【パズドラ】闇を照らす太陽の輝き! ラーのキャラクター考察

ラー キャラクター考察


パズドラのキャラクターの歴史での設定や由来を知って、キャラクターにもっと愛着を持ってみましょう。今回はエジプト神第一弾の「ラー」を紹介します。

神話でのエピソードやパズドラでのイラストなど。
ラーについて色々触れてみました。

※ライターによる考察です。公式発表された設定・情報ではありませんのでご了承ください。

攻略記事一覧 → パズドラ攻略
最新ニュース・ネタ記事一覧 → パズドラ


ラー

ラー



モンスターデータはこちら

極光太陽神・ラー

暗黒太陽神・ラー

覚醒ラー

太陽神・ラー=ドラゴン

エジプト神話では・・・

ラーはハヤブサの頭をもつ男性の姿で描かれることが多くあります。ラーを象徴する元素と色は「」と「」。目からは「強烈な光」を放ち、敵を焼き滅ぼすと伝えられています。
また、「シュー」「テフヌト」「バステト」の父とされているそうです。

ラーには、最初の人間を生んだとされるエピソードもあります。
ラーは息子である「シュー」と「テフヌト」と暮らしていましたが、ある時2人は旅に出てしばらくのあいだ帰ってこないことがありました。長い月日が流れようやく2人が帰ってくると、ラーは涙を流したそうです。その涙から最初の人間が生まれたと言われています。

ラーは太陽の昇り沈みとともに姿を変えたと言われています。
日の出のときはフンコロガシの頭を持つ「ケプリ」の姿。日中は天を舞うハヤブサの姿。夜は雄羊の姿で夜の船に乗り、「死の世界(夜)」を旅する。とされています。
これは太陽の動きを神格化したものだとされているようです。

ラーの衰退

ラーの権威は時とともに衰退し、敬うものも次第に減っていきました。自分を敬わない人間を滅ぼそうと、自分の眼から獅子の頭を持つ「セクメト」を生み出し地上に送り込んだそうです。

その後、オシリスからとある話を聞いたラーはそのことを後悔しました。ラーは自身の血に似せた赤い酒で、セクメトを酔わせ殺戮をやめさせました。

また、ある時イシスの計略でラーは泥で作られた毒ヘビに噛まれてしまいます。その毒の苦しみに耐えられなくなったラーは、「解毒」と引き換えに「トート」にその座を譲ったとも伝えられているそうです。

パズドラでのラーは?

パズドラでのラーは、頭がハヤブサというわけではありませんが、頭頂に「ハヤブサの頭」が描かれていますね。
代わりにラードラゴンはハヤブサのような姿で描かれています。

ラー 頭


覚醒ラーの副属性は火で、カラーは赤。これはラーを象徴する元素と色である「」と「」を表しているようですね。
また、ラーには分岐で闇の究極進化があります。ラーの夜の姿、「死の世界(夜)」を旅する姿に思えます。

そしてラーのスキルは「ソーラーレーザー」です。ラーが「強烈な光」を放ち、敵を焼き滅ぼすということからきているのではないでしょうか。
覚醒スキルには暗闇無効が搭載されているあたりも、太陽神らしい覚醒スキルですよね。

詳しいステータスを確認しよう

「ラー」などのHPや攻撃力などの詳しいステータスは、パズドラ究極攻略データベースで今すぐチェックしましょう!

極光太陽神・ラー

暗黒太陽神・ラー

覚醒ラー

太陽神・ラー=ドラゴン

pzdb


kintoki1 キントキ(kintokiが書いた記事一覧
今回は全てを照らす太陽神、ラーについての記事でした。
ラーは実装直後から今もお世話になってます。
前はリーダーとして、今はサブとして強く輝いています!

こちらもあわせてどうぞ
パズドラ 究極攻略データベース

AppBankのオススメゲームはこちら!

AppBankのオススメゲーム

参考になったらシェアお願いします!
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!
Twitterをフォローする → AppBank(@appbank)
Facebookページをいいねする → AppBank

オススメ