iPhoneとPCをワイヤレスで同期する方法

iTunes


もっと手軽にiTunesと同期したり、iPhoneのデータをバックアップしたりしたい!

そんなときに役立つ、Wi-Fi同期の使い方をご紹介します。

Wi-Fi同期の準備

最初にiPhoneとiTunesの設定を行います。

LightningケーブルでiPhoneとPCをつなぎ、PCでiTunesを起動しましょう。

iTunesのウィンドウ左上にある、iPhoneのボタンをクリック。

iTunes


ウィンドウ左側にある【概要】をクリックしてください。

iTunes


ウィンドウ右側を下にスクロールし、【Wi-Fi経由でこのiPhoneと同期】にチェックを入れます。

iTunes


ウィンドウ右下にある【適用】ボタンをクリックし、【同期】に変わったことを確認してください。

iTunes


これで設定完了です。

iPhoneとPCをつなぐLightningケーブルを抜いてみましょう。iTunesの表示が何も変わらなければ、Wi-Fi経由でiPhoneとPCのiTunesが接続されているので成功です。

もしiTunesの画面が変わってしまったら、Wi-Fi経由で接続できていません。PCとiPhoneが同じWi-Fiネットワークに接続していることを確かめましょう。

同期のタイミングは?

PCのiTunesから同期を行う操作をするか、iPhoneがWi-Fiに接続されていて、かつ充電されている状態になれば自動的に同期が行われます。

iPhoneから手動で同期する方法

わざわざPCから操作したり、自動で同期されるのを待ったりするのは面倒です。必要なときには、iPhoneから同期を手動で実行してみましょう。

設定アプリを開きます。

iOS 9.3.3


【一般】→【iTunes Wi-Fi同期】をタップ。

iOS 9.3.3


【今すぐ同期】をタップしましょう。iTunesとの同期が始まります。

iTunes


残念ながら同期する項目などの指定はできませんが、同期を行えばiTunesにiPhoneのデータをバックアップできます。

参考

iPhone、iPad、または iPod touch を Wi-Fi を使って iTunes と同期する – Apple サポート

最新情報はAppBankアプリで!

iPhoneの最新ニュースのほか、アプリやアクセサリの使い心地を徹底紹介したレビュー・iPhoneの便利な技もチェックできます。

もっとiPhoneを楽しむための情報がたくさんつまっていますので、ぜひお試しください!

AppBank ・販売元: APPBANK INC.
・掲載時のDL価格: 無料
・カテゴリ: 仕事効率化
・容量: 10.5 MB
・バージョン: 1.0.3
参考になったらシェアお願いします!
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!
Twitterをフォローする → AppBank(@appbank)
Facebookページをいいねする → AppBank

オススメ