iPhoneをiTunes(PC)でバックアップする方法【iTunes 12.5版】

iTunes


iPhoneを、PCの『iTunes』でバックアップする方法をご紹介します。本記事で使っているiTunesのバージョンは「12.5」です。

まとめもぜひご覧ください。
iPhoneをバックアップする方法まとめ

(1)iPhoneとPCをつなぐ

まずはiPhoneとPCをLightningケーブルで繋ぎましょう。

lightning


(2)iTunesを起動する

初期設定のままなら、iPhoneとPCをつないだ段階でiTunesが自動的に起動します。

自動的に起動しなかった場合は、以下の手順でiTunesを起動してください。

Windowsの場合

スタートメニューや、デスクトップのショートカットから起動します。

Macの場合

以下の手順でiTunesを起動します。

  1. デスクトップをクリック
  2. 画面上の【移動】メニューを開き、【アプリケーション】をクリック
  3. iTunesを探してダブルクリック

(3)iPhoneをバックアップする

iTunesのウィンドウ左上にある、iPhoneのボタンをクリック。

iTunes


ウィンドウ左側にある、【概要】をクリックします。

iTunes


ウィンドウ右側にある、「バックアップ」の【このコンピュータ】を選びましょう。

iTunes


その右にある、【今すぐバックアップ】をクリック。

iTunes


バックアップが始まります。

iTunes


バックアップが完了したら、「最新のバックアップ」に表示されている日時を確認してください。

iTunes


暗号化するとバックアップできるデータが増える

暗号化することで、以下のデータもバックアップできるようになります。

  • iPhoneに保存したパスワード
  • Wi-Fiの設定
  • ウェブサイトの履歴
  • ヘルスケアに関するデータ

バックアップを暗号化する方法

バックアップする際、【iPhoneのバックアップを暗号化】にチェックを入れます。

iTunes


暗号化に必要なパスワードを決めます。このパスワードを忘れると、バックアップからiPhoneにデータを戻す復元ができなくなるので、慎重に決めましょう。

iTunes


パスワードを決めるとバックアップが始まります。

iTunes


参考

iTunes でのバックアップの暗号化について – Apple サポート

iPhoneの使い方が分かるアプリ

iPhoneの使い方が分かるアプリ『説明書 for iPhone』をアップデートしました。

iPhoneの基本やアプリの使い方、困ったときの対処法や小技・裏技を紹介しています。下からアプリをダウンロードして、お使いください。

スマホ説明書 スマホ説明書(iTunesでのレビュー評価:


参考になったらシェアお願いします!
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!
Twitterをフォローする → AppBank(@appbank)
Facebookページをいいねする → AppBank
AppBankの事前登録サイト『ゲームコネクト
10vs10で繰り広げられるリアルタイム海戦が楽しめる『戦艦同盟』事前登録開始!
事前登録者数に応じて、得点がどんどん豪華になっていくぞ!

戦艦同盟

AppBank 全力プッシュ!

オススメ