天下を統一せよ! 面白くてやめどきがない歴史SLG『ポケット戦国』

pocketsengoku01


© 2016 SHINYA ISHIZAKI 以下、同じ

こんにちは、KiDD(@digimaga)です。最近、ポケット戦国にハマって眠れない夜が続いています。

ポケット戦国は戦国時代の日本を統一する歴史シミュレーションゲームです。いわゆる『信長の野望』とか『天下統一』とか『太閤立志伝』とかそういうアレです。

で、このポケット戦国の何が面白いかって、しっかり作られているところです。日本統一までちゃんと遊べる。しかも終盤になってもダレません。

このゲーム、価格960円と普通のゲームと比べるとお高いんですけど、その価値は十分にあるというか20時間以上遊べてるしまだまだ遊んでるので歴史SLG好きには本当にオススメなんです。

異なる2つの時代スタート

ゲームは桶狭間の戦い(1560年)と信長包囲網(1570年)の2つの年代からスタートできます。前者は群雄割拠、後者はそこそこ大名の統一が進んでいるというだけでゲームシステムに違いはありません。

pocketsengoku02


この手のゲームらしくやはり織田氏は強いというか、能力80超えがゴロゴロいるので織田氏はオススメです。しかし、初心者であれば島津氏プレイも捨てがたい。

pocketsengoku03


島津氏は当主とその世継ぎ以外頭空っぽの脳筋だらけなんですが、武力があってしかも九州の端っこスタートというのが良い。端っこであるかぎり片方だけを相手にしていればOKなんです。

pocketsengoku04


これが北条家ではじめようものなら西に徳川氏、北西に武田氏、北に伊達氏とそれなりの勢力に囲まれてまして、二正面作戦どころか三正面作戦を強いられます。

pocketsengoku05


もちろん織田氏も囲まれているのですが、ゲームは史実どおりに進むため今川氏は桶狭間の戦いで落ちぶれ、早々に徳川(松平)氏と同盟が組めます。北西は(後に裏切りますが)浅井氏と同盟を組めるため、斎藤氏に対して逆に二正面作戦を展開でき、さらには安心して北畠氏をフルボッコにできるというわけです。

pocketsengoku07


ゲームはリアルタイム進行

さて、この手のゲームは月や季節ごとのターン制が多いのですが、ポケット戦国では1日ごとに時間が進むリアルタイム制が採用されています。もちろん一時停止はできるのでご心配なく。

pocketsengoku06


毎月1日に領地からの収入が振り込まれ、それを元手に領地の内政を進めたり他大名家に攻めこんだりします。兵士や武将の移動には時間がかかるため、この移動のためのリアルタイム制なのかなとも思ったり。

内政のメニューはたくさんありますが、基本的には【商業投資】で毎月の収入を増やし、人口がいっぱいになってきたら【新田開発】で人口の上限値をあげる手法を取ることになります。

pocketsengoku08


戦闘は最大10部隊VS10部隊

このポケット戦国の戦闘はけっこう特殊です。というのも1人の武将につき最大で1,000人までしか兵を雇えず、戦闘にも最大で10人までしか参加できません。

pocketsengoku09


つまり、どう頑張っても10,000人 VS 10,000人からは動かないわけです。また、1人の武将が3,000人とか5,000人とか率いて戦うこともできないため、配下武将の人数が少ないと確実に劣勢になります。

pocketsengoku10


そんな武将たちをこれまた戦場でリアルタイムに動かし、相手部隊の士気が減らして壊滅させていきます。このゲームでは士気が減らないかぎりほぼ負けないので、うまく士気を下げる方法が有効です。

基本は包囲戦術で敵部隊を囲んでしまうことで、一時的に多対一の状況を作り上げて個別撃破するのが良いです。このため、武将の数がかかせないことになります。

pocketsengoku11


もちろん敵が上杉謙信レベルになると、「こいつ、囲んでるのにめっちゃしぶとい……」なんてこともあるのですが、それでも多勢に無勢。戦術は武将の能力を凌駕します。

領地を拡大せよ

こうして敵部隊を蹴散らしながら自国の領地を拡大していきましょう。

pocketsengoku12


ただし、占領した地域は「戦争を起こした」という理由からか【民忠】が下がり、一揆が起こりやすくなります。

pocketsengoku13


それを防ぐには部隊を配置するか、民に【施し】を行う、寺を【建設】するといった内政が有効です。

占領以外にもある程度敵大名を追い詰めると【威圧】により従属させることができます。従属大名を増やすことで他家との戦争時に味方が増えるほか、その地方の内政をCPUに任せられるので非常に便利です。

pocketsengoku14


それなりに強い大名家はどんどん従属させましょう。

幕府をひらくと全国の大名が家来に

こういう歴史SLGでありがちなのは、終盤になってダレること。とくに肥大化した織田氏やそのほかの大名家がしぶとく、正面からぶつかりあってジリジリと削るだけのグダグダ展開もしばしばありますが、ポケット戦国ではその点が解消されています。

まず、中盤以降に尾張から京にかけて大領地を作っている織田氏は本能寺の変により分裂します。

pocketsengoku16


これにより、中くらいの勢力が多数になるため倒しやすくなります。

pocketsengoku17


そして分裂しない徳川氏、武田氏、上杉氏の大大名ですが、幕府を開くと周辺の中小大名が「ははー!」とこちらに従属します。すると、これらの大大名 VS 自分&中小大名という構図になり、多方面展開を強いられる大大名はすぐに小さくなり、こちらに降伏してきます。

pocketsengoku15


ぶっちゃけ幕府を開いたあとは大大名に対して順番に宣戦布告するだけでOKです。

pocketsengoku18


あとはゲームを起動してるだけでCPUが勝手に倒してくれて天下を統一できます。

pocketsengoku19


天下を統一したら、今度は違う大名や異なる時代スタートで遊んでみましょう。ボクは島津氏で天下統一を達成後、いまは北条氏プレイでVS武田氏&徳川氏&上杉氏に苦しめられています。

歴史SLG好きはぜひ遊んでみてください。ポケット戦国やめどきがないです。

ポケット戦国 -戦略と戦術で歴史を作れ!-【本格派 戦国シミュレーション】 ・販売元: Shinya Ishizaki
・掲載時のDL価格: ¥960
・カテゴリ: ゲーム
・容量: 150 MB
・バージョン: 1.0.4
参考になったらシェアお願いします!
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!
Twitterをフォローする → AppBank(@appbank)
Facebookページをいいねする → AppBank
AppBankの事前登録サイト『ゲームコネクト
美少女×メカのハイスピードアクションバトル『ドールズオーダー』登場。固有のスキルと必殺技を駆使しながら勝利を目指していこう。

ドールズオーダー

オススメ