面の問題で店舗を越えることは難しいという声や、支払いの問題など、現実的な問題に直面したときが、解決するのに苦労しました。

パッケージもだいたい売られているのは70mm × 70mmで1人分にしては少し大きいものでパッケージを探すにも全然見つからなくて、学校の3Dプリンターで試しに作ったこともありました。

kent
企画を立ててからいざそれを実現しようとしても、いろいろな問題に直面してしまいますよね。
パッケージも確かにあまり見たことないサイズでした。

兼田さん
ただ、それだけ試行錯誤してくれていたので、いざ始めようとなったときにサイズ感とかも明確にあったのでものすごく助かりました。

お弁当の外箱も特注で京都の会社に作ってもらっているんです。
素材が紙なので、印刷したものをつぶしてカプセルの形にしています。

2016-0715_DeliSap - 8


学生さん
外箱やパッケージもどんなのにしようかといろいろ悩みました。最初はカバンにしようかと考えていました。お弁当箱にお惣菜をパコパコはめて、膝の上で広げて食べられるようにしようなど。

▼試作段階のお弁当箱
2016-0717_DeliSup - 1


診断しなくても買えますか?

兼田さん
個別でも買えますが、診断は1分くらいですのでできれば診断結果をもとに選んでくれるといいかなと思っています。

支払いは店舗ごとになっていますよね

兼田さん
そうですね。現在は店舗ごとにお支払いという形になっていますが、今後は一括で払えるような仕組みにしてよりスムーズにお支払いできるようにと考えています。

この日を迎えられた率直な感想を教えてください

学生さん
とても感慨深いですね。まさか実現できるなんて思っていなかったので。
1番最初のお客さんがいろんな店舗を回って、どれにしようか悩んでいるのを見て感動しました。

2016-0717_DeliSup - 2


今後の展開が気になる

地域活性化の課題でお弁当のサービスを作ってしまうとは。
学生さんたちが試行錯誤を繰り返しながら、本気で取り組んでいたんだと感じました。
今回の『デリ・サプリ』はトライアル販売だったので、すでに終了していますが今後さらにパワーアップしてサービスが開始されることを期待しています!

LINE ・販売元: LINE Corporation
・掲載時のDL価格: 無料
・カテゴリ: ソーシャルネットワーキング
・容量: 99.9 MB
・バージョン: 6.4.0
参考になったらシェアお願いします!
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!
Twitterをフォローする → AppBank(@appbank)

オススメ