iPhoneの動作が重いときは「マルチタスク機能」でアプリを終了させよう

marutitasuku - 1


アプリを何種類も開いていると、iPhoneの動作が重くなっていきます。

こんなときは「マルチタスク機能」を使いましょう。

マルチタスクとは、ゲームアプリをやめて、メールなどをした後、やめた所からゲームを始められたり、電話をしながらSafariでインターネットをみることができる機能です。

今回は、このマルチタスク機能の使い方を解説していきます。

マルチタスク機能の使い方

マルチタスク機能の起動方法

marutitasuku - 2
「ホームボタン」を2回連続で押します。すると現在起動しているアプリのサムネイルが表示されます。


marutitasuku - 3
左右にスワイプすると、起動しているアプリを確認できます。


マルチタスク機能の操作を終了方法

marutitasuku - 4
「ホームボタン」またはホーム画面のサムネイルをタップします。


marutitasuku - 5
マルチタスク機能を終了し、ホーム画面に戻ります。


アプリを切り替える方法

marutitasuku - 6
マルチタスク機能を起動した後、利用したいアプリのサムネイルをタップします。今回は「電話」をタップします。


marutitasuku - 7
するとマルチタスク機能の操作が終了し、選択したアプリの画面に切り替わります。


アプリを終了するには

marutitasuku - 8
マルチタスクを起動し、終了したいアプリのサムネを下から上にスワイプします。


marutitasuku - 9
アプリが終了し、マルチタスク機能からアプリのサムネイルが消えます。


マルチタスク機能は慣れると重宝する機能なので、使いこないしていきましょう。

最新情報はAppBankアプリで!

もっとiPhoneを楽しむための情報がたくさんつまっていますので、ぜひお試しください!

AppBank ・販売元: APPBANK INC.
・掲載時のDL価格: 無料
・カテゴリ: 仕事効率化
・容量: 10.5 MB
・バージョン: 1.0.3
参考になったらシェアお願いします!
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!
Twitterをフォローする → AppBank(@appbank)
Facebookページをいいねする → AppBank

オススメ