薔薇の一撃は超痛い!薔薇エルフデッキ【シャドウバース】

eruhu


© Cygames, Inc.

この記事は、『Shadowverse(シャドウバース)』の薔薇エルフデッキの紹介です。
薔薇エルフデッキとは、エルフのレジェンドカードであるローズクイーンの効果で、フェアリー薔薇の一撃に変化させて戦うデッキです。

薔薇エルフデッキは、2016年8月4日現在の環境では強力とは言えないデッキです。しかし、ほかのデッキとは少し違った変わり種のロマンデッキなので、フリーマッチやお友達と試してみると面白いデッキです。

デッキ紹介

baraeruhu


必要エーテル:25,800
デッキコードを発行する

コアカードはローズクイーン妖精の楽園ティターニアの妖精卿です。大量のフェアリーを利用して場をコントロールするデッキ構成となっています。

ローズクイーン

queen


ローズクイーンを場に出すことで、手札のフェアリー薔薇の一撃へ変化させることができます。薔薇の一撃は、相手のリーダーかフォロワーに3ダメージを与えることができる2コストのカードです。
アグロ系のデッキのダメージ要員となるデモンストライクが同じ効果で4コストですので、かなりの高い性能を誇っていることがわかります。

妖精の楽園

rakuenn


妖精の楽園は、ターン終了時に毎ターンフェアリーを手札に入れることができます。手札のフェアリー調整が非常にやりやすくなるキーカードです。
コストも3と低いので、積極的に出していきましょう。次ターンから毎ターン場にフェアリーを出すことが可能となるので、場を支配しやすくなります。

ティターニアの妖精郷

youseikyou


フェアリーに限り毎ターン1回、貴重な進化枠を使わずに進化させることができるようになります。
妖精の楽園と組み合わせることで、毎ターン進化フェアリーを出すことができます。一見地味ですが、相手にすると厄介なかなり強力なコンボとなります。

試合の勝ち方

薔薇の一撃での勝利

場を制圧しやすいデッキなので、序盤はしっかりと耐えることを意識しましょう。手札のフェアリーをどんどん出して場を支配します。
フェアリーを手札にキープした状態で8ターン目にローズクイーンを場に出せば、次のターンに薔薇の一撃だけで最大12ダメージを相手に与えることができます。
9ターン目に試合を確実に決めてしまうことができます。試合を8ターン目まで長引かせることも重要ですが、小さくでも良いのでそれまでに相手リーダーにしっかりとダメージを与えるよう動きましょう。

最初のカード

1-3コストのカードをキープしましょう。
特にフェアリーサークル森荒らしへの報いエンシェントエルフをキープすると、序盤の試合展開が楽にできます。

sakuru


1-4ターンの戦い方

1ターン目はコスト1のカードを積極的に使いましょう。
例外としてベビーエルフ・メイのみは、相手がフォロワーを出してから出すことに意味があるので無理に出す必要はないです。

mei


2ターン目以降もフェアリーフェアリーウィスパラーを出し、フェアリーの数を増やすことで、3ターン目のエンシェントエルフの強化につなげましょう。

後半型のデッキなので1-3ターンの守りはとても重要です。しっかりと相手のフォロワーを処理することを意識しましょう。

序盤は攻撃力1/体力1のフェアリーも場に出すと相手フォロワーの処理がしやすくなるので、とにかく場にプレイすることが大事です。

aeruhu


5-7ターンの戦い方

5ターン目からは、ゴブリンマウントデーモンのように高体力の守護持ちフォロワーが出る可能性が高くなります。
精霊の呪いなどを使用して高体力の守護持ちフォロワーを処理しましょう。
処理が厳しい場合は根源への回帰などを使用して手札に戻すと良いです。

noroi


あらかじめ妖精の楽園を場に出せていた場合は、必ず1ターンに1枚フェアリーを手札に加えることができます。さらに、そこからティターニアの妖精郷をプレイしておくことで、進化ポイントを使用せずにフェアリーを進化させることができます。

進化を活用することで、毎ターン攻撃できる攻撃力3/体力3のフォロワーをプレイできる環境が整います。このコンボは非常に強力なので、積極的に活用していきましょう。

序盤で相手フォロワーの処理に苦戦してしまい、自分のリーダーが多くダメージを受けてしまっている場合は、フェアリービーストで体力を回復しておくことで、不意の敗北を抑えることができます。

beast


ヴァンパイアやビショップ、ドラゴン、ネクロマンサーは全体除去系のスペルを使用してくる可能性があるので、この4クラスに対しては無理して場をフォロワーで埋めすぎないように注意しましょう。

8-10ターンの戦い方

8ターン目からローズクイーンを出せるようになります。
1-7ターンの間でしっかりとフェアリーを手札に増やしておき、なるべく多くのフェアリー薔薇の一撃に変化できるようにしましょう。
7ターン目になるまでの間、相手のフォロワーを処理するためにフェアリーを使いすぎてしまうこともあるでしょう。そんなときは、ローズクイーンが手札にある状態でフェアリープリンセスを使用すると、次のターンに大量の薔薇の一撃を確保できるようになるのでオススメです。

prin


最後に

エルフデッキは、カードを1種類変えるだけで様々なデッキに変化します。例えば、墓場にカードが溜まることを前提としてデッキに冥府への道を入れれば、冥府エルフに変化。さらに、カードを1ターンに複数毎出せることを考慮すればリノセウスを入れるだけでも勝ち筋が増えたりします。

rinoseusu


自分にあったエルフデッキを組み立てることも大事ですが、まずはエルフのデッキに慣れることが重要です。低コストのカードを手札に戻したり相手のフォロワー処理に使ったりして、場を制圧することに慣れるのがエルフデッキ全てに共通する技術なので、しっかりと数をこなしエルフデッキを使いこなしてみましょう。

今回紹介したデッキは下記URLからデッキコードを発行できます。
デッキコードを発行する

シャドウバース (Shadowverse) ・販売元: Cygames, Inc.
・掲載時のDL価格: 無料
・カテゴリ: ゲーム
・容量: 90.5 MB
・バージョン: 1.1.3
参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!