カレンダーより便利! 「リマインダー」の使い方

rimainda - 1


iPhoneには「リマインダー」というアプリが標準でインストールされています。

リマインダーに予定を設定すると、予定の時間が来たら知らせるだけでなく、指定した場所に近づいたら(もしくは離れたら)知らせてくれるという、超便利な機能もある、スケジュールアプリです。

今回は、リマインダーについて解説していきます。

リストとリマインダー

rimainda - 2
リマインダーの基本的な構成要素は、「リスト」と「リマインダー」の2つあります。

「リマインダー」では、具体的にやるべきことを表します。一方「リスト」は、それらの項目を分かりやすく分類するフォルダのことを言います。


設定方法

リスト

rimainda - 3
まずは、リストを作成します。リストの一覧画面の右上の「+」をタップします。


rimainda - 4
「リスト」をタップします。


rimainda - 5
「新規リスト」の部分にリストの名前を入力します。必要であれば「色」を選択しましょう。

「完了」をタップするとリストが作成されます。


リマインダー

次にリマインダーを作成します。

作成したリストをタップし、リマインダーを入力します。「キーボード」の「return」または、「改行」をタップすると、次のリマインダーを入力できます。

入力を終えたら、「完了」をタップします。これで作成完了です。

rimainda - 6
rimainda - 7


リマインダーの詳細設定

リマインダーには通知機能が備わっており、通知する日時や場所を指定できます。

指定日時を設定

rimainda - 8
リマインダーの一覧より、詳細設定する項目を選択し、右端にある(i)をタップします。


rimainda - 9
リマインダーの詳細が開きますので、「指定日時で通知」をオンにし、「アラーム」をタップし、予定の日時を設定しましょう。


定期的に同じリマインダーを通知したい場合は、「繰り返し」の設定をしておくと便利です。「毎日」、「毎週」、「2週間」ごとなど、あらかじめ用意されているもののほか、「カスタム」を選択すれば、繰り返しの間隔を自由に設定できます。

rimainda - 10
rimainda - 11


また「繰り返し」を設定した場合は、「繰り返しの終了」も設定できます。

「繰り返しの終了日」をタップし、チェックを入れ、日付を設定して、最後に「完了」をタップしてください。

rimainda - 12
rimainda - 13


指定場所で通知

リマインダーの詳細画面で、「指定場所で通知」をオンにし、「場所」をタップします。

検索欄に場所の名称または住所を入力すると、その下に検索候補が表示されるので、該当するものをタップします。

rimainda - 14
rimainda - 15


「到着時」または「出発時」を選択します。

左上の「詳細」をタップして、リマインダーの詳細画面に戻り、右上の「完了」をタップすると設定完了です。

rimainda - 16
rimainda - 17


優先順位

「優先順位」を設定しておくと、リマインダーに「!」が表示されます。設定したものの優先順位を一目で分かることができます。

rimainda - 18
rimainda - 19


リストの変更

「リスト」をタップすると、他のリストにリマインダーを移動することができます。

rimainda - 20
rimainda - 21


メモ

メモを書き添えることも可能です。

rimainda - 22
rimainda - 23


使い方さえマスターすればとても便利なアプリです。ぜひ使ってみてください。

最新情報はAppBankアプリで!

もっとiPhoneを楽しむための情報がたくさんつまっていますので、ぜひお試しください!

AppBank ・販売元: APPBANK INC.
・掲載時のDL価格: 無料
・カテゴリ: 仕事効率化
・容量: 10.5 MB
・バージョン: 1.0.3
参考になったらシェアお願いします!
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!
Twitterをフォローする → AppBank(@appbank)
Facebookページをいいねする → AppBank

オススメ