タップとかスワイプって何? iPhoneの操作用語まとめ

iphone - 1


iPhoneには、タッチパネル上での操作にそれぞれ用語があります。iPhoneを持ち始めた方、これからiPhoneを持とうとしている方には、とくに聞き慣れない言葉だと思います。

今回は、そんな基本的なiPhone専門用語を解説していきます。

操作に必要な用語を知ろう!

タップ

iPhoneの画面を指で軽くたたくことです。

アプリを起動させるときや、何かを選択するときに使います。

ダブルタップ

2回連続で画面を指でたたくことです。写真を一気に拡大するときなどに使います。

スワイプ

指を画面に触れた状態でそのまま滑らせることです。ロック画面を解除するときなどに使います。

フリック

スワイプより勢いよく、画面を弾くように指を画面から離すことです。写真の表示を切り替えたりするときに使います。

ドラッグ

タップした指を画面から離さず、画面上を移動することです。アプリの位置を変更するときなどに使います。

ピンチイン

2本の指で画面を押さえながら、その間を縮めていくことです。写真の表示を縮小するときなどに使います。

ピンチアウト

ピンチインに対し、2本の指で画面を押さえながら、その間を拡げていくことです。写真の表示を拡大するときなどに使います。

シェイク

iPhoneを2〜3回ふる動作です。メモを取り消すときなどに使います。

指紋認証

iPhone 5s以降の機種で使える、「Touch ID」という指紋を認証する機能。指紋を登録しておけば、そっとホームボタンに触れることで、ロックを解除できます。

以上です。

日常生活では、聞くことはないであろう単語ばかりですが、操作はとても簡単ですよ。

最新情報はAppBankアプリで!

もっとiPhoneを楽しむための情報がたくさんつまっていますので、ぜひお試しください!

AppBank ・販売元: APPBANK INC.
・掲載時のDL価格: 無料
・カテゴリ: 仕事効率化
・容量: 10.5 MB
・バージョン: 1.0.3
参考になったらシェアお願いします!
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!
Twitterをフォローする → AppBank(@appbank)

オススメ