最高のフィット感! 疲れ知らずのイヤホンのためにこだわりぬいたこととは?

marooイヤホン


移動中や仕事、勉強中の集中力アップなどにかかせないイヤホン。みなさん、どんなイヤホンを使っていますか?

私fan(@aifan1217)も、いろいろなイヤホンを試してきましたが今ひとつ、「これだ!」というイヤホンに出会えずにいました。
その最大の理由は「フィット感」。イヤーチップが大きすぎることがほとんどでどうにもしっくりこなかったんです。

「なにかいいイヤホンはないものか・・・」と思っていたところに「本気で女性向けに作ったイヤホンが登場する」と聞いて、開発者の方にお話を伺ってきました。

大きさにこだわった女性向けイヤホン

お話を聞かせてくださったのは、marooのマイケル・シェーバー氏。

marooイヤホン


さっそくイヤホンを見せていただきたいです!

マイケル氏
こちらが、女性向けイヤホン『Maroo GEM collection イヤホン』と『Maroo ICE collection』です。

▽向かって左がGEM、右がICE。
marooイヤホン


GEMは大きなストーンが付いているんですね。すごくオシャレで珍しいです。

マイケル氏
アメリカではストーンの大きいGEMの方が人気が高いです。ただ、まだ発表したばかりで、一部でしか取り扱いがない状態で、ですが。
販売を限定していたのは、色やデザインで人気の高いモノをリサーチするためでした。販売先の担当者には
「黒のストーンがついたモデルもアリでは?」など意見をもらっています。

▽ストーンの存在感が際立つGEM
marooイヤホン


そういった意見を取り入れて作った色はありますか?もしくは今後追加される予定などは?

マイケル氏
アメリカの「ノードストローム」という有名百貨店で導入してもらっています。今後もファッションの分野でも広めていきたいので、ファッションのシーズンに合わせた色を出していきたいですね。

▽キラキラと輝くストーンはどんなファッションとも合いそう
marooイヤホン


Maroo、4つのこだわり

デザイン面以外でもこだわった点を教えてください

マイケル氏
Maroo開発に当たっては、4つの目標がありました。ひとつは先ほどのファッション。もう一つはファッションに近いですが、パッケージです。

▽中身が見え、思わず手に取りたくなるパッケージ
marooイヤホン


マイケル氏
使用感や音の面では、まずフィットする、とくに女性の耳にフィットすることを重視しています。それだけでなく、ファッションはもちろんイヤーチップのフィット感や音作りなどすべて女性に合わせて開発しています。

そういったコンセプトのイヤホンは今まで世の中になかったモノです。

▽付属のイヤーチップ。一般的なイヤーチップより全体に小さな印象
marooイヤホン


▽ハウジングと組み合わせると、さらに小ささが際立つ。
marooイヤホン


マイケル氏
どうぞ、付けてみてください。あなたの耳ならこの大きさのイヤーチップがぴったりだと思いますよ。

さっそく装着してみたところ・・・・・・えっ、ほんとにすごいフィットする!ここまで違和感がないのは初めてです!

marooイヤホン


マイケル氏
そうでしょう?このフィット感が重要なんです。長時間付けていても疲れないし、電子的なノイズキャンセリングなしで外界の音を効果的に遮断できます。

イヤホンで音楽を聴くとき、周囲にはほかにもさまざまな音が存在しています。パソコンのタイピング音や電車の走行音、エアコンの稼働音などほんとうにさまざまな音です。それらをすべて遮断しようと思うと、ボリュームを上げなければならない。しかし大きすぎる音は聴力に害を及ぼしてしまうんです。
4つめのこだわりは、聴力に影響しないボリュームで、外界の音を気にせず音楽を楽しめること。そのためにイヤーチップのフィット感と遮音性は欠かせない要素でした。

フィット感と遮音性であれば、低反発の方が効果的なのでは?と思ってしまうのですが、このイヤーチップはシリコンですよね?この素材を選んだ理由は?

マイケル氏
開発の段階で低反発も候補にあがりました。でも、低反発のイヤーチップはどうしても耐久性が低くなってしまうんです。
長く愛用してもらいたいという気持ちから、シリコン素材を選びました。

そうなんですね。しかしこのフィット感はほんとうに初体験です。実際音楽を聴いてみて、遮音性をもっと試してもいいですか?

マイケル氏
もちろんです。どうぞ聴いてみてください。

実際に試聴してみると・・・ものすごくいい!こもらないしノイズもない!話し声もほとんど聞こえなかったです!あとこの小ささで音に奥行きと迫力がありますね。

予想をはるかに上回る音質の良さに、素でびっくりしてしまいました。

marooイヤホン


マイケル氏
今試聴したMaroo ICE collectionには6mmのごく小さなダイナミックドライバが搭載されています。

この小ささでダイナミックドライバを使っているんですか、すごい技術ですね!

マイケル氏
「女性向けのイヤホンを作る」と決まって、市場にあるさまざまなイヤホンを試しました。そのとき理想に近い音を再現するイヤホンを見つけ、エンジニアにそのイヤホンを送り「この音を再現したい」と伝えました。

しかしそのイヤホンは9mmのドライバで、女性の耳にあわせるには大きかったんです。再現したい音を維持したまま、いかに小さくするか。それには特別な技術が必要で、小型化や音作りは開発はACS(アドバンスド・コミュニケーション・ソリューションズ)社とともに行いました。

※ACS(アドバンスド・コミュニケーション・ソリューションズ)社・・・プロ用のインイヤーモニターイヤホンを提供しているイギリスの音響メーカー。ビートルズのプロデューサーが立ち上げ、多くのトップアーティストにモニターイヤホンを提供している。

プロ用イヤホンの技術が活かされているんですね。

マイケル氏
女性向けなので、イヤーチップだけでなくハウジング全体も小さい。その小さなハウジングのなかに6mmのドライバ(JEMは5.5mmダイナミックドライバ)をどのように配置し、目指す音を再現するかを模索するうえで、ACS社の技術は欠かせなかったですね。

JEMとICEでは、デザインだけでなくドライバの大きさやハウジングの形状も違うようですが、音は全く一緒?

