Dropboxが新アプリ『Paper』を公開

Dropbox


© Dropbox, Inc. 以下同じ

クラウドストレージで有名な『Dropbox』が、新しいアプリ『Paper』を公開しました。どんなアプリなのでしょうか。さっそく試してみました。

企業向けの新アプリ

Paperは、会社やチームで情報・アイデアを共有するためのサービス・アプリです。PCからはブラウザ、スマートフォンからはアプリでアクセスします。

現在は公開テスト中で、正式リリースはまだです。Dropboxユーザーであれば、誰でもすぐに参加して試せます。

情報やアイデアをスムーズに交換・共有

Paperで作成できるのは、名前の通り「文書」です。表計算シートやスライドを作成する機能は用意されていないので、Microsoftの『Office』の代わりにはなりません。

Dropbox
文章だけでなく、写真・動画・Dropboxのファイル・表を挿入できます。ただし、アプリで挿入できるのは写真のみです。


Dropbox
箇条書き・チェックリストの作成もでき、たとえばチェック項目の最後に「@ユーザー名」と入力すればタスクの割り振りができます。


『Twitter』のように、メンションされたユーザー(チームに参加している必要あり)にはメールで通知が届き、その文書を見ることができます。

さらに『Google カレンダー』と連携することで、次の会議に必要な文書を自動作成したり、出席予定者に自動共有したりもできるそうです。

こうした文書に情報やアイデアをまとめることで、チーム内の情報交換・共有をスムーズなものにすることがPaperの狙いです。

テストに参加する方法

Dropboxのウェブページから参加の申し込みができます。Dropboxアカウントのメールアドレスを入力しましょう。

Dropbox – Paper

Dropbox


Dropboxのログイン画面に移るので、ログインするとPaperが使えるようになります。

参考

Get started with Dropbox Paper—now in open beta | | Dropbox Blog

Dropbox Paper ・販売元: Dropbox, Inc.
・掲載時のDL価格: 無料
・カテゴリ: 仕事効率化
・容量: 55.1 MB
・バージョン: 1.0.0

Dropboxまとめ

Dropboxの使い方を基本から応用まで徹底解説。Dropboxに追加された新機能もご紹介しています。
【保存用】Dropbox の全まとめ。基本機能の使い方解説から、応用まで。

参考になったらシェアお願いします!
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!
Twitterをフォローする → AppBank(@appbank)
Facebookページをいいねする → AppBank

オススメ