3種類ある「メッセージ」の違いと見分け方

messe-zi - 1 (1)


iPhoneに標準搭載されている「メッセージ」には、「SMS」、「MMS」「iMessage」の3種類あります。

内容は、似ていますが、送信できるデータや、通信料が大きく異なります。

今回は、これらの違いについて解説していきます。

SMS・MMS・iMessageの特徴

SMS

messe-zi - 3
SNSとは電話番号で送るテキストメッセージです。

電話番号さえ分かれば、使うことができ、70文字程度の「文字」や「絵文字」を送ることができます。しかし「件名」を送ることはできません。


MMS

messe-zi - 3 MMSとは「@ezweb.ne.jp」や「@softbank.ne.jp」などのアドレスを使用して送る、携帯メールです。

「文字、「絵文字」、「件名」「写真」、「動画」などのデータを送ることができます。

ちなみにdocomoのみMMS非対応です。


iMessage

messe-zi - 2 iMessageはAppleが提供するメッセージサービスです。

「文字」、「絵文字」、「件名」、「写真」、「動画」などのデータをリアルタイムで送ることができます。

また、Wi-fi環境があれば無料で使うことができるんです。(Wi-fiのない場所ではキャリアの定める通信料がかかります)


それぞれの見分け方

iMessageで送信した場合は、メッセージ欄に「iMessage」と表示され、自分の送ったメッセージは青色です。SMSとMMSの場合は、メッセージ欄に「SMS/MMS」と表示され、吹き出しは緑色です。

無料で利用できるiMessageであることを確認できるので、安心してメッセージを送り合えますよ。

messe-zi - 4
messe-zi - 1 (1)


SMSとMMSは同じ緑色なので、どちらなのか判断しにくいですが、設定をすれば簡単に見分けられるようになりますよ。

ホーム画面より、「設定」の「メッセージ」を開き、「件名欄を表示」と「文字数」をオンにします。

messe-zi - 5
messe-zi - 6


メッセージを入力するときに、件名横に文字数が表示されるようになります。
表示されるとSMS、表示されなければMMSです。

messe-zi - 7
messe-zi - 8


一見似ている3サービスですが、違いを見分けて、メッセージを便利に使いこなしましょう。

最新情報はAppBankアプリで!

もっとiPhoneを楽しむための情報がたくさんつまっていますので、ぜひお試しください!

AppBank ・販売元: APPBANK INC.
・掲載時のDL価格: 無料
・カテゴリ: 仕事効率化
・容量: 10.5 MB
・バージョン: 1.0.3
参考になったらシェアお願いします!
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!
Twitterをフォローする → AppBank(@appbank)
Facebookページをいいねする → AppBank

オススメ