マイケル氏
微妙に違いますね。JEMも聴いてみてください。

▽JEMも試聴。遠目に見てもイヤリングのような存在感のストーンがいい。
marooイヤホン


遮音性はICEと変わらないと感じます。JEMの方がストーンの重さの分、やや下に下がってくるかなという感じがします。個人の感想ですが、音の響き方もICEの方が好きでした。

マイケル氏
社内でもオーナーはICEが好き、エンジニアはGEMが好きと、その人によって違いが出ていますよ。

最終的にどうやって選ぶのがベストでしょうか?

マイケル氏:やはり重要なのはフィット感です。店舗で販売する際は、試聴台を設置するなどして、実際にしっかりと試してもらえるようにしています。ぜひ自分の耳で試し、ぴったり来る方を選んで欲しいですね。
あとはデザインの好みでしょう。外観のデザインは女性が行い、見たとおりファッション性の高いモノになっていますから。

なるほど。女性にとって、身につけるモノのデザインは重要ですもんね

お披露目されたばかりのインイヤーモニター

今日はもうひとつ、ポタフェス(※すでに開催終了)で初お披露目のイヤホンについても伺わせていただけるそうで。

マイケル氏
はい。こちらの『maroo ACS Evoke』『maroo ACS Evolve』『maroo ACS Encore』です。

▽GEM、ICEとは全く違う見た目。クリアのハウジングにドライバが見て取れた
marooイヤホン


マイケル氏
ACS社のオーナーはもともとプロミュージシャンだったのですが、スタジオなどで大きな音にさらされ続け、一部の音を聞き取れなくなってしまったんです。

自身に起きた出来事から、音楽業界で働く人々の聴覚機能を守るための製品の開発を始めました。その後、カスタムインイヤーモニターを作って欲しいという依頼が来るようになり、イヤホンの制作を始めたんです。

今回、MarooとACSでインイヤーモニターに作ることになったのは?

マイケル氏
私はもともと、エティモティックリサーチという音響メーカーに勤めていました。そのときにAppleのプログラムを介してACS社とつながりができたのがきっかけです。

そのときのAppleのプログラムは、商品にクーポンを入れ、耳型を取ってACSに送ればカスタムのイヤーチップ送るというものでした。
しかし、大きくは広まらなかった。そこで耳型を取る必要なく、多くの人にフィットするユニバーサルインイヤーモニターの開発に乗り出したのです。

Maroo ACSの特徴

Maroo ACSシリーズの特徴を教えてください

マイケル氏
すべてバランスドアーマチュアドライバを搭載しています。モデルによってドライバの数が違い、Evokeは1基、Evolveは3基、Encoreは5基です。これにACS社の特許技術「IRIS」を組み合わせ、高い音質を実現しています。
また、ケーブルも独自のもの。7本の細いケーブルをより合わせ、それをさらに6本より合わせたケーブルを使っています。素材内にケブラー繊維を使用することで、極細なのに非常に強いケーブルになっています。

それでこの細さに仕上がっているんですか、すごいですね。

▽極細の中に何本のものケーブルが複雑により合わせられている
marooイヤホン


マイケル氏
よく「Shure掛け」といわれるケーブルを耳の後ろに掛けるスタイルがありますね。音質向上に役立つんですが、ケーブルが太いとメガネを掛けたままではできない。しかしmaroo ACSシリーズのケーブルほど細ければメガネを掛けたまま、まったく邪魔になることなくShure掛けができるわけです。

▽変に浮いたり、髪の毛に引っかかったりしない。耳の後ろでのごそごそ感もない
marooイヤホン


そんなすごいケーブル、リケーブルに使いたい人も多そうですが、ケーブル単体で発売されますか?

マイケル氏
発売予定です。ですが、maroo ACSシリーズ専用になりますね。

試聴した感想

3つのユニバーサルインイヤーモニターもそれぞれ試聴させていただきました。どれも解像度が高く、奥行きをとても感じます。
筆者がとくに気に入ったのは真ん中のモデル・Evolve。普段女性ボーカルのアニソン系をよく聴くのですが、打ち込みの音がキンキン響かないので疲れず、ボーカルも超クリアで感動しました。

これから注目!marooのイヤホン

女性向けシリーズのGEM、ICEは実売約1万円という、スマホ付属イヤホンからステップアップしやすい価格帯。
しかし、実際試してみたときに1万円とは思えないくらい、いい音のするイヤホンでした。倍の値段でも買う価値があると思います。

maroo ACSシリーズは、本格的にオーディオ好きな人が唸るイヤホンで、価格的にもそう簡単に手を出せるモノではありませんが、音量を大きくしなくてもコンサートホールのような迫力と奥行きのある音を楽しめるというのはすごく魅力的です。

marooのこだわりとACS社の技術のコラボで生まれたイヤホンシリーズ、ぜひ手に取ってみてください。GEMシリーズ、ICEシリーズはAppBank Storeでも取り扱っています。

maroo 女性向けイヤホン一覧

ICE collection

GEM collection

最新アクセサリ情報
iPhone用アクセサリまとめ! どんどん追加中!

AppBank Storeのアプリもチェック
AppBank Store

参考になったらシェアお願いします!
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!
Twitterをフォローする → AppBank(@appbank)
Facebookページをいいねする → AppBank

オススメ