【パズドラ】特別な目を持つ天空と太陽の神!? ホルスのキャラクター考察

995-3


パズドラのキャラクターの神話設定や由来を知って、キャラクターにもっと愛着を持ってみましょう。今回は第一弾エジプト神の「ホルス」を紹介します。

神との接点や神話でのエピソード、パズドラでのイラストなど。
ホルスについて色々触れてみました。

※ライターによる考察です。公式発表された設定・情報ではありませんのでご了承ください。

攻略記事一覧 → パズドラ攻略
最新ニュース・ネタ記事一覧 → パズドラ


ホルス

490



モンスターデータはこちら

ホルス

炎隼神・ホルス

爆熱炎隼神・ホルス

白光炎隼神・ホルス

覚醒ホルス

初夢招福神・ホルス

エジプト神話では・・・

「天空と太陽の神」とされており、エジプトの神々の中では最も古く、最も偉大で、最も多様化した神の1つとされています。
ホルスの元素は「大気」と「」、また色で表すと「黒、赤、白」とされています。

ハヤブサの頭を持ち、右目に太陽(ラー)の目、左目に月(ウアジェト)の目を持つ男性として表現されています。
ウアジェトの目」は月が常に満ち欠けすることから、「失ったものを回復させる」「完全なるもの、修復されたもの」という意味を持ちます。ハロエリスの名では、眼病を癒す神ともされていたそうです。
「セト」を討つ際にこの目は失われたものの、知恵・月・時の神「トート」により回復。その後、その目は「全てを見通す知恵」や「癒し・修復・再生」のシンボルとされました。

時が経つとホルスは、ハヤブサの姿から人間の姿として描かれるようになりました。

父オシリスの死後、後を受け継ぎ現世の統治者となりました。
ホルスの死後、エジプトの王者「ファラオ」として生まれ変わったという説もあります。

神話の神との関係性

ホルスは様々な神と関係があります。神話によって関係、また呼び名が変わることもあるようです。
有名なものには、父は「オシリス」、母は「イシス」、妻は「ハトホル」とされています。
ホルスは父オシリスの敵である「セト」を征伐します。

「地平線のホルス」を意味するホルアクティという名前では、「ケプリ」と「アトゥム」の性質を帯び、光の神として「太陽神ラー」と同一視されていたそうです。毎日東から西へと地平を渡ったと言われています。

また、古代の巻物『死者の書』では、死者の王国に着いた死者を最初に迎えるのは「アヌビス」「マアト」「ホルス」のいずれかでした。辿り着いた死者の心臓と心理の羽毛とを天秤にかけることで、その者の罪を重きを量るということを行なっていたそうです。

パズドラでのホルスは?

神話では人の姿として描かれたホルスですが、パズドラではハヤブサの姿で描かれています。

ホルスの周りには目のようなものがいくつか描かれています。これは「ウアジェトの目」を表しているのではないでしょうか。
490w


ホルスの足元には赤い炎のようなものと、青い雲のようなものが描かれています。これはホルスの元素である「大気」と「」を表しているようです。
またスキルは火ドロップを強化するもので、こちらもホルスの元素「」を思わせます。
491s


火究極では赤、光究極では白、覚醒では黒が強く押し出されています。3つの進化でホルスを表す「赤、白、黒」を表現しているようですね。

覚醒ホルスのリーダースキルでは、スキル使用時に回復力が1.5倍されます。これはホルスのシンボル「癒し・修復・再生」を意味しているように思えます。

詳しいステータスを確認しよう

「爆熱炎隼神・ホルス」などのHPや攻撃力などの詳しいステータスは、パズドラ究極攻略データベースで今すぐチェックしましょう!

爆熱炎隼神・ホルス

白光炎隼神・ホルス

覚醒ホルス

初夢招福神・ホルス

pzdb


今回からは旧エジプト神!

kintoki1 キントキ(@kintokibar
まずはパズドラで猛威を奮ったホルスです。
目のような絵には、こんな意味があったんですね。
頑張って順々に掲載していくので楽しんでいってくださいね!


パズドラ関連グッズは公式ショップパズドラ屋!
パズドラ屋 | パズル&ドラゴンズ公式グッズショップ

こちらもあわせてどうぞ
パズドラ 究極攻略データベース

参考になったらシェアお願いします!
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!
Twitterをフォローする → AppBank(@appbank)
Facebookページをいいねする → AppBank
AppBankの事前登録サイト『ゲームコネクト
AppBankのゲームコネクトでPS4や任天堂スイッチが当たるキャンペーン開催中!! 新規会員向けのプレゼントもありゲーコネ初めは、今がチャンス!

ゲームコネクト

オススメ